はじめてのオーラソーマ No.169 2019.4.26

みなさん、こんにちは。

えつこです。

いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。

日本中をやさしくピンクに染めていった桜の季節。

今はもうフレッシュな緑がうつくしい、葉桜の季節となりましたね。

葉っぱの間から透けて見える太陽も、春のやわらかな光から夏のキリっとした光線へと移り変わっていくところです。

なんとなく日陰を歩くようにしたりと、夏への準備がはじまってきました。

自然の景色から何かを感じとるように、イクイリブリアムボトルを見ていると、多くの人が“言葉を必要としないスペース”へと誘われていきます。

 

今回は春になると思いだす印象的な出来事があるので、そのお話をしますね。

わたしはレベル1をGWに、レベル2を夏休みに、そしてレベル3をクリスマスに受講して、1年のあいだにレベル3までを一気に修了しました。

その当時、各レベルの間は90日間空けなくてはいけなかったので、今のように30日間であれば、もっと早く受講していたと思います。

それほどまでに、未知の世界にワクワクして、コースを受けるたびに自分を知ることができたオーラソーマを学ぶのがたのしかったのです。

レベル3まで終えると、今度はフルボトルセットを購入しようかどうか悩みはじめました。

学ぶのとフルボトルセットを手に入れるのはすこし訳がちがい、「プロになるのでもないしなあ」という感じで、フルボトルセットのお買いものはちょっとハードルが高い決断でした。

結局、「練習するなら、フルボトルが欲しい」「あのうつくしいボトルたちを手元に置いておきたい」という想いから、後のことは買ってから考えればいいという気持ちで購入してしまいました。

毎日、イクイリブリアムボトルを見ていると、オーラソーマコースに参加しているたのしみの代わりになるような感じもして、「今日はこのイクイリブリアムボトルかな」と選んでは、自分の分身を見るような想いで毎日眺めていました。

大人になってからも、こんなに胸が躍るようなお買いものができるのだと、自分でも驚きました。

ある日、仕事を終えて部屋のドアを開けたときです。

「なんだか、いい香りがするなあ」

と、ぼんやりと気分に浸っていたのもつかの間、もしかして・・・と思ったら、その予感は的中。

買ったばかりのフルボトルのなかの1本が見事に割れていました。

しばらくボーゼンとしていたのですが、我にかえるととてもショックで、悲しくなり、落ち込みました。

同時に「自分が何か悪いことをしたのでは?」という思いがやってきました。

「日ごろの行いが悪いから割れたんだ・・・」と、そんなふうに思ったのです。

後に、イクイリブリアムボトルは生きているエネルギーだから、時々そうして必要なところで割れて、そのスペースにシェアされることを知ったのでほっとしました・・・。

こうして、思いがけず割れてギフトとなった、わたしにとって必要なイクイリブリアムボトルは、「B07 ゲッセマネの園」(イエローグリーンでした。

 

ゲッセマネの園は、イエス・キリストが処刑前夜に苦しみながら神に祈ったとされる場所で、弟子の裏切りによって磔(はりつけ)にされるきっかけにもなりました。

また、「ゲッセマネの園」のボトルは「最後に信頼が試される」という、もうひとつの名があります。

当時、「自分にとっての信頼(真実)は何か?」は、あまりクリアーではありませんでしたが、このボトルが割れたあたりから、わたしの人生に変化が起こりはじめました。

まず、せっかくイクイリブリアムボトルのフルセットが届いたのだから、友人に見てもらいたいと思いはじめたのです。

そして、セッションができるような広めのお部屋が必要だと感じて、探しはじめることになり、まもなく同じ町内にある、前から眺めていて住みたかった部屋へと引越しました。

最初は友人を招いてセッションをしていたのですが、そのうち友人が友人を連れてきてくれることになりました。

よく知っていると思っていたはずの友人がまったく違う一面を持っていたり、友人でなくてもイクイリブリアムがその人を語ってくれたりと、オーラソーマのボトルは、ほんとうに人を映しだしてくれました。

大勢の人をセッションさせてもらう機会は、自分にとってもいい経験となっただけでなく、たくさんの信頼をもたらしてくれました。

セッションは無料で提供していましたが、そのぶんプロダクトを購入してもらうことが多かったのも思ってもみなかった流れでした。

その後、表参道のエステサロンでセッションをさせてもらうようになったり、代々木公園で開催されるアースフェスティバルに出店したりと、当時会社員だったわたしにとって、想像もつかないような流れがやってきました。

今にして思えば、「ゲッセマネの園」のボトルが割れてから、ずっと「自分にとっての信頼(真実)」を探し、想いのまま自由に行動していたことが道になって、今につながっていると感じます。

ちなみに、ゲッセマネはエルサレムのオリーブ山の北西麓にあった地名で、オリーブの植えられた庭園風の場所だったため、ゲッセマネの園とも呼ばれているのだそうです。

 

B07イエローグリーンは、シェイクをするとオリーブグリーンになります。

オリーブグリーン「苦味を甘みに変える」というメッセージがありますが、自分の人生のプロセスを信頼すればするほど、運命は開かれていきます。

ヴィッキーさんは「魂の進化のはじまりに関係がある」と話していたそうです。

 

今月のはじメルクイズの壁紙プレゼントは、「B07 ゲッセマネの園」(イエローグリーンに、より光があたった「B74 勝利」(ペールイエローペールグリーンです。

「B07 ゲッセマネの園」信仰の最後の試練がテーマになっていますが、「B74 勝利」では、その経験がより強烈になっています。

それは、大いなる存在の流れを信頼して、身をゆだねるかどうかを試されているのかもしれません。

ときにそのことは疑いや恐怖を招くかもしれませんが、「B74 勝利」は、自分自身に忠実で、心からの感情を表現することをサポートします。

新緑のようにうつくしいイクイリブリアムボトルの写真を見つつ、新元号への移行を体験しましょうね。

えつこ

※ブログ「えつこの部屋」でもさまざまなお話がお読みいただけます。
ぜひ、のぞいてみてくださいね!

☆メルマガ「はじめてのオーラソーマ」バックナンバー/ランキングこちらでご覧いただけます。どうぞ、ご活用ください。

☆Facebook「はじめてのオーラソーマ」情報発信中!

はじメルのお知らせやバックナンバーのご紹介など、新しい企画も検討中です!

どうぞ、「いいね!」して、お楽しみくださいね☆

☆アートビーングのオーラソーマ、インスタグラムにて更新中!

「あなたが選ぶ色から、
 あなた自身が見えてくる」

オーラソーマ通販専門店アートビーングの公式インスタグラムアカウント、ただいま更新中!
 
ぜひ、あなたもフォローして、オーラソーマの美しい画像とともに発信されるメッセージをお楽しみくださいね。

☆新ボトル「B116 女王マブ」と出会ってみませんか☆彡

2019年1月14日に誕生したイクイリブリアムボトル『B116 女王マブ』がイギリスより到着しています!

ぜひ、この美しいボトル「女王マブ」を手に取ってみてくださいね。

また、マイク・ブース氏による『B116 女王マブ』についての二次考察はこちらでお読みいただけます。

オーラソーマとはじめて出会うチャンス!

 

オーラソーマってどんなものだろう?
ちょっと体験してみたい。
そんな軽い気持ちで参加できるイベントです。

 

えつこがナビゲートする

1日で学ぶ「はじめてのオーラソーマ」

日程 2019年5月15日(水)

時間 13:00~18:00
会場 鎌倉 和尚アートユニティ
費用 5,000円(お茶、お菓子、お好きなポマンダーとクイントエッセンスのスプレー(定価:各900円)、および小冊子「オーラソーマ最新ガイドブック」付)
*4月30日(火)までにお申し込みいただいた方は、早割で500円割引となります。
講師 遠藤悦子
*オーラソーマ未修学生にかぎりご参加いただけます。
*お申込み・詳細はこちら☆彡

オーラソーマスクールの資格ステップについてはこちら☆彡

★☆はじメルクイズ!☆★

メルマガ「はじめてのオーラソーマ」のクイズ、略して「はじメルクイズ」のコーナーです。

毎月1回出されるクイズにお答えいただきますと、正解者全員に来月5月のカレンダー付き壁紙をプレゼントいたします!

壁紙の種類はパソコン、iPhone、android の3種類あります!

あたらしいイクイリブリアムボトルの、うつくしい写真を見つつ、新元号への移行を体験しましょう☆☆

 

では、今月のクイズです。

「≪令和≫の使命数は何番でしょう?」

 

ヒントは、先週167号のメルマガの文中にあります。(^_-)

解答はオーラソーマカラーダイアリー内メルマガ「はじめてのオーラソーマ」トピックにて受付けいたします。
※解答にはログインが必要となります。

ご解答受付の〆切は、明日4月27日(土)までとなります。

みなさま、ふるってのご参加をお待ちしております!

☆読者のみなさまからの声をお待ちしております☆

メルマガ「はじめてのオーラソーマ」は、まだまだ発展途上中。

読者のみなさまとの交流のなかで、あらたな可能性をどんどん模索していけたらと思っております。

ご意見&ご感想&ご質問、そのほかなんでもシェアしたいことがありましたら、お気軽にコメントをお送りください。

みなさまからのメッセージを、心よりたのしみにしております☆

※携帯電話のアドレスへの自動配信メールが届きにくくなっています。
お申し込みの前に必ず
info@aura-soma.co.jp
の受信許可設定をお願いします。

OSHO Art Unity

info@artunity.com
http://d.aura-soma.co.jp/

SHARE TWEET FORWARD