はじめてのオーラソーマ No.157 2019.2.1

みなさん、こんにちは。

えつこです。

いつもメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。

色が好き
オーラソーマが好き
オーラソーマのことがもっと知りたい・・・

この「はじメル」をお読みいただいている読者のみなさまの多くは、そう思われているのではないでしょうか。

美しいものを見ると誰しも心が開きますが、色とりどりのイクイリブリアムは、見ているだけでもたのしい気持ちになりますね。

多くの方は、サイトにあるリーディングを試したことがあるかもしれません。

選ぶ色ひとつにしても、今日はこの色、明日はこの色・・・と、その日の気分によって変わることもあれば、まったく変わらないときもあります。

そうかと思えば、ある日突然気になる色がやってきたり。

オーラソーマのコースでは、毎朝その日の4本ボトルをセレクトするところからはじまりますが、ある日突然まったく違う色に惹かれてしまうことがあります。

このことは、何をあらわしているのでしょうか。

お話をうかがってみると、前日のコース中に大きな気づきや変化が訪れて、そうしたら選ぶ色も変わってきたそうなのです。

ふしぎですよね。

色は、私たちの内面を映しだしています。

それは、まるで鏡のようです。

それは単に好きな色という理由だけではなく、今日選ぶ色も、明日選ぶ色も、無意識のもっと深いところから、その色、そのイクイリブリアムに呼ばれているのです。

オーラソーマの創始者であるヴィッキーさんは、そのことを「あなたの選ぶ色があなた自身であり、それはあなたの存在の必要を映しだしています」と表現していました。

ですから、オーラソーマのコースでは、色からたくさんのヒーリングを受け取ります。

自分を知り、自分を愛することを思いだしていくからです。

そして同時に、コース中は学ぶだけでなく、実際にたくさんのプロダクトも使っていきます。

5本柱と呼ばれているプロダクト(イクイリブリアム、ポマンダー、クイントエッセンス、カラーエッセンス、アークエンジェロイ)は、すべて自然界からの贈り物でできています。

そのうちのひとつは植物です。

ローズマリーやひまわり、カレンデュラやクラリセージ、メリッサ(レモングラス)、ラベンダー、ローズなどといった植物やハーブたちは、英国のリンカーン州、テッドフォード村の近隣にあるオーラソーマ社の自社農場“シャイアファーム”でたいせつに育てられています。

元気いっぱいに育てられた植物は、エネルギーに満ちています。

そして、そのプロダクトとエネルギーは、私たちの皮膚を通して身体へといきわたっていきます。

プロダクトを使うことで、心と身体のバランスが整っていくのです。

また、シグネチャーの科学にも基づいています。

たとえば紫色が美しいラベンダーは、バイオレットで表される第7チャクラに働きかけます。

第七チャクラは頭の場所です。

「ラベンダーは、頭の使い過ぎや考え過ぎなどといった頭のエリアにいいのね!」などと暗記しなくても、オーラソーマを学ぶことで、自然に色と植物、身体がリンクしていることを理解していけるのです。

 

もうひとつはクリスタルです。

オーラソーマのプロダクトにはクリスタルが含まれています。

ヴィッキーさんの後継者であるマイクさんは、プロダクトに使うクリスタルを世界中から選んでこられます。

クリスタルについて「私たちが友だちを利用しないように、クリスタルとも友だちであるように」と話しています。

決して人間にとって都合のいいことを優先するのではなく、私たちのために働いてくれることに敬意を持って接しています。

長い年月をかけて生きてきたクリスタルは、たくさんの記憶や知恵を持っています。

そしてまた、クリスタルも色や波動と共鳴しています。

たとえば紫色が美しいアメジストも、バイオレットで表される第7チャクラに働きかけます。

ですので「アメジストも頭のエリアなのね!」などと暗記しなくても、オーラソーマを学ぶことで色とチャクラが結びついて、トータルに理解していけるのです。

 

色はたくさんの情報を持っています。

色と植物、クリスタルの3つの王国が合わさったものがオーラソーマです。

オーラソーマのコースでは色について学ぶだけでなく、同時に自然界の贈り物からのヒーリングもたくさん受け取ります。

そして全4日間を通して自分と向きあうことをサポートしていきます。

それはほんのすこし日常から離れて、自分のための時間をつくり、自分の人生を見直したり、気づいていくという機会をもたらします。

 

ここで、去年レベル1を受講された方よりいただいたご感想を、すこしご紹介いたしますね。

●自分がどこかで後まわしにしていたこと、いつかは直面しなくてはいけないことが、はっきりと目の前に現れたような気がします。

どのような形でアプローチしていくのか?

それは、より自分と深くつながること。
“どうにかしない”こと。

自分がいちばんわかっている自分や、すべてを信じようと思いました。(2018年5月受講生 Eさまより)

●「私は、大丈夫」と言い聞かせて、平気なふりをしてきたけど、オーラソーマのコースを受講して、自分を偽ってきたことも、自分を傷つけることだったことに、はじめて気づきました。

「答えは自分のなかにある」

オーラソーマの学びが、ほんとうの意味でそれを私に教えてくれました・・・続きはこちらからお読みいただけます。(2018年卒業生 中里裕香さま)


自分らしい、よりよい人生を望むひとへ、まもなく2019年度のオーラソーマコースが2月8日(金)よりスタートします。

ぜひ、この機会にごいっしょしましょう。

えつこ

ブログ「えつこの部屋」でもさまざまなお話がお読みいただけます。
ぜひ、のぞいてみてくださいね!

マイク・ブースの更新プロセス対象コース(ティーチャー、プラクティショナー) に一緒に行きませんか?

 

≪Being the Star You Are≫
日程 2019年7月3日(水)~6日(土)
会場 イギリス、デヴオーラ(オーラソーマ本校)

 

「ビーイング ザ スター ユウアー」は、ビーイングに聴くことを越えて、あなたが誰であるかのまさに本質であるスターとの親密さを深めていくことを示唆します。

それは、自分が今までいたところから、今まで以上に真の/ほんとうのビーイングに一歩近づくためのエンパワーメント(力づけること)であり、責任(responsibility)-応答する能力(ability to respond)に関連して、まったく異なる経験をもたらします。

人々が色についてコミュニケートするときに、効果的に耳を傾け、色について有効的に相手に伝えることは、本で読んだ内容や知性の側面から伝えるよりも、行動に移すために重要で意義のある機会を提供します。

そうすることで、オーラソーマが提供するものに対する信頼性が、別のレベルで世界で認識されるようになります。

今回のこのコースの参加は、ツアーの募集ではありません。
また、どなたでもご参加いただけます。

えつこが個人で参加するコースに黒田コマラさんの通訳をアレンジしたものです。

詳しくはこちらでお読みいただけます。

オーラソーマスクールの資格ステップについてはこちら。

☆メルマガ「はじめてのオーラソーマ」バックナンバー/ランキングこちらでご覧いただけます。どうぞ、ご活用ください。

☆Facebook「はじめてのオーラソーマ」情報発信中!

はじメルのお知らせやバックナンバーのご紹介など、新しい企画も検討中です!

どうぞ、「いいね!」して、お楽しみくださいね☆

☆アートビーングのオーラソーマ、インスタグラムにて更新中!

「あなたが選ぶ色から、
 あなた自身が見えてくる」

オーラソーマ通販専門店アートビーングの公式インスタグラムアカウント、ただいま更新中!
 
ぜひ、あなたもフォローして、オーラソーマの美しい画像とともに発信されるメッセージをお楽しみくださいね。

新ボトル「女王マブ」のロイヤルブルーとマゼンタをバスタイムに☆

この冬、アートビーングイチ押しの『オーラソーマ Winter バスセット』は、毎日の生活に色のパワーをもたらします。

フラワーシャワー、カラーエッセンス、マッサージオイルの3つの組み合わせは、それぞれのプロダクトの質をお互いに高め合います。

インナービューティとアウタービューティ。

そのどちらにも、トータルに自分自身をケアしていくところが、オーラソーマ Winter バスセットの特徴です。

セットはロイヤルブルーマゼンタホワイトの3種類!

新ボトル「B116 女王マブ」の到着を待ちつつ・・・ロイヤルブルーマゼンタエネルギーをバスタイムで体験いたしましょう☆彡

☆読者のみなさまからの声をお待ちしております☆

メルマガ「はじめてのオーラソーマ」は、まだまだ発展途上中。

読者のみなさまとの交流のなかで、あらたな可能性をどんどん模索していけたらと思っております。

ご意見&ご感想&ご質問、そのほかなんでもシェアしたいことがありましたら、お気軽にコメントをお送りください。

みなさまからのメッセージを、心よりたのしみにしております☆

※携帯電話のアドレスへの自動配信メールが届きにくくなっています。
お申し込みの前に必ず
info@aura-soma.co.jp
の受信許可設定をお願いします。

OSHO Art Unity

info@artunity.com
http://d.aura-soma.co.jp/

SHARE TWEET FORWARD