Sandalphon Healing Musics & Messages

Love : 愛を実践する時が来ました!

Message from IC1805 The Heart Nebula

愛するとは、具体的に人を愛することです。あなたがたが肉体を纏って、この物質次元に生まれてきた一番の理由がそれです。

愛は形をもって、はじめてその意味を理解することができます。そして行為を通してその本質を学ぶことができるのです。

不思議なことに、宇宙はこのようなパラドックスでできています。あなた方が、最も不自由だと思うこの物質次元が、無限の愛の本質へ近づく一番の近道となっているのです。それはブラックホールの中心が別の宇宙へ展開していることと同じようなことです。すべてはまわり回ってつながっています。

いまこそ、あなたの愛を実行に移すと決意してください。大切なのは100%コミットすることです。 愛することとは、100%か0%かの選択です。50%だけ愛して、50%は愛さないという状態はありません。それは愛せない自分を弁護している言い訳にすぎません。100%愛していなければ、まったく愛していないのです。

ですから、まずコミットすることが大切です。私は100%愛そうと決意して下さい。声に出しても出さなくても結構です。そして、そうしようと意識してください。最初はできなくてもがっかりする必要はありません。なぜなら最初から愛することができれば、わざわざこの地上に生まれてくる必要などありません。ですから、愛せない自分を感じることができればまずは大成功です。

その自分を感じつつ、愛してみようと一歩一歩すすんでいくのです。 そうするとき、輝く新星のように、あなたのハートの中心から魂の光がわき起こるでしょう。

最初は短時間でも、100%愛している状態が実現します。 そしてそれを繰り返して行くことにより、その状態はより長くなっていきます。

愛することを恐れないで下さい。
愛せないことを恐れないで下さい。
それは学びと成長の為にあります。
決意をもってあなたの魂を信頼して下さい。

 

まもなくシリアに平和がおとずれます!

先日、ある信頼できる方から、一つの重大な情報が入ってきました。

それは7月29日に、平和の祈りが込められたドラゴンストーン(セプタリアン)が、シリア大使に手渡されたというニュースでした。

ただのパワーストーンがシリア大使に手渡されたから何?

と思われる方もいるかも知れません。しかしこの出来事は宇宙的に見ると、地球規模となる非常に大きな転換点となる出来事だったそうなのです。

このメッセージは、地球だけでなく他の惑星のアセンションをもサポートしている魂、根源神とつながりのある大霊能者の方からもたらされました。

(写真は実際に手渡されたもの)

この出来事により、シリアは今後、内戦が集結し平和に向かうこととなります。

これ自体はとても素晴しいことです。

しかし、そのことにより、それまでシリアが担ってきた役割を、どこか別の国が負わなければならなくなりました。

それが、日本です。

なぜならそれは、本来日本が担っていた役割だったからです。しかしそれは諸々の事情で、日本ではなく中東の国々が負ってくれていました。でもここへ来て、それは日本に返ってくることになったというわけです。

 

事実、7月29日を境に、日本を取り巻く政治状況は大きく変わり始めています。

例:

  • 中国 主席の権力強化
  • 北朝鮮 ICBMの発射実験 北海道沖に着水
  • 第三次安倍内閣発足
  • 北朝鮮に対する制裁強化の動き

などなど...

 

シリアの内戦の背景

シリアの内戦の背景は、簡単に言えば、アメリカと中国による、基軸通貨の覇権をめぐる代理戦争です。

基軸通貨を持つ国は、資本主義社会では事実上の世界の覇者です。基軸通貨を持つためには、最強の軍事力と安定した経済の2つの条件が必要であり、現在基軸通貨を持っているアメリカが、常に軍備増強と「強いアメリカ」を主張しているのには、そういった理由があります。

これに対して挑戦を仕掛けているのが中国です。

そこでアメリカは中国への間接的な経済圧力をかけるために、中東で紛争を引き起こし、その国や地域をアメリカの影響下に置くということを繰り返してきました。

シリアはまさにその最後の要となっているわけですが、ここへきてロシアが、中東からのアメリカ排除を仕掛けてきています。

シリアの攻略が難しくなれば、次に力を入れるのは当然、朝鮮半島と日本ということになります。

 

2017年が一つの山場だというメッセージをいただいています。

 

太平洋戦争の背景

8月6日は広島原爆の日、
8月9日は長崎原爆の日でした。

 

原子爆弾投下をめぐっても様々な憶測が飛び交っています。

たとえば、原爆は投下されたのはダミーで、実際の爆発は秘密裏に地上に設置された爆弾だったとか、

その背景には天皇がいるとか、

だから天皇はイルミナティーだとか...

 

まあ、噂は噂として、それを証明する手段もないわけですから、なんとも言えませんが、そういった陰謀論的な噂を理解する上で、欠かせないのが、「それをやって一番得するのは誰か?」ということです。

資本経済社会でおきる出来事を理解するための物差しは、「それでだれが一番儲かるのか」というものです。

太平洋戦争で一番得をしたのは、アメリカです。

太平洋戦争前に日本が中国などで行っていた戦争は、アジア圏からイギリスやフランスなどの西側諸国を追い出すことが目的でした。

それまで、世界の基軸通貨を持っていたのはイギリスであり、イギリスが事実上の世界の覇者だったわけです。

これに目をつけたのがアメリカだったわけです。実際日本は当初アメリカと戦争するつもりはまったくありませんでした。

でも、日本がアジア圏からイギリスを追い出した後、アメリカが戦争に勝てたらどうでしょう。

というわけで、アメリカはロシアを巻き込んで日本がアメリカに宣戦布告するように仕向けたわけです。

こうして太平洋戦争がはじまりました。

 

鳶に油揚げを攫われる

とはこのことで、結果的にイギリスは戦勝国になったものの、植民地の大部分を失い、以後不況に陥ってしまいました。そして基軸通貨はアメリカの手に渡ってしまいました。

 

そして終戦直前、広島と長崎に原爆が落とされたのです。

 

人が人を殺さなければ、生まれてくる必要もない

私は、ここ数日、日本が再び代理戦争の渦中に巻き込まれることについてと、日本が体験した太平洋戦争、そして原子爆弾が落とされたことについて、思いを巡らせていました。

日本への原子爆弾の投下は避けられる可能性もありましたが、そうはならなかったわけです。それには様々な理由があったと思います。

 

すると、私の脳裏に一つの言葉が降りてきました。それは、

「人が人を殺さなければ、生まれてくる必要もありません」

という言葉でした。

その言葉を聞いて、私ははっとしました。

人が生まれてくる一番の理由は、カルマの解消です。そしてそれは愛の行いを実践するということで成されます。

カルマのない人はわざわざ生まれてくる必要もありません。

 

地球ほど、こんなに人口の多い惑星はない

地球は銀河の中でも、特徴的な惑星ですが、その特徴の一つが、人口の多さです。

プレアデスにしても、シリウスにしても、実際に肉体を持って惑星に居住している人の数は、4、5千万人ぐらいです(肉体を持たない存在はもっとたくさんいますが)。それは他の惑星でも同じです。

彼らは地球人ほど多くのカルマを持っていないので、わざわざ肉体をもって生まれてくる必要性が、あまりないのです。惑星の環境維持などの役割をもっている魂だけが、肉体をもって生まれてきます。

これに対して、地球の人口は現在74億人ほどと言われていますが、これは他の惑星に比べて桁違いに多い数です。

これは、この星がそれだけ多くのカルマを負っている人がいるということを意味しています。

また、それは、人種や国家、地域、宗教などのグループにも表れています。人が集中するところは、それだけカルマの多い場所なのだとも言うことができます。

 

原子爆弾はアトランティス他のカルマ

日本は世界の縮図であるということを聞いたことがあると思います。

日本に原子爆弾が2つも落とされた背景には、アトランティスのカルマの解消というテーマがあったからです。

このカルマは遡ると次のようになっています。

 

広島と長崎での原子爆弾

ソドムとゴモラ滅亡のカルマ

アトランティス滅亡のカルマ

火星滅亡のカルマ

惑星マルデック滅亡のカルマ

オリオン・ベガのカルマ

アンドロメダ銀河に遡る...

 

ここで注目なのは、火星までは惑星規模での滅亡のカルマなのですが、アトランティスでは国家レベルに縮小され、ソドムとゴモラでは2つの小国で地域的なカルマにまでなっています。

そして日本では広島と長崎での原爆。しかも日本は滅亡することなく復興しています。

カルマは代を重ねる毎に小さくなっているのがわかると思います。

そしてついには、日本では滅亡すら回避できています。

 

何億年という膨大な時間をかけて、私たちはこれらのカルマを延々と解消し続けてきました。

そしていま、それがようやく完全に解消できる直前まで来ているということなのです!

 

※ちなみにソドムとゴモラは、現在の中東地域であり、ニビルからのカルマも絡んでいます。広島と長崎と同じく2つの地域という点が特徴で、これは代理戦争による覇権争いのカルマが関係しているのですが、それも述べ始めると話が長くなってしまいますので、それはまたいつか別の機会にご紹介したいと思います。

 

目を覚ましていなさい!

キリストは次のようなたとえ話をしました。

「そこで、天の国は次のようにたとえられる。十人のおとめがそれぞれともし火を持って、花婿を迎えに出て行く。そのうちの五人は愚かで、五人は賢かった。愚かなおとめたちは、ともし火は持っていたが、油の用意をしていなかった。賢いおとめたちは、それぞれのともし火と一緒に、壺に油を入れて持っていた。 ところが、花婿の来るのが遅れたので、皆眠気がさして眠り込んでしまった。

真夜中に『花婿だ。迎えに出なさい』と叫ぶ声がした。 そこで、おとめたちは皆起きて、それぞれのともし火を整えた。 愚かなおとめたちは、賢いおとめたちに言った。『油を分けてください。わたしたちのともし火は消えそうです。』 賢いおとめたちは答えた。『分けてあげるほどはありません。それより、店に行って、自分の分を買って来なさい。』

愚かなおとめたちが買いに行っている間に、花婿が到着して、用意のできている五人は、花婿と一緒に婚宴の席に入り、戸が閉められた。 その後で、ほかのおとめたちも来て、『御主人様、御主人様、開けてください』と言った。 しかし主人は、『はっきり言っておく。わたしはお前たちを知らない』と答えた。だから、目を覚ましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないのだから。」

マタイによる福音書25章1〜13節

 

「だから、目を覚ましていなさい。」とキリストは言いました。

目を覚ましているとは、自分のハートの声に従い、自分でものごとをよく考え、判断することを忘れないようにするということです。

自分に自信がない人は、他者の意見に左右されがちです。確かにその他大勢に紛れている方が、楽なことのほうがたくさんあるかもしれません。

「郷に入れば郷に従え」という言葉もあるように、全員右ならえしていれば、誰にも文句を言われないことでしょう。

しかしそれでは、ハーメルンの笛吹の物語と同じく、死ぬ時も一緒です。

それが良いとか悪いとかの話ではありません。

ただもし、アセンションへ向かいたいと思うのであれば、自らのハートの声に正直でいるという心構えが大切だということなのです。

 

最後の仕上げが始まります!

さて、話を元に戻しましょう。

今までシリアが担ってきた役割が、再び日本にまわってきたようだというお話です。

今後日本は、再び戦争の気配を感じながら過ごして行かなければなりません。

中国とアメリカによる覇権をめぐる代理戦争は中東からアジアへと舞台を移すことになります。

今後、日本を含めた世界情勢はどんどん変化していくことでしょう。

 

様々な出来事があるでしょうけれど、今後顕著になっていくことは、人口の減少です。

日本はこのまま何もなくても、2050年までには人口が現在の3分の一にまで減ると言われています。なにかあれば、その減少速度はもっと早まることでしょう。

どちらにしても、2035年〜45年の間に地球人口が半減するような出来事があるかもしれないと示唆されています。

それだけ聞くと、なにかとても恐ろしいことのようにも聞こえますが、宇宙的な視点で見ると、そんなに恐ろしいことでもありません。

なぜなら、カルマが解消され、アセンションへと向かう惑星の人口は減っていくのが宇宙の常識だからです。

74億人の地球人口は、最終的に他の惑星と同じく、4、5千万人ほどまで減少することでしょう。

 

今こそ愛を実践する時

地球を離れる魂は、大きく2つに分けられます。

ひとつはアセンションして、他の平和な惑星やアセンションした5次元の地球にいく魂。

そしてもう一つは、カルマの解消が仕切れていないので、他のカルマの多い惑星へ転生して、現在の続きを行う魂です。

地球を含む太陽系全体が、次元上昇に向かっていますので、カルマを多くもっている人々も、ここに残ることができません。

今後の時間軸で、地球に残っていく人々というのは、ある程度カルマの解消ができている、中間層の魂と言えます。

 

この最後の時期にあって、私たちができることは、ただひたすらに「愛を実践する」ということです。

優しさと、慈しみを表すこと

内なるネガティブな感情を克服すること

内なる光を輝かし、愛を表現すること

そして、具体的に人を助けること

 

このことが、私たちを次のステージへと導いてくれることでしょう。

 

21日間毎日遠隔ディクシャコース【8/25〜9/14】募集中

開催期間:8月25日〜9月14日の21日間

 

21日間、毎日遠隔でワンネス・ディクシャを受けていただくことのできるコースです。

ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。21日間コースでは、毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。

 

前回ディクシャを受けてくださった方からは、以下のような感想を頂いています(^^)

  • 毎日浄化が続いてすごかった
  • たくさんの氣づきがあった
  • 今までになく深い眠りの毎日だった
  • 短時間でもぐっすり眠れて疲れがとれた
  • 以前にも増して、ものごとをありのままに見れるようになった
  • 第1チャクラと第2チャクラのエネルギーが整った
  • 子どもの頃の無邪氣さが戻ってきた
    etc...


Ver.2より、浄化のエネルギーを加えたことで、やはり不要なものを溜め込みにくくなり、ぐっすり眠れたり、ありのままな感じが戻ってくるようです。

詳細・お申込みはこちらから!

人生に豊かさを引き寄せる・実践編 50%off モニターキャンペーン実施中!

このコースは、主に「お金」というテーマに触れながら、豊かさを妨げているブロックを外し、更には自分の人生に豊かさを設定するためのセルフヒーリングテクニックを、お伝えするものです。

「人生に豊かさを引き寄せる - 実践編」では、お金に関する思い込みや、受け取ることを妨げている感情的な理由に気づくためのワークを行い、自分の人生に豊かさ要素を設定するワークを行っていきます。また未来の自分にアクセスし、豊かになるために必要なアドバイスをもらったりと言ったワークも行います。

受講料:¥24,000¥12,000 モニターキャンペーン実施中!

もっと詳しく

受講はこちらから!

★人生のブループリントを知って楽に生きよう!

自分の人生の全体的な流れを知りたい方は、ブループリントリーディングがお薦めです!

・自分の魂の目的はなんだろうか?
・今体験しているこの人生の意味は?
・人生の全体的な流れを知りたい
・何を改善したらよりよい人生を生きれるのだろうか?

ブループリントリーディングはそのような疑問にお答えいたします。

お申込みはこちらから

★ツインレイ統合ワーク

ツインレイ統合ワークとは、受けた後の変化が大きいと好評の「魂の甦りのワーク」を応用した、ツインレイ同士の統合を加速させることを目的とした、統合のワークなんです。

また、現在お付き合いしているパートナーとの関係を改善したり、夫婦の関係を改善したりしたい場合も有効ですよー。

あと、これは隠しメニュー的にあるんですけど、ソウルメイト・エンライトメントならぬ、ツインソウル・エンライトメントという新メニューも始めてま〜す。こちらはあなたのツインソウルをリーディングしちゃおうってやつです...。興味のある人は探してみてねー(o^^o)

詳細・お申込みはこちらから!

ご案内

ざびえるは、メールによるリーディングセッションもおこなっております(^^)/

メニュー:

ブループリントリーディング

ブループリントに書き込まれた今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果をメールでお知らせし、必要ならば遠隔ヒーリングも行います。


ソウルメイトエンライトメント

パートナーとの関係性をベストな状態へ向かわせることを目的とした、リーディング、および遠隔ヒーリングのセッションです。現在のパートナーとの関係を良くしたいと望んでいる方や、まだパートナーがいないけれど、理想のパートナーやツインソウルに出会いたいと思っておられる方にお勧めです。


ツインレイ統合ワーク

魂の甦りのワークを応用した、ツインレイとの、出会いの加速、出会ってから結ばれるまでの加速、二人の取り組まなければならない課題の解決の加速を後押しするエナジーワークです。

 

21日間毎日遠隔ディクシャコース

ワンネス・ディクシャを遠隔で21日間連続してうけていただくことのできるコースです。ディクシャは、古来よりインドで行われ、目覚め(覚醒)や悟り(啓発)という目的に特化した高次のエネルギーを転送・転写することで、意識を高める変容を起こすものです。ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。


遠隔ヒーリング

今までリーディングのオプションになっていた遠隔ヒーリング。好評のため、それだけリピートしたいというリクエストが増えてきましたので、セッションメニューとして独立させました。根本的な部分をヒーリングしていくSandalphonの遠隔ヒーリングは、単にヒーリングというだけでなく、厄払い的な性質もあるようです。人生の流れを変えたい!と思っている方にはお勧めです。


タイムラインリーディング

現在のあなたの時間軸から、1年先のタイムラインの状態をリーディングいたします。現在のあなたの課題、問題、解決法、近々おきそうなことなどを見ていきます。


ヒーリング・ミュージック

Sandalphonでは、周波数にこだわった音楽作りをしています。これらの音楽は、主に瞑想、ヒーリング、各種セラピーなどにお使いいただけるように作られています。みなさまの日々のスピリチュアルライフにぜひご活用いただければ幸いです。


ライトワーカーセミナー

ライトワーカーセミナーは、漠然とした不安の中で生きているスターシードやワンダラーたちに気づきを与え、魂が本来持ってきた目的を思い出させ、そのもてる愛を最大限に発揮することができるように手助けするためのものです。Webコース開講中。

お断り

このメールマガジンを書いている私、柴田こと、さびえるは、過去にキリスト教会の牧師をしていた経験から、本文中に聖書の引用を行うことがあります。

それは、聖書の持つスピリチュアリティを認めているからです。

さびえる本人は、すでに宗教を卒業しております。本メールマガジンの内容は、いかなる宗教団体とも関係がありません。

バックナンバー
ざびえる(柴田廸) Spiritual Messenger
message@sandalphon.jp
05035752440

Sandalphon Healing Musics & Messages

https://www.sandalphon.jp/

MailerLite