Sandalphon Healing Musics & Messages

Unconditional Love : 無条件の愛・闇の中で闇を解放するということ

Message from NGC6240

よく考えてください、あなたが見ている光は本当に光でしょうか? あなたが見ている闇は本当に闇でしょうか?

宇宙はエネルギーで満たされています。何もない空間というものは存在せず、あらゆる場所は光で満ちています。

あなた方が光であるとか闇であるとか認識しているものは、単に周波数の違いであり、認識できないもの、理解できないものを闇と呼んでいるに過ぎません。エゴは理解できないものに恐れを感じてしまうものです。しかしそれは、単に理解できないのだということでしかありません。

光は愛です。闇も愛です。この宇宙には愛でないものは一つも存在しません。

あらゆるものの中に愛を見いだしてください。人格を超えた本質に目を向けてください。自分にとって損か徳かといった判断を手放し、あらゆる人を裁くことなく、ありのままを見つめてください。

受容とは理解し共感することです。すべての人に対し見返りを求めない無条件の愛をいだきましょう。

太陽はどんな人の上にも輝き、雨もまたどんな人にも降り注ぎます。宇宙は無条件の愛で満ちています。そしてあなたもその一部なのです。自らの内にある愛を感じてください。そしてその愛をすべての人に分け与えてください。

あなたもまた無限の存在なのですから。

 

闇が恐ろしいのはなぜか

「闇」というと、どのようなイメージを持っているでしょうか。

暗い、冷たい、光がない、恐ろしいといったイメージを連想する人が多いのではないかと思います。

実際は、闇そのものは、単に光がなくて暗い状態のことですから、それ自体が恐ろしいわけではありません。

しかし、闇は光がないので、なんでも隠れることができます。隠れているものが、よいものか悪いものかがわからないので、不安を感じてしまうのです。

つまり、闇が恐ろしいのは、闇から連想させられるものに恐ろしさを感じてしまうからなのです。

この闇から連想するものを、アーキタイプと呼びます。

アーキタイプとは、集合意識の領域にある、共有された共通イメージのことであり、それにはポジティブなものもネガティブなものも、ありとあらゆるものがあります。

私たちは、それぞれが自分が体験している世界を創造しているわけなのですが、共有されている現実というのも沢山あるわけです。例えば、街に出れば沢山の人がいます。みなそれぞれの現実を作りながら、同じ街にいて、生活しているわけです。ここでは、街が共有のイメージであり、アーキタイプであるわけです。

このように、集合意識によるアーキタイプは身の回りに無数に存在します。

そして、闇に感じる恐ろしさもまた、アーキタイプによるものなのです。

妖怪、悪霊、妖精はアーキタイプが創り出す

以前から、妖怪や悪霊、妖精などには、地域差があるということが気になっていました。アーキタイプを理解するとその謎の答えが見えてきます。

 

その昔、私がキリスト教の牧師になろうとして勉強していた時のことですが、「エクソシズム(悪霊退治)」のクラスというのがありました。

キリスト教の派にもよりますが、天使と同様に悪霊が実在すると信じている派もあります。彼らにとっては悪霊の存在は事実なので、実際に悪霊と遭遇します。

 

そもそも、悪霊、妖怪、妖精などの霊的な存在はどのように生まれてくるのかということですが、一つは人間の意識が生み出すエレメンタルという霊的なエネルギー体が大きな要因の一つです。

人間もまた神の子なので、創造の力を持っています。人が何かをイメージすると、それはうっすらとしたエレメンタルとなって空中を漂います。それが一つだけならば、大抵は何の影響もありません。

しかし、同じイメージを多くの人が持ったらどうなるかというと、同じエレメンタルがたくさんできることになります。そして同じエレメンタルは融合して大きくなり、力も増していきます。ある程度大きくなるとそれは、ある種の意思を持った霊的な存在へと成長していくのです。

例えば、ある幹線道路で悲惨な交通事故が連続して起きた例を挙げてみましょう。もう何年も前のことですが、実際にそのような事故が起きたことがありました。関東地方のある国道で、トラックが轢いた人をそのまま何キロも引きずったまま走行したという事故がありました。この事故はニュースで大々的に報道されたり、様々な話がネットで拡散され、「あの道路で悲惨な事故が起きた」ということが多くの人に知れ渡ることとなりました。

するとどうでしょう、その後同様のひき逃げ引きずり事故が、同じ幹線道路沿いで何件も発生したのです。一時は呪われた道路とさえ噂されました。

これはメディアの報道やネットの拡散によって、多くの人が同じイメージを抱いてしまったことによって発生したエレメンタルが大きく関係している例です。この時発生したエレメンタルは、まるで地縛霊のように働いて、同様の事故を誘発させた例です。

実は、妖怪、悪霊、妖精、天使などもこれと同じ原理が働いている例です。

といってもすべてがエレメンタルということではありません。これらの誕生にはもっと様々な要素が影響しあっています。

もともとそこに住んでいた5次元的な存在たちが、エレメンタルと融合することで、妖怪、悪霊、妖精などになっている場合もありますし、天使とひとことで言っても様々です。

また神社などに行けば、神と崇められているものの中にも、人間が創造したエレメンタルから、5次元存在とエレメンタルの融合した者、元から高次元の存在など様々です。

神様を祀ってそれをたくさんの人が崇めていると、それは本当に神様になるということなのです。

この原理を理解していたのが、徳川家康でした。彼は自分が生きているうちから東照宮を建てて神として崇めるようにさせました。そうすると徳川家康にそっくりのエレメンタルが出来上がるわけです。そして家康がいよいよ亡くなったとき、彼の霊はそのエレメンタルと融合することで(自分とそっくりなので融合も簡単)、400年もの間、徳川幕府を守り続ける守護霊となることができたのです。

余談になりましたが、このように人間の持つ集合意識の力というものは、悪霊のみならず神*まで創り出してしまうということなのです。

※注:この神はあくまでも人間に近い次元の存在です。

唯物主義と闇への怖れ

こういうわけで、人間の集合意識は、闇に潜む様々な恐怖のイメージを創り出し、それらは私たちの深層心理の奥深くに、連綿と受け継がれてきています。

そのため、闇を見た時に、私たちの多くは自然と恐れを感じてしまいます。

しかしよく考えてみると、闇そのものに問題があるわけではありません。それはただ単に光のない場所でしかありません。

恐れの原因は闇の中にいる存在が見えないということです。もし隠れているものが、悪い存在だったらどうしよう? という不安から来る恐れです。

見えないものを畏れる、畏敬の念を持つということは、昔から人が持っている性質の一つです。

しかし時代が唯物主義的になってきてからは、見えないものに対する畏敬の念は薄れていきました。

そしてそれに反比例するように、闇に潜むものへの恐怖が増大していくこととなりました。

闇だから隠せる

闇というのは光の当たらない場所です。だから、いろんなものを隠して置いたり、留保しておける場所にもなります。

そう考えていくと、闇そのものは別に悪いものでもなんでもないことがわかります。

私の住んでいる熊本県でも、さつまいも(唐芋)が盛んに栽培されていますが、土の中に貯蔵庫を作り、収穫した芋を貯蔵しています。光が当たらず、一定の温度と湿度が保たれた状態で、芋の鮮度を保つことができるからですが、それと似たようなものなのです。

人は隠したいものや、しまいこんでおきたいものがある時、それを人目につかないところに置きます。それはどこか光の当たらない場所だったり、地面の下だったりするわけです。

心の問題も同じで、隠しておきたい記憶や、知られたくない考えなどがある場合、人は自分の心の中に闇を作り出します。そしてそこに隠すのです。

 

光と闇は性質の違う愛

光というのは、強いエネルギーです。

光は様々なものを照らし出します。

つまり、

  • 光はものごとを明らかにします。

  • 光の下では隠し事ができません。

  • 光の下では言い逃れができません。

  • 光は、しばしばものごとを変化させる力となります。

そういう意味で、光はとてもパワフルだし、厳しくもあります。

光が正義に例えられるのはそのような性質を持っているからです。

これに対して闇はすべてを覆い隠していきます。

そのため、

  • 闇の中では隠し事が許されます。

  • 闇の中では良いものも悪いものも、すべて判断なく存在可能です。

  • 闇の中では、悪人さえも安心感を得られます。

  • 闇の中では、誰もが身を潜め安全を保つことができます。

そういう意味では、闇というのは、究極の許しであり、恐れを抱えている人にとっては安らぎの場所でもあります。闇と言うのは、神の優しさでもあるのです。

別の例えで言えば、

 光 = 神の慈愛

 闇 = 神の慈悲

となるかも知れません。

人は誰でもその心の内に光も闇も持っています

自分というものに目を向けていった時、自分の中にも光の部分と、闇の部分があることに気づきます。

人はみな、大なり小なり恐れや罪悪感を抱えています。

それらの恐れや罪悪感は心の闇の中にあります。

隠しておきたいこと、

嘘をついているもの、

恐れからこだわっていたり執着しているもの、

怒り、

恨み、

つらみ、

妬み、

悲しみ、

満たされない思い、

などなど...

これらはみな、心の闇の中に隠され、存在することが許されています。

 

あなたは赦されています

そう考えると、私たちはみな、神*によって赦されているのです。

聖書の中でキリストは、

「あなたの罪は赦された」

と宣言しています。

そして「神の子が罪の赦しの権威を持っていることがわかるように」と言って、病人を癒す奇跡を行います。

キリストが、癒しや復活の奇跡を行ったのは、「私たちが神に赦されている」ということを証明する為に行っていたのであり、癒しそのものが目的ではありませんでした。その理由は、病が癒やされた人も、死から甦った人も、やがては年老いて死んで行ったからです。病の癒しは一時的なものに過ぎません。

もっと大切なことは、

私たちがみな、神によって赦されているという事実です。

 

「私」が神から分離した時、「私」は根源的な罪悪感を抱えてしまいました。

しかし、神は、そんな私たちを赦してくださっています。

悟りとは、私たちが抱えている根源的な罪悪感が、幻想であるということに気付くことでもあります。

そのことに気づいた時、私たちはみな神の元へと帰っていくことができるのです。

 

※ここでいう神は根源的な神のことを意味します。

 

21日間毎日遠隔ディクシャコースVer.2【3/25〜4/14】

3月25日開始分受付中!

開催期間:3月25日〜4月14日の21日間

募集締め切りは3月25日です!

21日間、毎日遠隔でワンネス・ディクシャを受けていただくことのできるコースです。

ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。21日間コースでは、毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。

前回ディクシャを受けてくださった方からは、以下のような感想を頂いています(^^)

  • 毎日感情の浄化やデトックスが続いてすごかった
  • 2週間ぐらいでおさまって今はスッキリ軽やかに!
  • たくさんの氣づきがあった
  • 今までになく深い眠りの毎日だった
  • 短時間でもぐっすり眠れて疲れがとれた
  • 以前にも増して、ものごとをありのままに見れるようになった
  • 第1チャクラと第2チャクラのエネルギーが整った
  • 子どもの頃の無邪氣さが戻ってきた
    etc...

ディクシャに加え、浄化と統合のエネルギーを加えたことで、不要なものを溜め込みにくくなり、ぐっすり眠れたり、ありのままな感じが戻ってくるようです。

お申込みはこちら

インナーチャイルドリーディング

リーディング&ヒーリングセット 1セッション 24,000円 [前払い制]

・リーディングのみ 1セッション 16,000円
・ヒーリングのみ  1セッション 8,000円

辛口度:5

インナーチャイルドリーディングは、傷ついたインナーチャイルド(内なる子ども)の内容をリーディングし、傷の原因を探るものです。

誕生から成人するまでの期間をリーディングし、どの時期にどんなテーマを通してどんな傷が形成されていったのかを探り、それをお伝えいたします。

セッションを受けることにより、傷(抑圧された感情)が浮上してくるようになります。浮上してきた傷と向かい合うことで、その傷は癒され消えていきます。

また傷が無くなることで、人生の流れを滞らせていたブロックがなくなっていきます。

このセッションでは、浮上してきた傷をそのままにしておくのではなく、日々の生活の中で、それを癒していくことができるよう、遠隔ヒーリングと、オンラインビデオを使った誘導瞑想によるエナジーヒーリングをも行っております。

オンラインビデオは何回も視聴可能なので、感情が浮上してきた時にご利用下さい。抑圧された感情は一つだけではありませんので、何度も浮上してくると思います。その度にヒーリングを行っていただくことにより、楽に手放すことができるようになります。

3月末まで、モニターキャンペーン実施中!

お申込みはお早めに!

インナーチャイルドリーディング開始キャンペーンとして、3月末まで、モニターキャンペーンを開催します!

  • インナーチャイルドリーディング&ヒーリングセット
    通常価格:24,000円20,000円!
  •  
  • インナーチャイルドリーディングのみ
    通常価格:16,000円12,000円!

 

★ モニターキャンペーンでは、セッション後、皆様からの感想文をいただいております。いただいた感想文は、Sandalphonのホームページや、ブログなどで紹介させていただきます。

★ 同意してくださる方は、以下のボタンをクリックしてお申し込み下さい。

リーディング&ヒーリングセットのお申込み
インナーチャイルド・リーディングのみのお申込み

パートナーシップリーディング 好評開催中!

パートナーシップリーディングは、男女を問わず、出会った人が自分の人生にどのような影響をもたらすのかということをリーディングしていくものです。

男女の出会いや、夫婦、友人、あるいはビジネス上の人との出会いなどを見ていくことができます。

主なリーディングの内容は次の通りです。

  • 二人の相性
  • 二人の学びのテーマ
  • 出会った意味
  • 今後の展開について
  • 二人の関係が発展する為に乗り越えなければならない課題

リーディングとヒーリングのセットや、相性診断のみのメニューも用意しております。

詳細、お申込みはこちら

エンパス・エンパワーメント

エンパスのためのセルフヒーリングテクニック

エンパス・エンパワーメントコースは、エンパスの方々が毎日元気に生活するための、セルフヒーリングのテクニックを伝授するコースです。
・溜まってしまった不要なエネルギーを抜いていく方法
・自分の中心に留まる方法
・オーラの浄化の方法
などを、実践しながら学ぶことができます。

また受講中、受講者には遠隔によるエナジーヒーリングが起きるよう意図してあります。ビデオを視聴することで深い癒しを体験していただくことができます。

受講料:¥12,000

クレジットでの受講
銀行振込での受講
詳細はこちらから

SS健康法セルフアチューメントコース

胃と骨盤を元に戻して健康になろう!

このコースでは今話題のSS健康法を自分で習得することができます。
伝授会に参加したいけれど時間がない、近くで伝授会が開催されていない、伝授会で習った内容をビデオを見ながら復習したいなどのご要望にお応えいたします。

また、一般的なSS健康法の伝授会ではさらっとしか触れない、アンドロメダ銀河との繋がり方を詳しく解説し、誘導瞑想によるアチューメントをいたしますので、伝授を受けるのと同じく、SS健康法のヒーリングができるようになります。

初めてSS健康法に触れる人も、すでに伝授を受けたけれど、アンドロメダ銀河との繋がりをもっとしっかりしたいと望む方にもお勧めです。

受講料:6,000円

クレジットでの受講
銀行振込での受講
詳細はこちらから!

ご案内

ざびえるは、メールによるリーディングセッションもおこなっております(^^)/

メニュー:

ブループリントリーディング

ブループリントに書き込まれた今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果をメールでお知らせし、必要ならば遠隔ヒーリングも行います。


ソウルメイトエンライトメント

パートナーとの関係性をベストな状態へ向かわせることを目的とした、リーディング、および遠隔ヒーリングのセッションです。現在のパートナーとの関係を良くしたいと望んでいる方や、まだパートナーがいないけれど、理想のパートナーやツインソウルに出会いたいと思っておられる方にお勧めです。


ツインレイ統合ワーク

魂の甦りのワークを応用した、ツインレイとの、出会いの加速、出会ってから結ばれるまでの加速、二人の取り組まなければならない課題の解決の加速を後押しするエナジーワークです。

 

21日間毎日遠隔ディクシャコース

ワンネス・ディクシャを遠隔で21日間連続してうけていただくことのできるコースです。ディクシャは、古来よりインドで行われ、目覚め(覚醒)や悟り(啓発)という目的に特化した高次のエネルギーを転送・転写することで、意識を高める変容を起こすものです。ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。


遠隔ヒーリング

今までリーディングのオプションになっていた遠隔ヒーリング。好評のため、それだけリピートしたいというリクエストが増えてきましたので、セッションメニューとして独立させました。根本的な部分をヒーリングしていくSandalphonの遠隔ヒーリングは、単にヒーリングというだけでなく、厄払い的な性質もあるようです。人生の流れを変えたい!と思っている方にはお勧めです。


タイムラインリーディング

現在のあなたの時間軸から、1年先のタイムラインの状態をリーディングいたします。現在のあなたの課題、問題、解決法、近々おきそうなことなどを見ていきます。


ヒーリング・ミュージック

Sandalphonでは、周波数にこだわった音楽作りをしています。これらの音楽は、主に瞑想、ヒーリング、各種セラピーなどにお使いいただけるように作られています。みなさまの日々のスピリチュアルライフにぜひご活用いただければ幸いです。


ライトワーカーセミナー

ライトワーカーセミナーは、漠然とした不安の中で生きているスターシードやワンダラーたちに気づきを与え、魂が本来持ってきた目的を思い出させ、そのもてる愛を最大限に発揮することができるように手助けするためのものです。Webコース開講中。

お断り

このメールマガジンを書いている私、柴田こと、さびえるは、過去にキリスト教会の牧師をしていた経験から、本文中に聖書の引用を行うことがあります。

それは、聖書の持つスピリチュアリティを認めているからです。

さびえる本人は、すでに宗教を卒業しております。本メールマガジンの内容は、いかなる宗教団体とも関係がありません。

バックナンバー
ざびえる(柴田廸) Spiritual Messenger
message@sandalphon.jp
05035752440

Sandalphon Healing Musics & Messages

https://www.sandalphon.jp/

MailerLite