Sandalphon Healing Musics & Messages

ライトワーカーの役目とはなにか?

真夜中に起きた奇跡

あれはまだ私が25歳の時の12月のことだったと思います。当時はまだクリスチャンであった私は、牧師になるための学びをしていました。そして翌年の3月に卒業を控え、その先の進路をどうするかということで迷っていました。一緒に学んでいた同級生たちは、11月中には牧師の内定をもらっており、進路が決まっていなかったのは私だけでした。というのも、卒業後にアメリカにある神学大学の修士課程に進学するかどうかで迷っていたからです。

しかし、どちらを選択するにも問題が山積みでした。牧師は、毎年の採用人数が決まっており、その年の採用枠は、すでにいっぱいになりつつありました。

進学するにしても、経済的な問題や英語力の問題がありました。海外生活があった私は、日常会話こそ困らない程度にできていましたが、文字の読み書きは苦手でした。牧師の修士課程を学ぶには、毎日膨大な量の英語の文献(しかも英語の古典のような文献)と向かい合わなければならず、先輩の牧師からは、日本人はアメリカ人の10倍ぐらい勉強しないと単位取れないという話を聞いていたので、なかなか自信が持てなかったのです。

そうやって迷って決められないでいるうちに、12月になってしまい、気づいたら牧師の採用枠もいっぱいになってしまっていて、進学も自信ないという最悪の状況に陥っていたのです。

私はいったいどうしたらいいのかわからなくて、一人、部屋の中で祈り続けていました。

 

真夜中のことです。
結論が出せないまま、悩み続けて、七転八倒しながら祈っていた私は、その時、なにを思ったのか、仰向けに寝転んで、天に向かってこのように祈っていました。

「神よ! この苦しみを私から取り去って下さい!」

そう、何度も叫ぶようにつぶやきながら、バスケットボールを投げるように、胸の辺りから、自分の苦しみが詰まっている丸いボールをイメージして、それを天に向かって、何度も投げる仕草をしていたのです。
(この時私は、スピリチュアルなんて世界も言葉も知りませんでした)

 

何回投げたことでしょうか。

今となってはよく覚えていませんが、たぶん20分ぐらいそんなことを繰り返していました。そして、

「神よ! この苦しみを私から取り去って下さい!」

という言葉が、胸の奥から絞り出されるような、本気のパワーを伴って発せられたその瞬間!

空に向かって投げつけた、苦しみのボールのイメージが、本当に飛んでいってしまったのです!

それは体感を伴いました。両手には目に見えないボールの重みの感触がありました。そしてそれを天に放り投げた瞬間、体から何かがごそっと引き剥がされるような感じがして、ボールと一緒に天井の向こうへと飛んでいきました。

その瞬間、私の中にあったすべての悩みや、苦しみの気持ち、感情が、消え去ってしまいました。

 

私は狐につままれたような気分になって、一体何が起きたのか理解できず、しばらくの間、ぼーっとしていました。

しばらくすると、自分の内側の奥の方から、じわじわと喜びの感情がわき起こってきました。それと同時に、

「なんとかなるさ!」

という根拠のない、前向きな気持に変わりました。気がつくと、嬉しくて嬉しくて仕方がありません。今まであんなに悩んでいたのに、そんなこと全く無かったかのようになってしまったのです。

その夜はそのまま、喜びに満たされたまま眠りに付きました。

 

それから何が起きたでしょうか。

2日後に突然教授に呼び出されました。別ルートから特別に牧師の招聘があったので、君を推薦することにしたという話でした。その2日後には面接に行き、更にその3日後には正式に採用ということになりました。

こうして私は東京は原宿のどまんなかにある教会の牧師となることになったのです。

わずか1週間で、問題は完全に解決してしまいました。

宇宙は全ての体験のフィードバックを求めている

さて、この奇跡の物語の体験について、それが何を意味していたのかを理解するまでには、長い時間を要しました。

この出来事の本当の意味についてわかったのは、つい最近のことです。今日はそこで学んだことをお伝えしようと思います。

 

前回のメルマガで、「魂はあらゆる体験を楽しむために生まれてくる」というお話をいたしました。その際、私たちはみな、一人ひとり、ブループリントを決めてこの世界に生まれてきています。そして、そのブループリントに沿って、必要な体験をして楽しんでいるのです。

なぜそのような事をしているのか。

それは、私たちの魂の源である、大霊=宇宙そのものがそれを望んでいるからです。

私たちの多くは、宇宙がビッグバンから始まったと習ったのではないでしょうか。

ではビックバンの前は宇宙はどうなっていたのでしょう?

私はそれを、ある有名なキリスト教神学者の言葉を借りて「神の絶対的孤独」と呼んでいます。

神しかない世界。

しかし神の他には何もないので神自信も自らを認識できない世界。

つまり、「無」となんら変わることのない世界です。

これは、代表的な宇宙の歴史の説明図です。ビッグバンから始まった宇宙は膨張を続けています。現在は宇宙が始まってから138億年ぐらい経っていると言われていますが、それはあくまでも光の速さで計算した場合なので、光を超えるスピードで拡散する量子もあることを計算に入れると、一説ではその10倍ぐらい、1400億年ぐらい経っているという説もあります。

では、この宇宙はこのまま成長し続けるのでしょうか。

現在考えられている説によれば、宇宙はある程度膨張すると、次第に冷えてくるため、再び収縮に転じ、ついには再びビックバン以前の状態に戻ると言われています。予測では、およそ10の27乗年先と言われています。

これ日本語の読み方に直すと「100秭年」と言うわけなんですが...

一(いち)、十(じゅう)、百(ひゃく)、千(せん)、万(まん)、億(おく)、兆(ちょう)、京(けい)、垓(がい)、秭(し)....

途方もなく先の話だってことはわかりますよね...(^^;;

どちらにしても、途方もない先の未来で、この宇宙も消えて無くなってしまうというわけですが、宇宙が消えたらどうなるのでしょうか。

実はまたビックバンが起きて、新しい宇宙が誕生するのです。

つまり、今の宇宙が親だとすると、その子どもの宇宙が誕生します。

もちろん、今の宇宙の親もいたはずですから、私たちの宇宙が子どもで、そこから生まれてくる宇宙は孫だとも言えますね。

 

さて、ここに一つの問題があります。

子どもの宇宙が誕生しても、親はすでにいないのです。

なぜならこの宇宙は親が死ぬことで子どもが生まれてくるからです。

親のいない宇宙は、自らの力で自分を知るしかありません。

そこでまず、「私」と「あなた」という分離状態を創り出します。こうして「私」は、「あなた」によって自分を見ることができるようになるのです。

宇宙に満ち満ちているすべての魂は、みな、一つの大霊から分かれてきたものです。

私もあなたも元は一つです。

「元々一つであったものは、分かたれても一つのままである」

とは、著名な量子物理学者ベルの言葉です。ベルは、一つの量子を2つに分け、一方に力を加えると、もう一方が何もしていないのに、同じように動くことを発見しました。

それは私たちの見ているものすべてが、分離しているように見えても、実は見えないレベル、エネルギーとか波動のレベルにおいては完全に一つのままであることを証明しています。

私たちはみな、一つの宇宙なのです。

 

さて、何も知らない「宇宙」は、自分のことが知りたくてたまりません。そこでたくさんの魂や世界を創りだし、それによって自分を知ろうとしました。

実は、私たち一人ひとりが体験していることはみな、宇宙の中心、つまり、宇宙の本質とか、大霊とか、大神霊とか、ワンネスとか、ソース(源)と呼ばれるところにフィードバックされています。

私たち一人ひとりのハートチャクラの中心には、宇宙のソースにつながるチャネルがあります。

私たち一人ひとりが体験していることは、このハートチャクラの中心にあるチャネルを通じて宇宙のソースにフィードバックされているのです。

こうして宇宙は私たち一人ひとりを通して「私」を体験しているのです。

 

ネガティブな感情体験はフィードバックされにくい

宇宙のエネルギーは、基本的に「感謝」や「喜び」といったポジティブな波動を持っています。そのため、ポジティブな感情体験というのは、意識しなくてもハートのチャネルを通って自然にフィードバックされていきます。

ところがネガティブな感情体験というのは、フィードバックされにくいという傾向があります。

その一番の理由は、宇宙の基本的な周波数との違いです。ポジティブな感情体験と宇宙の周波数は同調するので、勝手にフィードバックされていきますが、ネガティブな感情体験は、宇宙の基本周波数とズレがあるため、意識してやらないとフィードバックされにくいのです。

そしてもう一つの理由は、自分で溜め込みやすいからというのがあります。

以前ブログで

マインドブロックってバックグラウンドアプリと同じで、エネルギー消費しまくってるんだって知ってた?

というお話をしました。
抜粋を以下に書きますね。

 

マインドブロックというのは、基本的に、感情体(エモーショナル体)と精神体(メンタル体)のセットで出来ています。

例えば、感情的になるような出来事があったとします。

嫌なことを言われたり、不当に怒られたりとかですね。

で、その時に、こっちもぱっと感情を表現してしまえば、それで終わるんですけど、そこで、ぐっとこらえてしまったとしましょう。

すると、未完了の感情体が出来上がります。

でも感情というのは時間と共に消えていくので、この感情体もそのうち消えてしまいます。

ところが、ここで意図が働いたとします。

たとえば、

「いまにみていろ... あとで吠え面かかせてやるー」とか、

「もう一回言ってみろ、今度こそ仕返ししてやる...」とか、

その時の感情のエネルギーを使って、仕返しとか復讐とかしようという意図です。

すると、このせっかく出来た未完了の感情体をキープしておきたいわけです。

そのままにしておくと消えちゃいますから。

なので消えないように、精神体の力を使うんです。

精神体の中身は、その感情的な出来事があった時の記憶と、それを維持するための思考です。

なんて言って言い返してやろうとか、この恨みはらさずでおくべきか〜みたいな内容だったりします。

それを、該当の感情体と結びつけて一つのセットを作ります。

精神体が働くことで、感情体が消えないようにしているというわけなんです。

こうして、マインドブロックが出来上がります。

マインドブロックは、私たちの頭の中にあって、未完了の感情の数だけ存在します。たくさんたくさん感情を飲み込んできた人は、それだけたくさんのマインドブロックがあってもおかしくありません。

ネガティブな感情体験の場合、私たちはそれを「再利用」してやろうと思って、無意識のうちに溜め込んでしまいます。ただでさえ、意識してやらないとフィードバックされにくいのに、更にそれをキープして溜め込んでしまうというわけなのです。

 

ネガティブな感情体験は意識してフィードバックしよう

さて、最初の奇跡の話に戻りましょう。

わたしはあの時、自分では全く意識していなかったのですが、偶然にもネガティブ感情のソース(源)へのフィードバックをしてしまったのです。

フィードバックをすると、その感情体験は、ソースに還っていくので、完了します。その体験はもう十分やったということで、その体験自体が終わります。なので、同じ問題や課題で、悩んだり傷ついたりすることがなくなります。フィードバックした途端、一瞬で心が軽くなってしまいます。

この原理を学んだのは、つい最近のことでした。

たまたま、とあるヒーリングのメソッドを紹介しているDVDを購入する機会がありました。

しかし、忙しかったり、そこまで興味がなかったので、見ないままになっていました。

ところが、ある新月の時、月のエネルギーの影響を受けて、怒りの感情が噴出して仕方のない時がありました。

一人で部屋の中で怒り狂っていたのですが、ふと、このDVDを見てみようと思ったのです。

DVDの中で紹介されていたのは、ネガティブな感情体験をソースにフィードバックする方法でした。

怒りが噴出して収まらない私は、試しにやってみようと思ったのです。

説明では、

手の上にボールをイメージして....

そこにネガティブな信念を集めて....

ここで私は「ん?」

講師の説明が続きます。

 

そのボールの底に集まったネガティブな信念を、ソースに向けて、勢いよく送ります。

せーのっ、はいっ!

 

講師の掛け声に合わせて、私は言われたとおりに真似してやってみました。

噴出して仕方がない怒りの感情の下にある、ネガティブな信念を、勢いよくソースに還したのです。

その途端!

私は「あっ!」と声を上げました。

そうです、あの25歳の夜、苦悩のボールが勢いよく空に消えていった時と同じことが起こったのです!

その瞬間、それまでの怒りが嘘のように一瞬で消えてなくなりました。

世界が一瞬で変わってしまったのです。

それまでの怒りが何だったのかを思い出せないぐらい、綺麗さっぱり消えてしまいました。

私は「これだ!」と叫びました。

そして嬉しさで胸がいっぱいになったのです。

『ゼロリセット』というそのメソッドは、私が25歳の時に体験したもの、そのものでした。

 

出来事に反応しているのは自分。自分の反応の元になっているネガティブな信念を消すと、相手はその役を終える

25歳の夜から約10年後、私はスピリチュアルの世界に出会い、奇跡のコースに出会い、その流れで「自分自身を知り、ありのままの自分に気づく」という学びに出会いました。その中で「感情を感じきる」ということを実践するようになっていきました。

感情を感じきることもまた、ネガティブな信念をソースに還す方法です。

その学びの中でも繰り返し言われていることが、

「相手は自分の鏡」

「自分の中にあるものを、相手が見せてくれているだけ」

ということです。

そうなんです。相手は、自分の気付きのために役を演じてくれているに過ぎません。

あなたの中にこんなネガティブな信念があるよ〜って教えてくれているだけなのです。

 

自分が「他人軸」で生きていると、なんでも人や状況のせいにしてしまいます。

 

あの人があんなことを言った。

この人がこんなことをした。

だから私はこんなに(困った、傷ついた、悲しかった、怒っている...etc)。

 

でもですね、よく考えてみると、

出来事に反応しているのは自分

なんです。

 

自分の中に、出来事に反応する火種があるから、困ったり、傷ついたり、悲しかったり、怒ったりしているのです。

もしこの火種がなかったら、同じことを言われたりされたりしても、特に気にならないでしょうし、そもそも、言われることもされることもありません。

なぜなら、出来事は気づきの為に起こるからです。

火種もなく気づく必要もないのであれば、出来事自体、起こる必要がありません。

つまり、出来事とか相手のことはどうでもいいのです。

出来事とか相手のせいにしているうちは気づくことはできません。

とにかく自分を見て、自分の中にある火種に気づくことが重要です。

宇宙は体験のフィードバックを望んでいます。

火種とは、自分がキープしたまま、フィードバックせずにいるネガティブな信念のことです。

だからそれを宇宙にフィードバックしてあげればよいのです。

フィードバックとは、つまり、ネガティブな信念をソースに還すということです。

 

火種に気づいてソースに還す

 

このことを、とにかくいつでも心がけること。

こうすると、火種がなくなるので、

 

相手はその役をやめることができます

 

↑↑↑↑↑↑↑

これがものすごい重要ポイント!

 

この世界は「魂劇場」です。

魂がそれぞれいろんな役を演じて、お互いの気付きのために大芝居を打っているんですね。

相手がどんなに悪役であったとしても、自分の中にある火種に気づいて、それをソースにフィードバックすると、相手はその悪役を続ける理由がなくなるので、あなたにとっての悪役ではなくなります。

その瞬間、あなた自身は、その相手が悪役ではない世界に移行します。次元が変わるんです。

次の日から、その人はあなたにとって全く無害な人に変わっていることでしょう。

場合によっては、あなたの前に現れなくなるかもしれません。

突然の転勤とか、引っ越しとかそういうことが起こったりします。

これは相手にとっても幸せなことです。

なぜなら、もう二度と、あなたに対して嫌な悪役を演じなくて済むんですから。

誰でも好んで悪役をやる人はいないと思います(時々いますが、それはそれでその人の学び)

 

というわけで、自分の中にある火種をなくすと、

自分も楽になるし、

相手も楽になるんです!

 

ライトワーカーとは、自分の火種を消すことで、世界から悪役を解任させる人のこと

なんども言いますが、

相手にされたことや、出来事は重要ではありません。

 

重要なのは、それに反応している自分の中にある火種に気づいて、それを消すことです。

そうすると、まずは自分が軽くなります。

そして相手も悪役である必要ななくなるので、相手も軽くなります。

つまり、自分を癒すと、相手も救われるということなのです。

これが、ライトワーカーの本質ではないかと思うのです。

 

ライトワーカーとは、英語で

light worker と書きます。

light は「光」という意味の他に、「軽い」という意味もあります。

この世界を光で照らすのもライトワーカーですが、この世界を軽くしていくのもライトワーカーのお仕事です。

 

聖書の中に次のようなキリストの言葉が書かれています。

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」(新約聖書・マタイ11:28〜30)

 

キリストはライトワーカーの代表みたいな人です。ただひたすらに自分をクリアにしていくことで、世界に救済の道を示した人です。

ここで言う、疲れた人、重荷を負っている人というのは、ネガティブな信念(火種)をたくさん抱えている人のことです。いわゆるマインドブロックも、この火種の仲間です。これをたくさん持っている人は疲れてしまいます。

ライトワーカーは、自分の中にある火種を消す(ソースに還す)ことで、相手の役を終わらせることができます。また、状況も変えることができます。問題となっている相手や状況が解消した世界に変えることができるからです。

つまり、相手の問題に直接的に介入しなくても、相手のことまで軽くしたり、状況に直接介入しなくても、それを軽くすることができてしまうということなのです。

もちろん、役が変わったり、状況が変われば、関わり方も変わってくるでしょう。その時は、それに見合った関わり方をしていけばよいのです。

だれでも、自分の心の中にあるネガティブな信念と向かい合い、それを消そうと努めるなら、その人たちはみなライトワーカーです。

世の中には直接的に、人々を助けようとするライトワーカーもいますが、このように自分をクリアにしていくことによって、世界を変えていくライトワーカーもいます。そしてどちらもとても大切ですが、自分をクリアにしていくライトワーカーが増えることこそが、世界を軽くしていく早道であると、私は感じています。

 

 

21日間毎日遠隔ディクシャコースVer.3【10/25〜11/14】

21日間毎日遠隔ディクシャコースが、バージョン3にアップグレードいたしました!

  • Ver.2では、これまでのワンネスディクシャに加え、遠隔ヒーリングでも導入している「浄化と統合」のエネルギーを加えてきました。それだけでもかなりパワフルだとの感想をいただいております。
  • Ver.3では、「浄化と統合」のエネルギーに加え、マインドブロック解除の時に用いる「キリスト意識」のエネルギーを加えています。マイナス感情の浄化と解放に威力を発揮するエネルギーを加えることで、無意識層に隠れているマインドブロックの浄化と解放を手助けしてくれると思われます。
  • 手順としては、まず「浄化と統合」および「キリスト意識」のエネルギーを流し、その日手放すことのできる不要なエネルギーを浄化し、エネルギー状態のバランスを整えます。
    その後、ワンネスディクシャを流します。
  • このことにより、より早く効果的に、悟りに近づいていく事ができます。

    ※注:効果には個人差があります。

10月25日開始分受付中!
開催期間:10月25日〜11月14日の21日間

募集締め切りは10月25日です!

21日間、毎日遠隔でワンネス・ディクシャを受けていただくことのできるコースです。

ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。21日間コースでは、毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。

また、感情的に落ち着いてきて、不安がなくなり、ものごとを前向きに考えられるようになったり、癒しの効果もあると言われています。

前回ディクシャを受けてくださった方からは、以下のような感想を頂いています(^^)

  • 毎日感情の浄化やデトックスが続いてすごかった
  • 2週間ぐらいでおさまって今はスッキリ軽やかに!
  • たくさんの氣づきがあった
  • 今までになく深い眠りの毎日だった
  • 短時間でもぐっすり眠れて疲れがとれた
  • 以前にも増して、ものごとをありのままに見れるようになった
  • 第1チャクラと第2チャクラのエネルギーが整った
  • 子どもの頃の無邪氣さが戻ってきた
    etc...

ディクシャに加え、浄化と統合のエネルギーを加えたことで、不要なものを溜め込みにくくなり、ぐっすり眠れたり、ありのままな感じが戻ってくるようです。

詳細・お申し込みはこちら!

 

 

ブループリントリーディング

本来の自分(ありのままの自分)を知るために

ブループリントとは、今世生まれてくるときに決めてきた人生の設計図(計画)のことです。自分自身の意識の中の70%以上を占める無意識層のうち、魂にもっと近い部分に書き込まれているブループリント(現世での人生の計画)を読み、それと関連しているカルマや計画のうち、不要と思われるものを解除・解放、書き換えるワークになります。

このセッションでは、ブループリントに記された今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果および、ご自分で取り組んでいただかないといけないテーマがあればそれをメールにてお伝えいたします。

1セッション:リーディングのみ  12,000円
       ヒーリングのセット 17,000円

詳細・お申込みはこちら

インナーチャイルドリーディング

インナーチャイルドリーディングは、傷ついたインナーチャイルド(内なる子ども)の内容をリーディングし、傷の原因を探るものです。

誕生から成人するまでの期間をリーディングし、どの時期にどんなテーマを通してどんな傷が形成されていったのかを探り、それをお伝えいたします。

セッションを受けることにより、傷(抑圧された感情)が浮上してくるようになります。浮上してきた傷と向かい合うことで、その傷は癒され消えていきます。

また傷が無くなることで、人生の流れを滞らせていたブロックがなくなっていきます。

このセッションでは、浮上してきた傷をそのままにしておくのではなく、日々の生活の中で、それを癒していくことができるよう、遠隔ヒーリングと、オンラインビデオを使った誘導瞑想によるエナジーヒーリングをも行っております。

オンラインビデオは何回も視聴可能なので、感情が浮上してきた時にご利用下さい。抑圧された感情は一つだけではありませんので、何度も浮上してくると思います。その度にヒーリングを行っていただくことにより、楽に手放すことができるようになります。

1セッション:リーディングのみ  26,000円
       ヒーリングのセット 34,000円

詳細・お申込みはこちら

チャクラクリアリング&魂の甦りワーク

チャクラクリアリング&魂の甦りワークは、全身の主なチャクラをリーディングして、魂の状態、抱えているカルマや問題点、課題、それらの解決方法などを見ていくセッションです。

全身の主なチャクラをリーディングし、そこにブロックがあればそれを解放する遠隔ヒーリングを行います。

また、あなたの魂の本質やハイヤーセルフにアクセスし、そこからのメッセージをお伝えいたします。

更に、このセッションでは、あなたの本来の魂の目的や、魂の表現としての本来の自分らしさを発揮して生活して行くことができるよう、魂の甦りワークを組み合わせました。魂の甦りワークを受けた人からは、人生が変容し、良い方向へと動き出したという感想をいただいております。

チャクラクリアリングのワークと同時に行うことにより、その効果を十分に引き出すことができるのではないかと思います。

【ご注意】場合によっては、深層意識に封じている痛い経験や、見ないようにしてきたことをあぶり出すことになります。その場合、内容的にとても辛いものになることがございます。そういったものを受け取る覚悟のない方には、絶対にお勧めいたしません。
また、リーディングには1回あたり、3日間ほどの時間をかけて見ていきます。そのためお時間がかかりますことをあらかじめご了承ください。

1セッション:60,000円

詳細・お申込みはこちら

パートナーシップリーディング

パートナーシップリーディングは、男女を問わず、出会った人が自分の人生にどのような影響をもたらすのかということをリーディングしていくものです。

男女の出会いや、夫婦、友人、あるいはビジネス上の人との出会いなどを見ていくことができます。

主なリーディングの内容は次の通りです。

  • 二人の相性
  • 二人の学びのテーマ
  • 出会った意味
  • 今後の展開について
  • 二人の関係が発展する為に乗り越えなければならない課題

リーディングとヒーリングのセットや、相性診断のみのメニューも用意しております。

また、パートナーとの関係性を通して、自分自身の課題を知ることができるのも特徴です。

1セッション:リーディングのみ  10,000円
       ヒーリングのセット 15,000円

詳細、お申込みはこちら

ご案内

ざびえるは、メールによるリーディングセッションもおこなっております(^^)/

メニュー:

ブループリントリーディング

ブループリントに書き込まれた今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果をメールでお知らせし、必要ならば遠隔ヒーリングも行います。


ソウルメイトエンライトメント

パートナーとの関係性をベストな状態へ向かわせることを目的とした、リーディング、および遠隔ヒーリングのセッションです。現在のパートナーとの関係を良くしたいと望んでいる方や、まだパートナーがいないけれど、理想のパートナーやツインソウルに出会いたいと思っておられる方にお勧めです。


ツインレイ統合ワーク

魂の甦りのワークを応用した、ツインレイとの、出会いの加速、出会ってから結ばれるまでの加速、二人の取り組まなければならない課題の解決の加速を後押しするエナジーワークです。

 

21日間毎日遠隔ディクシャコース

ワンネス・ディクシャを遠隔で21日間連続してうけていただくことのできるコースです。ディクシャは、古来よりインドで行われ、目覚め(覚醒)や悟り(啓発)という目的に特化した高次のエネルギーを転送・転写することで、意識を高める変容を起こすものです。ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。


遠隔ヒーリング

今までリーディングのオプションになっていた遠隔ヒーリング。好評のため、それだけリピートしたいというリクエストが増えてきましたので、セッションメニューとして独立させました。根本的な部分をヒーリングしていくSandalphonの遠隔ヒーリングは、単にヒーリングというだけでなく、厄払い的な性質もあるようです。人生の流れを変えたい!と思っている方にはお勧めです。


タイムラインリーディング

現在のあなたの時間軸から、1年先のタイムラインの状態をリーディングいたします。現在のあなたの課題、問題、解決法、近々おきそうなことなどを見ていきます。


ヒーリング・ミュージック

Sandalphonでは、周波数にこだわった音楽作りをしています。これらの音楽は、主に瞑想、ヒーリング、各種セラピーなどにお使いいただけるように作られています。みなさまの日々のスピリチュアルライフにぜひご活用いただければ幸いです。


ライトワーカーセミナー

ライトワーカーセミナーは、漠然とした不安の中で生きているスターシードやワンダラーたちに気づきを与え、魂が本来持ってきた目的を思い出させ、そのもてる愛を最大限に発揮することができるように手助けするためのものです。Webコース開講中。

お断り

このメールマガジンを書いている私、柴田こと、さびえるは、過去にキリスト教会の牧師をしていた経験から、本文中に聖書の引用を行うことがあります。

それは、聖書の持つスピリチュアリティを認めているからです。

さびえる本人は、すでに宗教を卒業しております。本メールマガジンの内容は、いかなる宗教団体とも関係がありません。

バックナンバー
ざびえる(柴田廸) Spiritual Messenger
message@sandalphon.jp
05035752440

Sandalphon Healing Musics & Messages

https://www.sandalphon.jp/

MailerLite