Sandalphon Healing Musics & Messages

直感を信頼して行動しているとそれを支持してくれる友人ができる

こんにちは!( ´ ▽ ` )ノ

ご無沙汰しております。
久しぶりのメルマガの発行となりました。

体調不良につき長らくおまたせしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

今後共どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、新元号が「令和」に決まりましたね!
万葉集の歌からとられたということで、その歌が歌われた「太宰府」が早くも注目されています。

実は、昨年の12月から熊本にいる友人であり、チャネラーのあやさんと、ヒーラーのしほさんと3人で「変態開花合宿」というのを2ヶ月に1回、開催しています。

1回目と2回目は熊本で開催しまして、1回目のテーマは「望む現実を引き寄せる」ということで、リラックスしてもらって本音を語り合うことを目的に、温泉施設を借りて合宿を行いました。

2回目のテーマは「覚醒」ということで、更に踏み込んで、自分自身を元あるべき状態に戻し、本来のありのままの自分で生きること、そして眠っている才能や能力を覚醒させるために、DNAアクティベーションや瞑想のワークなどを行いました。
1回目は座学と対話がメインでしたが、2回目は更にエナジーワークなどを加えたことで、参加した全員がそれぞれに大きな変容の体験をされたようです。

そして3回目は、今月の19日(金)〜20日(土)に「超越」というテーマで行う予定です。

当初3回目の開催地は「壱岐島」で、行う予定だったのですが、3月末になって突如、チャネラーのあやさんにお告げが降りまして、「壱岐島ではない!」とのこと。

早速別の開催地を探していたのですが、どこもピンとくるところがありません。

そうしているうちに4月1日になって「令和」が発表されたとたん「大宰府だ!」というアイデアにピンときて、開催地はその日のうちに大宰府に決定いたしました。

※合宿に関する詳しい案内は後述します。

 

体の声を大事にするということ

普段、私達の多くは、スケジュール通りとか、時間通りに行動する生活をしているのではないかと思います。

そういった環境の中にいると、思考を優先する癖がついてしまい、自分の中の感覚や直感が感じにくくなってしまいます。

例えば「便秘」になる人。もちろん体質などの個人差もあると思いますが、便秘の主な原因は、便意を我慢するところから始まるわけです。
「あ、トイレ行きたい!」と思っても、途中で抜けられないとか、行ってたら時間に間に合わないといった理由で、我慢してしまうといったことから、始まるわけですね。

男性というのは比較的生体リズムが安定しているので、決められたことを決められたとおりに行うのを得意としています。

しかしそれに対して、女性は生体リズムの影響をもろに受けながら生きていますので、スケジュールがかっちり決まった男性型社会で生きるというのは、もうそれだけでストレスなんですね。

女性の多くが抱えている体調の悩みは、男性型社会で生きることによる、生活習慣から来るものではないかと言っても過言ではないと思っています。

そういうわけで、男性は決まりに従って生きるのは得意だけれど、女性は自分の感覚に従って生きるほうが自然であるし、そのほうが健康にもよいということなんですね。

で、このことと、女性の持つ霊感には深い関連があるわけです。

もちろん男性にも霊感の強い人というのは、極稀にいますが、女性に比べたら少数派です。

女性に霊感の強い人が多いのは、女性特有の体の仕組みと深く関係しています。先程述べたように、女性は生体リズムの影響を受けながら生きています。そのため、否応でも自分の体の感覚に敏感にならざるを得ません。
そのため、体の声を聞くということが、男性よりも上手にできるのです。

 

余談ですが、スポーツをやる人にも霊感の強い人が多いと言われています。これは男女関係ありません。男性でもよく体を動かす人は霊感が強くなっていきます。これはスポーツを通して、自分の体の声を聞く習慣が身についていくからだと言われています。
また運動中にたくさん呼吸をすることで、いわゆる深呼吸を通してプラーナを吸い込むのと同じことが起きるからだとも言われています。
そういう意味でも毎日体を動かすということはとても大事なことなんですね。

 

余談になりましたが、体から来る感覚を大事にして行動していると、自然と直感や霊感が研ぎ澄まされていくというわけなのです。

そういうわけで、「直感に従って行動する」というのは、自分自身の本質や、天(宇宙)とつながって生きることになるんですね。

ですから、もし世の中の人全員が、自分の直感どおりに生活していたら、たぶんとても平和な世界になるのではないかと思うのです。

 

1万年続いた縄文文化は、感覚を大切にする社会だった

歴史で習う世界四大文明というのは、だいたい紀元前8500年ぐらい前から始まったと言われています。

1回目の変態開花合宿でもお話したのですが、50万年ぐらい前に、いわゆる「私たち」人類が誕生しました。
(※ホモ・サピエンスの登場は150万年ぐらい前ですが、現在のように知能が高まり、自分たちで文明を築き始めたのが50万年ぐらい前です。)

そして4大文明の一つ、メソポタミヤ文明が誕生したのが7000年ぐらい前というわけなのですが、考古学的発見によれば、16500年前には日本列島に、すでに文明をもった人々が暮らしており、いわゆる縄文人は15,000年前から暮らしていたことがわかっています。

このときの縄文人たちの暮らしは、狩猟採取が主で、農耕は行っていませんでした。縄文人たちは、自然がもたらす恩恵をうけて生活していました。そのため、出土する遺跡を調べると、縄文人たちは、旬のものを食べていたことが判明しています。季節を大切にし、その時に採取できるものを食べていました。

また現在の日本語にも残る、オノマトペ(擬音語や擬態語)は、言語学的には、縄文人たちが、自然の音を「声」として認識していたことの名残であると言われています。

縄文人たち文字通り自然と対話をしながら、そこから来る感覚、感じるものを大事にしながら生活していたのです。

そのため、縄文文化はとても平和であったと考えられています。その証拠として言われているのが、縄文時代の遺跡からは、狩猟に必要な道具は発見されるけれど、いわゆる「武器」は一切出土していないという点です。

縄文人たちは、1万年もの長きに渡って、武器を持つことなく平和に暮らしていたということなのです。

武器が出土するようになるのは、弥生時代に入ってからです。大陸から渡ってきた弥生人たちは、日本に農耕の文化をもたらしましたが、同時に「所有」という概念と、それを奪い合う「争い」をもたらしました。

農耕文化は、人々が安定的に定住するために有効であると考えられていますが、農耕文化が発展した過去の四大文明においては、どこも砂漠化が進んでいるという現実を見ると、農耕は結果的に「自然破壊」につながっていると言わざるを得ません。

また農耕文化においては、土地を専有的に使う必要があるため、「所有」という概念が生じます。

収穫は100%自然の恵みであった縄文文化に対して、農耕文化においては、「自分がどれだけ頑張ったか」ということが重要になってきたというわけなのです。

このため、「豊かになるには頑張らなければならない」という考え方が、形作られ、それが主流な概念になっていきました。

 

直感を大切にしながら生きることは、本来の生き方に戻ること

現在の私たちの生き方の主流は、農耕文化に始まった生活習慣です。

所有という概念を持ち、頑張って働くことを美徳とし、規律を守ることが求められます。

しかし直感を大事にしながら生きることは、しばしば規律から外れる行動を伴います。

「今だ!」という時に行動するからです。

そうすると、直感を無視して行動している人から見ると、直感を大事にしている人は「わがままで自分勝手な人」に見えてきます。

規律を重んじないように見えるからですね。

ですから、たいてい、直感を大事にして生活していると、そうでない人たちからは嫌われます。

ところがです。

直感を大事にしながら生活していると、そうでない人たちからは嫌われますが、逆にそれを支持してくれる人とつながるようになってきます。

直感を大事にして行動している人たちというのは、多くの場合「自由」です。なので、例えば「今日これから○○へ行こう!」と言われれば「いいよ!」とすぐに応えられます。

実はブループリントリーディングをしていると、多くの人が「自分がどこへ向かうべきか知っている人」だというのがわかります。

みなさん、だいたい、自分の人生はこんな感じで流れていく〜ってのを、予め決めて生まれて来ているんです。

なので、直感や体の感覚を優先しながら生きていると、必ず人生の計画通りに歩んでいくことができるようになっているんです。

つまり...

人生の予定表は他から与えられるものではなく、もともと自分の中にある

ということなのです。

 

最初の話に戻りますが、3回目の変態開花合宿は、壱岐島で開催する予定でした。
しかし直感が「ちがう!」と言ってきたわけです。しかも開催20日前に...。

スケジュールを重んじる人だったら、それを無視することでしょう。
「いやいや、だって、もう宿泊施設も予約したし、レンタカーも予約したし、往復の高速船の手配もしちゃったし.... 広報もしちゃってるし、いまさらキャンセルっていっても...」
って考えますよね、ふつう。

でも直感を大事にしている人なら、そんなことはあまり気にせずに、すぐにキャンセルして、新しいところを探そうとするわけです。

合宿を企画している、あやさんも、しほさんも、私も、自分の感覚を優先して生きている人なので、あやさんが直感で「違う!」と言えば、「そうか、じゃあ他にしよう!」ってなります。

このときの動きがとても早い。

今回「大宰府だ!」ってひらめいてから、ホテルの予約完了と、壱岐島のキャンセルが完了するまで30分しかかかっていませんでした。

そして翌々日には、太宰府の宿泊場所の下見まで完了しているという徹底ぶり...。

すべてがジャストタイミングで起きるということなのです。

 

自分の体験している現実は、自分で創造している

量子の勉強をしている人は知っていると思いますが、量子は、観測者がどう見るかで振る舞いを変えます。

つまり、私たちが見ている世界は、みな、自分が思ったとおりの世界なのだと言うことなのです。

私たちは、良くも悪くも、自分の信じた通りの世界を体験しています。

自分の世界は、自分で創造しているのです。
よくスピリチュアルの世界では、「自分が神なんだ」というのは、そういった理由からです。

ところが、ほとんどの人は、自分で自分の世界を創造しているという割には、望む現実と望まない現実の両方を体験しています。そして望まない現実を体験しつつ、どうして自分の人生は、自分が願ったとおりにならないのだろう? と疑問に思っているかも知れません。

前述したように、私たちは自分の感覚や直感を大事にして行動している限り、人生の計画から外れることはないし、自分が体験したい世界を体験しながら生きることができます。

つまり、そうならないのは、思考とか観念(思い込み)に縛られて、自分本来の生き方とは違う生き方をしているからなのです。

そのことに気づいて、自分本来の生き方に戻ろうというのが、この変態開花合宿の趣旨です。

決して「自分ではないものになろう!」というワークショップではありません。

 

私たちは自分ではない者にはなれません

よく誤解をされるのですが、私たちは自分でないものには決してなることはできません。

自分に自信がなかったり、劣等感を抱えていたりすると、「超人になりたい願望」がでてきます。

それは、それまでとは違う自分になって、みんなを見返してやりたいという思いから来るものです。

しかし、私たちは自分以外の者になることはできません。

できるのは、「本来の自分に戻る」ことだけです。

自分に自信がない状態や、劣等感や罪悪感を抱えて生きている状態が、そもそも本来の自分からかけ離れた生き方だからです。

人は生まれつき、たくさんの才能や能力、魅力、パワー、そしてその人にしかできないことを持って生まれてきています。

しかし、自信を失い、本来の自分を見失って生きていると、そういったもともと備えている才能まで使えなくなってしまっていることがあります。

もし、その状況から開放されたい、豊かで自由に生きたいと望むのであれば、「本来の自分」に戻ればよいということなのです。

言うのは簡単です。

でも、これまでの人生で培ってきた、考え方の癖、観念、信念、ルール、判断基準(価値観)などが、自分をがんじがらめに縛っていて、そこから脱することが難しくなっている場合というのがあります。

変態開花合宿は、その、自分をがんじがらめに縛っている鎖のようなものを、解くお手伝いをしています。

 

完全変態開花合宿 vol.3 とは何か?

完全変態開花合宿とは、いも虫が蛹になって蝶になるように、「本来の自分自身」に変態(状態が変化すること)するのをお手伝いする、合宿形式のワークショップです。

1泊2日の合宿の期間、いくつかのワークを集中的に行うことで、本来の自分に戻り、また本来自分が生まれ持ってきた才能や能力を開花させることをお手伝いしています。

今回は3回目、「超越」というテーマで、自分を縛っている様々な思考の癖、信念、感情、価値観などを取り除いたり、超越していくためのワークを行います。

前回に引き続き、DNAアクティベーション*や、瞑想のワークなども行いますが、今回は特に「豊かさの創造」を中心に、お金や幸せや自由を受け取らないようにしているブロックを外していくワークを行っていく予定です。
※DNAアクティベーションも、今回はさらなる進化ということで、三重DNAのアクディベートを行う予定です。

今回の参加申し込み枠は10名とさせて頂いており、参加枠が限られておりますので、お申込みはお早めにお願いいたします。

 

また、このワークショップでは、参加費が、

  • 宿泊費と食費は実費
  • 現地までの交通費は実費
  • ワークショップ代はドネーション制

とさせていただいております。

ドネーションというのは、ワークショップに参加して、その時に自分が感じた金額をお支払いいただくという、「豊かさのワーク」の一環です。

実際このワークショップでは、普段私が別の機会に東京などで開催しているワークショップと同じ内容のものを提供させていただきます。それは決して安い金額ではありません。

でも、その金額は皆様にはお伝えいたしません。

ワークショップを実際に受けていただき、それで感じた額をお支払いください。

私が想定していた金額に近いものをお支払いくださった方は、私が伝えようとしたものが伝わっているということが明確にわかります。そうでない方は、それしか受け取れなかったのだということがわかります。

それは良いとか悪いとかではありません。
少なかったからと言って責めたりはしませんし、もちろん誰がいくらお支払い頂いたかなど公表することはありません。

ただし、今回は「豊かさを引き寄せる」ワークでもあります。

お金にブロックのある人は、おそらく満額をお支払いされることはないだろうと思いますし、それがその人が受け取れるその時点での豊かさの大きさなのだということに過ぎません。

ただ、そのような趣旨のワークショップですから、決して気軽な気持ちで参加してもらいたくないということなのです。

そのため、参加枠もあえて少なくさせて頂いております。

自分を縛っている鎖を断ち切るぞ、余計なブロックを外すぞ、本来のありのままの自分で生きていくぞ! という覚悟をもって参加していただきたいと思います。

その上で、われこそはと思われる方は、ぜひご参加ください。

完全変態開花合宿 Vol.3 のお申込み

お申込みには、Facebookアカウントが必要です。
Facebook上でフォローアップグループを運営しています。合宿参加者にはそのグループに参加していただきますので、必ずFacebookアカウントをお持ちください。

合宿について

日程:4月19日 13:00 ~ 4月20日 15:00

場所:ルートイングランティア太宰府
   福岡県太宰府市連歌屋3-8-1
   西鉄太宰府駅より車で3分
   (無料送迎バスあり)
   詳しくはホテルのHPを確認してください。

   https://www.hotel-grantia.co.jp/dazaifu/

※参加費については、Facebookの方でお知らせしております。

 

 

 

21日間毎日遠隔ディクシャコースVer.3【4/20〜5/13】

4月20日開始分受付中!
開催期間:4月20日〜5月3日の21日間
※5/1〜3はイベントのためお休み致します。

募集締め切りは4月20日です!

21日間、毎日遠隔でワンネス・ディクシャを受けていただくことのできるコースです。

ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。21日間コースでは、毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。

また、感情的に落ち着いてきて、不安がなくなり、ものごとを前向きに考えられるようになったり、癒しの効果もあると言われています。

前回ディクシャを受けてくださった方からは、以下のような感想を頂いています(^^)

  • 毎日感情の浄化やデトックスが続いてすごかった
  • 2週間ぐらいでおさまって今はスッキリ軽やかに!
  • たくさんの氣づきがあった
  • 今までになく深い眠りの毎日だった
  • 短時間でもぐっすり眠れて疲れがとれた
  • 以前にも増して、ものごとをありのままに見れるようになった
  • 第1チャクラと第2チャクラのエネルギーが整った
  • 子どもの頃の無邪氣さが戻ってきた
    etc...

ディクシャに加え、浄化と統合のエネルギーを加えたことで、不要なものを溜め込みにくくなり、ぐっすり眠れたり、ありのままな感じが戻ってくるようです。

詳細・お申し込みはこちら!

 

 

ブループリントリーディング

4月1日より、ブループリントリーディングが更にアップデートいたしました。

ご好評いただいているブループリントリーディングですが、実は毎年のように内容が徐々にアップグレードしておりましたが、その範囲は主に精度の向上であって、お伝えする内容の項目は従来通りでした。しかし、この度、新たなリーディング方法を加えたことにより、内容が新しくなりました。

今回のアップグレードでは、単に人生の流れを知るだけでなく、幸福な人生を歩むために備わっている自分の才能に気づき、どう生かしていくのかということ、そして一緒に備わっている注意点をお伝えいたします。それにより「本来の自分のイメージ」「ありのままの自分のイメージ」がより明確にわかり、自分の人生の目的に沿って自分らしく生きるための指標となるものです。

これから新しくリーディングを受ける方はもちろんですが、過去(2018年8月以前)に一度リーディングを受けたことのある方にも、新たな発見のある内容となっております。

なお、アップデートに伴い、料金の改定を行いました。予めご了承ください。

本来の自分(ありのままの自分)を知るために

ブループリントとは、今世生まれてくるときに決めてきた人生の設計図(計画)のことです。自分自身の意識の中の70%以上を占める無意識層のうち、魂にもっと近い部分に書き込まれているブループリント(現世での人生の計画)を読み、それと関連しているカルマや計画のうち、不要と思われるものを解除・解放、書き換えるワークになります。

このセッションでは、ブループリントに記された今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果および、ご自分で取り組んでいただかないといけないテーマがあればそれをメールにてお伝えいたします。

1セッション:リーディングのみ  31,000円
       ヒーリングのセット 36,000円

詳細・お申込みはこちら

パートナーシップリーディング

パートナーシップリーディングは、男女を問わず、出会った人が自分の人生にどのような影響をもたらすのかということをリーディングしていくものです。

男女の出会いや、夫婦、友人、あるいはビジネス上の人との出会いなどを見ていくことができます。

主なリーディングの内容は次の通りです。

  • 二人の相性
  • 二人の学びのテーマ
  • 出会った意味
  • 今後の展開について
  • 二人の関係が発展する為に乗り越えなければならない課題

リーディングとヒーリングのセットや、相性診断のみのメニューも用意しております。

また、パートナーとの関係性を通して、自分自身の課題を知ることができるのも特徴です。

1セッション:リーディングのみ  22,000円
       ヒーリングのセット 27,000円

詳細、お申込みはこちら

チャクラクリアリング&魂の甦りワーク

チャクラクリアリング&魂の甦りワークは、全身の主なチャクラをリーディングして、魂の状態、抱えているカルマや問題点、課題、それらの解決方法などを見ていくセッションです。

全身の主なチャクラをリーディングし、そこにブロックがあればそれを解放する遠隔ヒーリングを行います。

また、あなたの魂の本質やハイヤーセルフにアクセスし、そこからのメッセージをお伝えいたします。

更に、このセッションでは、あなたの本来の魂の目的や、魂の表現としての本来の自分らしさを発揮して生活して行くことができるよう、魂の甦りワークを組み合わせました。魂の甦りワークを受けた人からは、人生が変容し、良い方向へと動き出したという感想をいただいております。

チャクラクリアリングのワークと同時に行うことにより、その効果を十分に引き出すことができるのではないかと思います。

【ご注意】場合によっては、深層意識に封じている痛い経験や、見ないようにしてきたことをあぶり出すことになります。その場合、内容的にとても辛いものになることがございます。そういったものを受け取る覚悟のない方には、絶対にお勧めいたしません。
また、リーディングには1回あたり、3日間ほどの時間をかけて見ていきます。そのためお時間がかかりますことをあらかじめご了承ください。

1セッション:100,000円

詳細・お申込みはこちら

ご案内

ざびえるは、メールによるリーディングセッションもおこなっております(^^)/

メニュー:

ブループリントリーディング

ブループリントに書き込まれた今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果をメールでお知らせし、必要ならば遠隔ヒーリングも行います。


ソウルメイトエンライトメント

パートナーとの関係性をベストな状態へ向かわせることを目的とした、リーディング、および遠隔ヒーリングのセッションです。現在のパートナーとの関係を良くしたいと望んでいる方や、まだパートナーがいないけれど、理想のパートナーやツインソウルに出会いたいと思っておられる方にお勧めです。


ツインレイ統合ワーク

魂の甦りのワークを応用した、ツインレイとの、出会いの加速、出会ってから結ばれるまでの加速、二人の取り組まなければならない課題の解決の加速を後押しするエナジーワークです。

 

21日間毎日遠隔ディクシャコース

ワンネス・ディクシャを遠隔で21日間連続してうけていただくことのできるコースです。ディクシャは、古来よりインドで行われ、目覚め(覚醒)や悟り(啓発)という目的に特化した高次のエネルギーを転送・転写することで、意識を高める変容を起こすものです。ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。


遠隔ヒーリング

今までリーディングのオプションになっていた遠隔ヒーリング。好評のため、それだけリピートしたいというリクエストが増えてきましたので、セッションメニューとして独立させました。根本的な部分をヒーリングしていくSandalphonの遠隔ヒーリングは、単にヒーリングというだけでなく、厄払い的な性質もあるようです。人生の流れを変えたい!と思っている方にはお勧めです。


タイムラインリーディング

現在のあなたの時間軸から、1年先のタイムラインの状態をリーディングいたします。現在のあなたの課題、問題、解決法、近々おきそうなことなどを見ていきます。


ヒーリング・ミュージック

Sandalphonでは、周波数にこだわった音楽作りをしています。これらの音楽は、主に瞑想、ヒーリング、各種セラピーなどにお使いいただけるように作られています。みなさまの日々のスピリチュアルライフにぜひご活用いただければ幸いです。


ライトワーカーセミナー

ライトワーカーセミナーは、漠然とした不安の中で生きているスターシードやワンダラーたちに気づきを与え、魂が本来持ってきた目的を思い出させ、そのもてる愛を最大限に発揮することができるように手助けするためのものです。Webコース開講中。

お断り

このメールマガジンを書いている私、柴田こと、さびえるは、過去にキリスト教会の牧師をしていた経験から、本文中に聖書の引用を行うことがあります。

それは、聖書の持つスピリチュアリティを認めているからです。

さびえる本人は、すでに宗教を卒業しております。本メールマガジンの内容は、いかなる宗教団体とも関係がありません。

バックナンバー
ざびえる(柴田廸) Spiritual Messenger
message@sandalphon.jp
05035752440

Sandalphon Healing Musics & Messages

https://www.sandalphon.jp/

MailerLite