はじめてのオーラソーマ No.180 2019.7.12

みなさん、こんにちは。えつこです。

今日もはじめてのオーラソーマをお読みいただき、ありがとうございます。

今回は第180号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。

前回のテーマ「自己受容をもたらす」はいかがでしたか?

まだお読みでない方は、ぜひチェックしてみてくださいね。


今回のテーマは、「内なる旅」です。

夏休みにぴったりなテーマですね。

普通「旅」というと電車や飛行機で移動するような、現実からすこし離れた旅行のことを言いますよね。

そうではなく、ここで言う「内なる旅」は、「内面の旅」という感じでしょうか。

目に見えない心や精神といった、わたしたちの内面を探求していくことは、まるで旅のよう・・・というたとえです。

そして、現実の「旅行」のように、「内なる旅」も、とってもおもしろいのです。

オーラソーマが好きな方には、この「内なる旅」に強く惹かれる方が多いかもしれません。

今も、もしかしたら「現実を変えたい」と思って、オーラソーマプロダクトを使われているかもしれません。

でも、自分でも意識していない、もっと深いところでは、それ以上の何か魂の目的のようなものを探し歩いているのかもしれません。

「わたしはどこから来て、どこへ向かっているのか?」

そんなふうに思ったことはないですか?

今回のぱりさんのお話は、「内なる旅」についてです。

松尾芭蕉の「奥の細道」について語る言葉が、いつも以上にロマンあふれています。

旅というのは、日常と違う一面を見せてくれるかもしれませんね。

それでは、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」をお読みくださいね。

ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」90回目:【内なる旅】

 

「月日は百代の過客(はくたいのかかく)にして、

 行きかふ年もまた旅人なり」

この有名な「奥の細道」の冒頭部分、

意味はそれほどわからなくたって

なんだかメチャクチャ格好がいいですよね。(^_-)

月日は永遠の旅人であり、

来ては過ぎゆく年もまた旅人のようなものである。

・・・というような意味らしいですね。

まあ、それはともかくとしても、

現象世界は永遠の変化の世界ですから、

あらゆる瞬間はすべて

今のこの瞬間にのみ現前して

たちまち過ぎ去る、つかの間の場面にすぎないことは

間違いありません。

そして、この瞬間を止められる人など誰もいません。

その人自身が現象世界の一部、

そのつかの間の場面の一部なのですから。

ところが私たちは

あたかも自分がこの場面とは別物の

この場面から分離した存在であるかのように感じる

一種の魔法に罹っているのかもしれませんね。

そのため、そのイメージのために、

ふだんからとても大変な思いをしています。

ほかの生き物たちのように

その場面の一部として任せきって

流れて行くことはできないのです。

つねにその在るがままの場面に逆らって、

何かを求めるように駆り立てられています。

何を求めているのでしょうね?

おそらく自分だけは過ぎ去らないようにと

がんばっているのかもしれませんね。

なぜならどういうわけか、

人間にだけは、ほかの生き物たちと違って、

過ぎ去らない何かへの憧れがあるようだからです。

人間だけはなぜか、

過ぎ去らないことを求めてしまうのです。

現れの世界がすべて過ぎ去るなかでも

何かが過ぎ去らないことを知っているかのように。

そして、いろいろな形でそれを求めるのです。

通常は外側の世界で

安全や権力をかき集めようとしますよね。

でも、それがある程度満たされると、

ほんとうに自分が求めていたものはそれではないことが

わかってしまうようなのです。

かくてはじまるのが探求の旅ですよね。

俳聖芭蕉が求めていたものも、

けっして地上の空間的旅だけではなさそうです。

それはきっと過ぎ去らないものを求め、

内面の平安を求めた旅だったのかもしれません。

芭蕉が駆り立てられていたものは

きっと「内なる旅」でもあったことでしょう。

というわけで今回は、

オーラソーマ辞書で、

【旅】という言葉を検索してみました。

ヒットしたキーフレーズは

それほど多くはありませんでしたが、

今回はそのなかから

【内なる旅】といった観点で

キーフレーズを選んでみました。

オーラソーマのボトルたちは

私たちの最善を願ってくれています。

気になるキーフレーズがあったら、

参考になさってみてくださいね。

内なる旅のエスコート役に

「B034 ヴィーナスの誕生」

メインテーマ:性格のなかの様々なレベルの統合

「内なる旅のエスコート役に」とは、文字どおり、そういう形で人をサポートするエネルギーということです。

自分自身の内への旅と外への旅

「B058 オリオンとアンジェリカ」

メインテーマ:自分自身の内への旅と外への旅

「自分自身の内への旅と外への旅とは、文字どおり、その場面で人をサポートするエネルギーということです。

内面と世界への両方の旅を愛する

「B088 翡翠(ヒスイ)の皇帝」

メインテーマ:自然への愛。フィーリングを通じた深い平和からのコミュニケーション

「内面と世界への両方の旅を愛するとは、文字どおり、その方向で人をサポートするエネルギーということです。

目覚めの旅の幸福、平安、喜び

「B099 大天使ザドキエル/コズミックラビット」

メインテーマ:新しい方法による自由への一歩

「目覚めの旅の幸福、平安、喜びとは、文字どおり、その方向に向けて人をサポートするエネルギーということです。

内なる旅(視覚化、瞑想、夢など)が容易

「B057 パラスアテナとアイオロス」

メインテーマ:過去のパターンを解放する

「内なる旅(視覚化、瞑想、夢など)が容易とは、文字どおり、その状態に向けて人をサポートするエネルギーということです。

みなさん、いかがでしたか?

今回のテーマは「内なる旅」でした。

オーラソーマでも「旅(ジャーニー)」を表すものがあります。

行きの旅を「アウトワードジャーニー」、帰りの旅は「リターンジャーニー」と言います。

この旅は、2つでひとつのペアになっています。

たとえば今回の「お悩み別 ご相談コーナー」からですと、「B10 行って木を抱きなさい」アウトワードジャーニー

 

 

「B88 翡翠(ヒスイ)の皇帝」がリターンジャーニーで、どちらもオーラソーマタロットでは「運命の輪」になります。

 

 

 

もうひとつ例をあげると、「B21 愛への新しい始まり」がアウトワードジャーニー。

「B99 大天使ザドキエル/コズミックラビット」がリターンジャーニーで、どちらもオーラソーマタロットでは「世界/宇宙」です。

 

たとえば、朝にアウトワードジャーニーのイクイリブリアムボトルを、夜にリターンジャーニーのイクイリブリアムボトルを使うなどということもできます。

ちなみに今年のイヤーボトルは「B03 ハートボトル/アトランティアンボトル」ですが、リターンジャーニーの「B81 無条件の愛」も合わせておすすめしています。

わたしは2019年のイヤーボトルを先取りして、2018年の12月に「B03」「B81」をペアで使いました。
(ブログ『えつこの部屋』でもお読みいただけます )

最近のオーラソーマは、この考えをたいせつにしていると聞きました。

行きは、はじめてのチャレンジや新しい経験があるかもしれません。

そして、帰りはその経験を世界に分かちあっていくことができます。

旅行に行きと帰りがあるように、どちらかだけでは旅になりません。

そして、帰ってきたら、また新しい旅に出ます。

こうして、わたしたちは人生の旅を歩んでいます。

レベル1では、色の言語のほかにも、このアウトワードジャーニーとリターンジャーニーについて学びます。

内なる旅をエンジョイしましょうね!

えつこ


※ブログ「えつこの部屋」でもさまざまなお話がお読みいただけます。
ぜひ、のぞいてみてくださいね!

☆メルマガ「はじめてのオーラソーマ」バックナンバー/ランキングこちらでご覧いただけます。どうぞ、ご活用ください。

☆Facebook「はじめてのオーラソーマ」情報発信中!

はじメルのお知らせやバックナンバーのご紹介など、新しい企画も検討中です!

どうぞ、「いいね!」して、お楽しみくださいね☆

オーラソーマの豆知識を、「かるた」のように文字にあわせて、ひとつずつお伝えしていくコーナー。

 

 

 

「チャクラセット」

 

オーラソーマシステムのなかには、
特定のチャクラと関連づけられている
スペシャルセットがあります。

「B05 ベースチャクラ」
「B26 仙骨のチャクラ」
「B04 太陽神経叢チャクラ」
「B03 ハートチャクラ」
「B02 喉のチャクラ」
「B01 額のチャクラ」
「B20 クラウンチャクラ」

チャクラのバランスを取るのに役立つので、
7本をセットで持たれるのもよいですね。

くわしくはこちらからお読みいただけます。

☆アートビーングのオーラソーマ、インスタグラムにて更新中!

「あなたが選ぶ色から、
 あなた自身が見えてくる」

オーラソーマ通販専門店アートビーングの公式インスタグラムアカウント、ただいま更新中!
 
ぜひ、あなたもフォローして、オーラソーマの美しい画像とともに発信されるメッセージをお楽しみくださいね。

アバンダンス(豊かさ)というとあなたは何を思い浮かべますか?

お金の豊かさですか?
車や家やブランド品などの物質的な豊かさでしょうか?

あるいは好きなときに、好きなことができるように、時間や場所が十分あることでしょうか?

あなたが求めている幸せがどんなものであれ、ある気づきを得ることで、それはすぐにでもあなたが手にできることができます。

このアバンダンス(豊かさ)セットは、あなたが物質的な豊かさと精神的な豊かさを手に入れて、豊かで幸せな人生を送ることをサポートするためのものです。

詳しくはこちらをお読みください。

☆この夏から学びはじめよう! オーラソーマレベル1のご案内

オーラソーマの創始者
ヴィッキー・ウォールさんは、
オーラソーマを紹介するのに、

「自分を思いだしたい人、見にいらっしゃい」と言ったそうです。

「本来の自分に戻っていく旅」ほど、おもしろい旅はありません。

オーラソーマを通して、自分への旅を一緒に歩みませんか?

--------------------------------------
英国オーラソーマアカデミー資格講座 レベル1
日程 2019年8月9日(金)~12日(祝月)全4日間
会場 鎌倉 和尚アートユニティ
費用 86,400円(参加費、テキスト、修了証、税込)
講師 黒田コマラ

*お申込み・詳細はこちら☆彡

オーラソーマスクールの資格ステップについてはこちら☆彡

★☆はじメルクイズ!☆★

メルマガ「はじめてのオーラソーマ」のクイズ、略して「はじメルクイズ」のコーナーです。

毎月1回出されるクイズにお答えいただきますと、正解者全員に来月8月のカレンダー付き壁紙をプレゼントいたします!

壁紙の種類はパソコン、iPhone、android の3種類あります!

あたらしいイクイリブリアムボトルの、うつくしい写真を見つつ、残暑を乗りきりましょう☆☆

では、今月のクイズです。

 

「『奥の細道』は誰が執筆した紀行文でしょう?」

 

ヒントは、今週のメルマガの文中にあります。(^_-)

解答はオーラソーマカラーダイアリー内メルマガ「はじめてのオーラソーマ」トピックにて受付けいたします。
※解答にはログインが必要となります。

みなさま、ふるってのご参加をお待ちしております!

☆読者のみなさまからの声をお待ちしております☆

メルマガ「はじめてのオーラソーマ」は、まだまだ発展途上中。

読者のみなさまとの交流のなかで、あらたな可能性をどんどん模索していけたらと思っております。

ご意見&ご感想&ご質問、そのほかなんでもシェアしたいことがありましたら、こちらにお気軽にコメントをお送りください。

みなさまからのメッセージを、心よりたのしみにしております☆

※携帯電話のアドレスへの自動配信メールが届きにくくなっています。
お申し込みの前に必ず
info@aura-soma.co.jp
の受信許可設定をお願いします。

OSHO Art Unity

info@artunity.com
http://d.aura-soma.co.jp/

SHARE TWEET FORWARD