Sandalphon Healing Musics & Messages

すべては愛である・嫌われて気付いたこと

2019年の流れ

みなさま、遅くなりましたが、

新年あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019年が始まりましたが、今年はいったいどんな年になるのかちょっと考えてみました。

数秘術的に言うと、2019年は、2+1+9=12 1+2=3 ということで、数秘3の年ということもできます。そのため、2019年は3の意味するところの年になるでしょうというブログを目にします。

ただ数秘では、個々人の誕生日から起算して、その人の現在がどの数秘の年なのかということを見ることもします。その観点でいくと、西暦(ユリウス暦)はローマ帝国および、キリスト教の歴史とともにあり、キリストの誕生を起算点として見ていくとよいのかもしれません。

その視点で見ると、キリストの受胎は正確には紀元前4年となりますので、そこを数秘1として9年サイクルで見ていきます。

すると、ローマ帝国が滅亡した1453年は数秘9
それよりさかのぼりますが、十字軍の終わりの1291年も数秘9

アメリカ建国の1787年は数秘1

第一次世界大戦開始の1914年は数秘2

オスマン帝国滅亡1922年は数秘1

関東大震災1923年は数秘2

第二次世界大戦開始1939年は数秘9

太平洋戦争終決1945年は数秘6

阪神淡路大震災1995年は数秘2

東日本大震災2011年は数秘9

熊本地震2016年は数秘5

 

といった感じになっています。
なんとなく、社会的に重要なことが、数秘9や1の節目の年、そしてサイクルの折り返し点である、5や6の年に起きているような気もします。

この計算によれば、2019年は数秘8の年。

数秘8が意味するところは、「達成」「豊かさ」「情熱」「収穫(結果を刈り取る)」といった意味になってきますので、基本的には、良くも悪くもこれまでの歩みの結果が明らかになってくる1年となります。

そして2020年は数秘9の年となるので、また何か社会的に大きな出来事が起きてくるのかもしれません。

そういえば先日、友人がこのような表をFacebookでシェアしてくれておりました。

この表によれば2020年の12月以降、世界は新しい時代に突入していきます。数秘でも2021年は1の年、新たなサイクルの始まりです。

なんかリンクしているような気がします。

今年1年が、皆様方にとって、豊かな収穫の一年となりますようお祈りいたします。

 

2018年の大事件

と言っても私の個人的なお話をさせていただきたいと思います。

2018年は社会的は数秘7の年だったかもしれませんが、私個人の人生サイクルでは8の年にあたり、「収穫(撒いた種を刈り取る)」時でした。

そのためそれまで自分が取り組んできたり、意識的、あるいは無意識的にやってきたことの結果が明らかになったわけですが、その中でも極めつけの大事件がありました。

それは、「魂友から嫌われた」という出来事です。

私にはとても大切にしていた(つもりだった)魂友がいたのですが、その魂友から思い切り嫌われてしまい、絶交されてしまったのです。

それは大変なショックでした。

ショックのあまり2日間ぐらい眠れなかったのですけれど、それでもたった2日! と思われた方もいらっしゃると思いますが、そうなんです。

以前の私であれば、こういうショックな出来事があると、だいたい1週間ぐらい眠れなくて、その後1ヶ月は鬱々としていました。

しかし、この時はちょっと違ったのです。

それはその出来事の少し前に、ゼロリセットというメソッドに再会していたからでした。

この詳しいお話は以前のメルマガでも書きましたので、よかったらバックナンバーを読んでみてください。

>> メルマガ 2018年10月22日「ライトワーカーの役割とは何か?」

 

「再会」と書いたのは、このゼロリセットの体験が、私にとってははじめてのことではなく、25歳の時に、期せずして体験していたことだったからです。

メルマガにも書きましたが、25歳の12月、私は進路の悩みで文字通り七転八倒していました。そして無意識のうちに、ゼロリセットと同じことを実践していました。するとその瞬間、自分の中から一切の悩みも苦しみも、ネガティブな感情も、すべて消え去ってしまったのです。

次の瞬間、私は超ポジティブな人間になっており、同時に自分に一体何が起きたのか理解できずに、狐につままれたような気分になっていました。その時はスピリチュアルな世界というものも知らない時でしたし、そんな体験を理解も説明もできる人は周りにいませんでしたし、とにかく私は、その不思議な体験をいつか理解できる時のために、そっと心の中にしまってきました。

そしてそれから26年の歳月が過ぎ、2018年、「魂友に嫌われる」という大変ショッキングな出来事が起きたのです。

その出来事が起きる少し前、「ゼロリセット」というメソッドを解説しているDVDが発売され、そのことをFacebookの知人を通して知った私は、なぜだかそれを購入していました。でもその時はそこまで興味がありませんでしたので、購入したはよいものの、見ないまま本棚にしまい込んでいました。

何も起きなければ、そのDVDは見られることもないまま、まだ本棚に並んでいたかもしれません。

しかし、大変ショッキングな出来事があったために、私は久しぶりに七転八倒しながら、なんとかその感情を感じ切ろうとしていました。

その時、ふと、そのDVDのことを思い出したのです。

「そういえば、このメソッドを使うと、ネガティブな信念とか感情を一瞬で消せるって言ってたな...」

そう思った私は、DVDを取り出して見始めました。

一通り見終わった後、私はそれを見よう見まねで実践してみたのです。

するとその瞬間、まさに25歳の時に体験したあの体験、自分の中からネガティブな感情も悩みも、すべて消え去ってしまうということが起きたのです。

その時私は「これだー!!!」と声にならない叫びを上げていました。

25歳のときの出来事が鮮明に思い出され、その時の出来事がまさにこのことと同じであること、そしてその原理を理解することができたのです。

 

嫌な出来事におけるすべてのネガティブな感情や信念を消してみる

その夜はぐっすり眠ることができました。

そして次の日、福岡在住の知人がゼロリセットのインストラクターをしていることを思い出しました。その知人のFBのイベントを見ると、数日後にゼロリセットの講習会が予定されていましたので、すぐに申し込みました。

知人を通して、ゼロリセットの詳しい原理と方法を伝授してもらった私は、すぐにそれを実践し始めました。

その時、私はふと思いついたのです。

それは「魂友に嫌われてしまった」という出来事を通して湧き起こってくる、このネガティブな感情や、その元になっている信念を消し続けていったらどうなるのだろう、ということです。

もしそれを消し続けて、最終的に何も残らなければ、この関係はそれだけのことだったということがわかるし、もし何か残るとしたら、それを見てみたいと思ったのです。

こうして私はそれからほぼ毎日のように、魂友のことを思い出しては、湧き起こってくる様々な感情や、思考をゼロリセットしていきました。

ゼロリセットしていく度に、魂友に対するネガティブな思いが消えて、心がスッキリしていくのを感じました。

 

そこから気付いたこと

興味深かったのは、嫌われるという体験を通して、浮上してくる信念を消していた時です。

そのプロセスで、他2名の方に嫌われました...(爆

「うわあ、また嫌われた〜!」という体験を通して、さらなる信念の掘り起こしと、それを消していくということを続けていました。

その過程で気がついたことがありました。

それは、それまでの自分の生き方として、

「好きな人から嫌われないように振る舞う」

というものでした。

つまりは、自分の中に「自分らしさを表現したら嫌われる」という信念が隠れていたということなのですが、それがあったために、嫌われないように、嫌われないようにと振る舞っていたということなのです。

しかしそれは、自分に対して嘘をついていることになります。

なぜなら、嫌われたくないので自分らしさを表現せず、気に入られるような自分を演じ続けているということなのですから。

ということは、回り回って、それは相手に対しても嘘をついていることになります。結局は、自分に対しても相手に対しても信頼がないという状態なのです。

どうでしょう。もし自分が親しくしている人がこのように振る舞っていたとしたら...。

もっと自分らしくすればいいのにな〜とか、それをさらけ出してもらえないってことは、信頼がないんだな〜とか思うかもしれませんね。

特に信頼がないなと感じることが多ければ、段々と相手のことが嫌になってしまうかもしれませんね。

そのことがわかった時、「あ、俺って、嫌われて当然のことをしてたんだな」ってことが見えてきました。もちろんそれだけじゃなくて、他にもいろいろありますが、明確なのは「信頼してなかったのは自分の方だった」ということです。

相手を大切に想っているつもりでも、実は単に自分の怖とか、信頼のなさをごまかしているだけということは多々あります。

私もその一人でした。

 

魂友から絶交されたことによって、数ヶ月かかりましたけど、そのことがようやく理解できたのです。

それに気付いた時、魂友に対する感謝の思いが湧き起こってきました。

思えば、魂友は出会ってから今までずっと、私の成長を後押ししてくれていました。時には厳しく、時には優しく、喧嘩も何回もしましたし、それでも歩みの遅い私に付き合ってくれていました。でもきっとその度に私は、傷つけるような、期待を裏切るような、信頼を損ねるようなことをし続けていたんだろうなと思います。

それは私の弱さであり、私が私を信頼できなかったことの表れでした。

そしてついに魂友は私に「大嫌いだ、もう二度と話をしたくない」と言って、私から離れていきました。

それはとても悲しい体験でした。

でも今ならわかります。それも愛だということが。

 

愛なる神はなぜ戦うのか?

キリスト教にいた時、私はいつでもずっと一つの疑問を持ち続けていました。子どものときからずっとその疑問がありました。

キリスト教会においては「神は愛です」と教えます。ところがその愛である神は、悪の象徴であるサタンと戦い、それを滅ぼして平和を実現しようとするのです。

善と悪、光と闇の二元論が、教会の教えの中にしっかりと息づいていました。

スピリチュアルの世界でも、特にアメリカから入ってきたスピリチュアリズムの中に、このキリスト教と同じ二元論を見ることができます。

どこへ行っても、善と悪、光と闇の戦いを見ることができます。

私は子どものときから、それが不思議で仕方がありませんでした。しかし周りがみなそう言っているので、そんなもんかと思って深く考えもせず、そのままにしてきました。

しかし教会の牧師になり、教える立場になった時、この問題は再び、私の中に浮上してきました。

神は愛なのに、どうして戦うのか?

 

答えがわかったのはつい先日です。

この嫌われる出来事があったことで理解できました。

 

答えは、「神は愛だから戦いも許される」ということなのです。

 

愛とは「すべて」です。

文字通り、すべて「愛」なのです。

実を言うとこの世界には神は存在しません。あるのは「意識」のみです。

私たちが「神」と呼んでいる高次元の存在たちはいますが、それは厳密には神ではなく、私たちと同じ霊的な存在であり、ある意味では、私たちの先輩に過ぎません。

宇宙の誕生にあたって、最初に「意識」が目覚めました。「私は誰?」と思ったのです。それゆえ、「私」を知るために、意識は「汝」を創造しました。「汝」によって「私」を知ることができるからです。こうして宇宙は、自らのうちに様々な要素、星、物質、生命を誕生させ、「自分を知る」という壮大な物語を紡いでいます。

私たち一人ひとりの人生も、体験も、すべて「意識」が「私」を知るためのものです。そのために「意識」はありとあらゆる体験をします。

本当は、そこに良いとか悪いとかはないのです。

一般に「愛」というと、それは「愛情」と混同されているように思います。

英語で「Love」と言っても、それは「大好き」という意味で使われることもあります。

「愛」について特に哲学的に考察したのは、古代のギリシャ人たちでした。

彼らは愛を表す言葉として、

  • アガペー(人間を超えた愛)
  • エロス(恋愛)
  • フィリア(友愛)
  • ストルゲー(家族愛)

の4つを使い分けていました。

多くの場合、スピリチュアリズムで言われるところの「愛」は、このアガペーを指していると思われます。

キリストは、このアガペーを、「母親の、子に対する愛に似ている」と言って説明しました。母親が子どもを愛する時、自分の命に代えてでも愛そうとすることを例えとして挙げています。

そのような無私の愛、つまり人間的な欲とか、損得勘定とか、判断とか、そういったものをすべて超越していくような究極の愛こそが、アガペーなのだということなのです。

そういう意味で、「愛」は「すべて」だと言うことができます。

究極の愛には、一切の判断がなく、そこには良いも悪いも、善も悪もなく、ただひたすらに「許し」だけが存在します。

「それでいいんだよ」

「そのままでいいんだよ」

「ありのままでいいんだよ」

なぜなら、それは私たちが神と呼んでいる、宇宙の「意識」が体験していることだからです。

 

好かれることも嫌われることも、すべて愛

いま、振り返ってみると、魂友が私に与えてくれたものは、すべて愛だったことがわかります。

私のことを本気で気に入ってくれて、様々なことを手伝ってくれて、後押ししてくれて、私の成長を促してくれて、そして最後の最後に、本気で嫌ってくれた魂友。

嫌ってくれたおかげで、私は、なにかロケットに乗せられて打ち上げられたかのような、気づきを得る機会を与えられました。

ものすごい大きな気づきです。

そこには愛しかなかったということが見えた瞬間、ただただ感謝しかありません。

私はこれから、もっともっと、自分らしく生きていこうと思います。

今までは、人に気に入られようとして、気に入られるような自分を演じてきましたが、そういうことはやめて、素の自分を表現していこうと思います。

そういう自分を見て、やっぱり嫌う人もいるだろうし、逆に好きになってくれる人もいると思う。

でも、演じていたとしても、同じく好きになってくれる人もいるだろうし、嫌う人もいるのだから、状況は変わらないですよね。

でも自分を演じている分、余計な気は使うし、自分や他人に嘘をついたりしないといけなくなるし、たぶん、ありのままで生きてるより、いろいろ楽じゃないと思うのです。

まあ、それも体験といえば、体験ですけどね。
別にそれも良いとか悪いとかじゃないんです。

ただもっと「楽」で、「信頼」にもとづいた生き方も選択できるよということ。

 

結局、ネガティブな信念とか感情とかを消していったら、ただただ感謝の気持ちが残りました。

嫌ってくれてありがとう!
その大役を引き受けてくれてありがとう!

だって、それってなかなかできることじゃない。
誰だって悪役とか嫌われ役にはなりたくない。

でもそれを引き受けてくれるってさ、魂の友人じゃないとできないことだと、本当に思う。

絶交されちゃったし、私もこれからは今までの自分とは違う人生を歩み始めるから、今後、今世で再会できるかどうかはわからないけど、元気で幸せに自分らしく生きていて欲しいと思います。

 

 

NewYearタイムラインリーディング キャンペーンのお知らせ

NewYearキャンペーンとして、タイムラインリーディングを割引価格にてご提供いたします!

キャンペーン期間:
2018年12月1日〜2019年2月末日

 

一年のはじめに、2019年の流れをリーディングしてみませんか?

キャンペーン価格
・タイムラインリーディングのみ
 通常価格10,000円7,000円
・タイムラインリーディング+ヒーリングセット
 通常価格15,000円12,000円

詳細・お申込みはこちら

 

 

ブループリントリーディング

本来の自分(ありのままの自分)を知るために

ブループリントとは、今世生まれてくるときに決めてきた人生の設計図(計画)のことです。自分自身の意識の中の70%以上を占める無意識層のうち、魂にもっと近い部分に書き込まれているブループリント(現世での人生の計画)を読み、それと関連しているカルマや計画のうち、不要と思われるものを解除・解放、書き換えるワークになります。

このセッションでは、ブループリントに記された今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果および、ご自分で取り組んでいただかないといけないテーマがあればそれをメールにてお伝えいたします。

1セッション:リーディングのみ  12,000円
       ヒーリングのセット 17,000円

詳細・お申込みはこちら

ご案内

ざびえるは、メールによるリーディングセッションもおこなっております(^^)/

メニュー:

ブループリントリーディング

ブループリントに書き込まれた今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果をメールでお知らせし、必要ならば遠隔ヒーリングも行います。


ソウルメイトエンライトメント

パートナーとの関係性をベストな状態へ向かわせることを目的とした、リーディング、および遠隔ヒーリングのセッションです。現在のパートナーとの関係を良くしたいと望んでいる方や、まだパートナーがいないけれど、理想のパートナーやツインソウルに出会いたいと思っておられる方にお勧めです。


ツインレイ統合ワーク

魂の甦りのワークを応用した、ツインレイとの、出会いの加速、出会ってから結ばれるまでの加速、二人の取り組まなければならない課題の解決の加速を後押しするエナジーワークです。

 

21日間毎日遠隔ディクシャコース

ワンネス・ディクシャを遠隔で21日間連続してうけていただくことのできるコースです。ディクシャは、古来よりインドで行われ、目覚め(覚醒)や悟り(啓発)という目的に特化した高次のエネルギーを転送・転写することで、意識を高める変容を起こすものです。ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。


遠隔ヒーリング

今までリーディングのオプションになっていた遠隔ヒーリング。好評のため、それだけリピートしたいというリクエストが増えてきましたので、セッションメニューとして独立させました。根本的な部分をヒーリングしていくSandalphonの遠隔ヒーリングは、単にヒーリングというだけでなく、厄払い的な性質もあるようです。人生の流れを変えたい!と思っている方にはお勧めです。


タイムラインリーディング

現在のあなたの時間軸から、1年先のタイムラインの状態をリーディングいたします。現在のあなたの課題、問題、解決法、近々おきそうなことなどを見ていきます。


ヒーリング・ミュージック

Sandalphonでは、周波数にこだわった音楽作りをしています。これらの音楽は、主に瞑想、ヒーリング、各種セラピーなどにお使いいただけるように作られています。みなさまの日々のスピリチュアルライフにぜひご活用いただければ幸いです。


ライトワーカーセミナー

ライトワーカーセミナーは、漠然とした不安の中で生きているスターシードやワンダラーたちに気づきを与え、魂が本来持ってきた目的を思い出させ、そのもてる愛を最大限に発揮することができるように手助けするためのものです。Webコース開講中。

お断り

このメールマガジンを書いている私、柴田こと、さびえるは、過去にキリスト教会の牧師をしていた経験から、本文中に聖書の引用を行うことがあります。

それは、聖書の持つスピリチュアリティを認めているからです。

さびえる本人は、すでに宗教を卒業しております。本メールマガジンの内容は、いかなる宗教団体とも関係がありません。

バックナンバー
ざびえる(柴田廸) Spiritual Messenger
message@sandalphon.jp
05035752440

Sandalphon Healing Musics & Messages

https://www.sandalphon.jp/

MailerLite