Sandalphon Healing Musics & Messages

Appreciation:感謝

真の超越的な許し

Messages from Hoag's Object

すべてのことのついて感謝しましょう。感謝することは愛のエネルギーを向けることであり、それは壮大なる宇宙の力を行使することになります。

 

感謝とは、愛であり、肯定であり、受容であり、和合であり、慈悲であり、謙遜であり、喜びであり、賛美です。

また感謝とは、与えることであり、受け取ることであり、相互のエネルギーのバランスが取れている状態です。

 

すべての事柄、ものに感謝の念を送りましょう。また言葉に出して表現しましょう。 感謝は癒しをもたらします。また感謝は奇跡を起こします。 心から感謝して生きることが、宇宙の波動と調和して生きることです。

 

人には感謝を行使する特権が与えられています。

それは宇宙の無限のエネルギーを用いることができるという意味です。

 

もし感謝することが見つからないと言うのであれば、今日一日の出来事を、事細かに書き出してみましょう。感謝できることが必ずあるはずです。

それでも見つからないと言うのであれば、生きていることを感謝しましょう。

生きていることそのものが奇跡だからです。

それでも感謝を感じることができないと言うのなら、そうできない自分をしっかりと感じてみましょう。

感謝できない自分がいるのだと...

 

大丈夫です。

どんなときにも、私はあなたを見守り、導いています。

あなたの存在に感謝します。

ありがとうございます。

 

許しとは、傲慢さの表れである

キリスト教文化の中で育った私が、とてもショックを受けた言葉がありました。それは、

「許す必要はない。許しとは傲慢さの表れだからである」

というものです。

これはとある著名なメンターの言葉です。

彼の説明によれば、許しというのは、許す、許さないという、二元性の原理の上にある概念であるということです。

つまり、許す方は、許される方に対して、「自分は正しい、あなたは間違っている」、あるいは「自分は良い(善)が、あなたは悪い」という立場から、「あなたを許します」と言うわけで、それは傲慢さ以外のなにものでもないということなのです。

キリスト教に学び、教会の牧師にまでなった私にとって、この言葉は、大変な驚きと同時に、頭を殴られたようなショックでした。

キリスト教では、

「七度の七十倍ゆるしなさい」

というキリストの教えが有名です。

当時のユダヤ教の教えの中に、同じ人から何か良くないことをされても三回までは許しなさいというものがあったと言われています。

ある時弟子の一人が、キリストに尋ねました。

「罪を犯した人がいたら何回許せばいいのですか? (一般では三回まで許せと教えられていますが)七回までですか?」

この弟子は多めに見積もって七回と言ってみたのですが、それに対してキリストは、七回の七十倍許しなさいと教えました。

ユダヤにおいて数字には意味があるのですが、7という数字は神の完全さを意味していました。それを70倍しなさいというメッセージには、「限りなく許しなさい」という意味が込められていたのです。

 

限りなく許すことはできるのか?

もしあなたに対してひどいことをする人がいて、あなたはその人を限りなく許すことができるでしょうか?

 

おそらく「自分は正しい、向こうが間違っている」とか、「自分は悪くない、向こうが悪い」「私は被害者だ、向こうが加害者だ」と思っている限りは、無制限に許すことはできないと思います。

仮に許せたとしても、何らかの条件がついた「条件付きの許し」になるのではないかと思います。

もちろん条件付きであったとしても、相手を許し、怒りや恨みのエネルギーを注ぐことをやめるのであれば、そのことがもたらす恩恵には計り知れないものがあります。

条件付きであっても、許さないよりは、遥かにましなのです。

限りなく許すことは、「無条件の許し」と言い換えることができるでしょう。

無条件の許しをもたらすものは、無条件の愛です。

これらのものは、二元性の概念を超えたところにあるものです。

分離された自己

人が何らかの理由で、愛に満ちた状態から、バランスを崩してしまうと、それまで統合されていた一つの私の中に、「自己正当化」と「自己卑下」という2つのペルソナを作り出してしまいます。

ペルソナとは、人格や性格の元となるものであり、その人の価値観や判断基準です。

これは主に恐れの感情がもたらすものですが、その原因のほとんどはカルマによって受け継がれてきたものです。

心理学者のアドラーは、性格は自分で作り出したものだと説きましたが、その理由は、性格の大元が、恐れの感情によって作り出されているからなのです。

 

恐れの感情による時間の創造

恐れの感情は、数々のペルソナをも生み出しますが、同時に、過去と未来をも創り出します。

過去は記憶で構成され、その根底には感情があって、主に「罪悪感」という感情が支配しています。

未来は想像によって構成され、同じくその根底には感情があり、「恐れ」によって支配されています。

私達の本来の愛に満ちた魂は、時間や空間に支配されない「いま、ここ」にある存在です。

しかし、過去や未来を創り出すとき、私達のもっている潜在的なエネルギーは浪費されています。

過去や未来は、私達一人ひとりの心が創り出している概念でしかないからです。

こうして人は、恐れの感情によって統合された状態を見失い、自己を分離させ、時間を創り出し、ただ純粋に「今、ここ」にいることができなくなってしまいました。

このことが真理への帰還を難しくしています。

自分たちが創造した時間の世界の中で、延々と輪廻を続けているのはそのためです。

六道輪廻からの解脱を願う六角堂(回転する六地蔵尊)
(群馬県渋川市・水澤寺)

 

では、分離された自己を統合し、今ここに在り続けるにはどうしたらよいのでしょうか。

 

二元性を超えた概念を体現する

この二元性の世界にあっても、二元性を超えた統合された生き方を実践することは可能です。

そして二元性を実践している人々の特徴は以下のとおりです。

  • 判断を手放す
  • 喜びと悲しみを受け入れる
  • すべてのことに感謝する

このことを実践することが、無条件の愛、無条件の許しに至り、また解脱へ至る道です。

 

判断を手放す

判断というものは、自分が得するか損するか、益があるかないか、害があるかないかといった、基準でなされるのがほとんどです。そしてそれは自分が損をしないようにといった恐れからくるものです。

恐れの感情に支配されている人は、何に対してもこういった判断をします。

恐れを手放すことの第一歩は、判断を手放してみるということから始まります。

 

喜びと悲しみを受け入れる

「悲」という漢字には、「悲しい」という意味と同時に、「恵み」という意味もあります。悲しいさと、恵みが一緒にあるのが、「悲」であり、いつくしみという意味の「慈」と合わせて「慈悲」と書きますが、単に苦を取り除いて楽になるということではなく、そこにこそ神の恵みがあるのだという深い教えです。

実際、悲しみの伴わない幸せはありませんし、幸せの伴わない悲しみもありません。

人は悲しみを感じるからこそ、幸せを感じられるのであり、また幸せだからこそ、悲しみを体験することができるのです。

それらは陰陽の如く、セットであり、どちらも切り離して存在することはできません。

善悪も同じですし、光と闇も同じです。

苦痛と快楽も同じです。

苦痛を感じている人は、それと同じだけの快楽を感じているはずですし、快楽を感じている人も、それと同じだけの苦痛を味わっています。

どちらか片方だけに偏っているように感じるのは、単なる錯覚であり、一方にフォーカスしているだけだからです。

要するに、ここでも損得の判断や、恐れの感情が、一方だけにフォーカスするように働いているに過ぎません。

苦痛を感じている人は、その状態に居続けるメリットを感じています。それがあまりに無意識なので、自分でも気づかないでいるのですが、もし、本当に苦痛しか感じないのであれば、そこから真っ先に逃げるでしょう。熱いお湯に誤って手を突っ込んだら、瞬間的に手を引くように、逃げ出すはずです。

しかし、そうしようとしないのは、苦痛と同じだけの快楽や、なにかメリットや得することがあるからに他なりません。

その事実に気がついたとき、双方のバランスを取ることができるようになってきます。

そこそこの快楽と苦痛で十分だと思えるようになってくるのです。

平和とはバランスです。

 

すべてのことに感謝する

「私はあなたを許します」と言う時、あなたはあなたに対して「申し訳ありません」「ごめんなさい」という人を引き付けているということに気づいているでしょうか。

つまり「許します」「申し訳ない」の土台には「罪悪感」があるのです。

罪悪感は過去に生じた未完了の感情であり、自分への嫌悪感です。

「自己正当化」と「自己卑下」は光と闇と同じようにセットなのです。

  • 許します = 自己正当化
  • 申し訳ない = 自己卑下

しかしこれは罪悪感がもたらす感情の裏表でしかありません。

許す人は罪悪感を感じている人を引き寄せ、哀れな罪人は許してくれる人を引き寄せます。

被害者と加害者も全く同じ関係です。

  • 被害者 = 許す人
  • 加害者 = 許される人

あなたが誰かを許そうという傲慢さを持っている限り、加害者を引き寄せ続けます。

加害者も同じく、自分を許してくれる人を求めて、罪を犯し続けるのです。

 

このようなことに気づき、自分の中にある、たくさんのペルソナ、判断、価値観に気が付き、分離しているそれらのものを受け入れられるようになってくると「統合」がおきてきます。

分離しているものが統合し始めると、二元性を超えることができるようになってきます。

つまり、許すとか許さないを超えた状態。

許しを超えた状態こそが「感謝」です。

 

幸せにも不幸せにも、喜びにも悲しみにも、苦痛にも快楽にも、ありとあらゆることに感謝できる状態こそが、真の超越的な許しの状態、つまり「無条件の許し」「限りない許し」です。

 

この世界は学びのためにある

「この経験を授けてくれてありがとう」

これがこの世界の歩き方の極意です。

私たちが、様々な人と出会い、その関係性の中で、楽しいことも悲しいことも体験するのは、その経験を通して、自分が見ないようにし、愛してこなかった部分に気づかせてくれ、しかも愛する機会までも与えてもらい、自らの内でバラバラになっていたペルソナを統合する機会を得るためです。

感謝し愛することを通して、カルマはなくなります。

感謝し愛することを通して、分離が統合されていきます。

感謝し愛することを通して、魂は解脱に導かれます。

 

出会ってくれて、ありがとうございます。

この経験を授けてくださり、ありがとうございます。

愛する機会を与えてくださり、ありがとうございます。

 

今年もやります! 新春タイムラインリーディングキャンペーンのお知らせ

毎年恒例の、タイムラインリーディングキャンペーンを行います。通常よりもお得な価格で、2018年の1年の流れをリーディングしてみませんか!

キャンペーン価格

タイムラインリーディングのみ
通常価格10,000円7,000円

タイムラインリーディング+ヒーリングセット
通常価格15,000円12,000円

 

リーディング内容は、2018年1月から12月までの1年間の流れと、ハイヤーセルフからのメッセージとなります。

受付順にリーディングしていきますので、混雑の場合はリーディング結果をお伝えするのが遅くなっていきますが、その点ご容赦下さいますようお願いいたします。

受付開始は12月5日 午前10時からの予定です!

詳細・お申込みはこちらをクリック!

ベストパートナーを引き寄せるワーク【Webコース】開講中!

ベストパートナー/ツインソウルと出会い、愛に満ちた人生を引き寄せる

ただいまお得な公開キャンペーン中!(2018年3月末まで)

ベストパートナーやツインソウルと出会える人とそうでない人との間にはどんな違いがあるのでしょうか?

2012年以降、地球を取り巻くエネルギーの質がどんどん高くなっています。時代は魚座から水瓶座へと変わり、男性性から女性性の時代へと変わろうとしています。そしてまもなく太陽系全体がアセンションしていくことでしょう。

次元上昇に伴い、この3次元世界における最後の学びの仕上げとして、ベストパートナーやツインソウルと出会う魂が増えています。それは次の次元へと移行していくための、魂の統合のプロセスでもあるからです。

そういうわけで今、すべての人に、ベストパートナーやツインソウルと出会う機会が訪れています。

はっきり申し上げましょう、あなたのベストパートナーやツインソウルは必ずいます。

しかし、ベストパートナーやツインソウルと出会えた人がいる一方、未だに出会えていない人もいます。その違いはどこにあるのでしょうか。

理由1:本気で出会いを望んでいない

ひとつは、本気で出会いを望んでいないということです。もちろん、意識上では出会いを望んでいるのは間違いないでしょう。しかし無意識に出会いを拒否している場合もあるのです。
理由は人それぞれですが、例えば...

  • 両親が仲が悪く幸せな結婚のイメージがわかない
  • 過去の恋愛で痛い思いをしている
  • 経済的理由で家庭を持つ自信がない
  • 自分に自信がない

などといった理由があるかも知れません。
宇宙はあなたの本心からの望みを具現化しますから、無意識的に出会いを望んでいないのであれば、その願いは叶うはずもありません。

理由2:お付き合いしてもうまくいかない

ベストパートナーやツインソウルだと思ってお付き合いしてもうまくいかない場合もあります。最初はあんなに意気投合して、愛し合い、この人こそ運命の人だと思っていたのに、時間が経つにつれてうまくいかなくなり、結局別れてしまったり、なんだかズルズルと煮え切らない関係が続いていたりする人もいます。

そうなってしまう一番の理由は、相手がベストパートナーやツインソウルだと、確実にわかる方法を知らないということと、そこに至るまでの踏むべきステップを知らないということです。

実は、ベストパートナーやツインソウルと出会い、うまくいっているカップルというのは、この出会いと相手を見極めるためのステップを、無意識のうちにおこなっているのですが、本人たちはそれに気づいていないので、彼らに「どうして出会えたのか?」と聞いても、運命が二人を引き寄せたとか、偶然に出会えたとか、つきあってみたら運命の人だとわかった...などという曖昧な答えしか返ってきません。
(生まれつき運動神経がよくて、簡単にバク転のできる友人に、どうしたらそれができるようになるのか聞いても、うまく説明できないのと同じです。見よう見まねでやったらできちゃったんだとしか言わないでしょう。)

そのため、ベストパートナーやツインソウルとの出会いは、運命や奇跡の結果であるという神話がまことしやかに広まってしまっているのです。

確かに二人の出会いは運命かも知れません。人は生まれてくる前に、おおまかな人生の計画を立てて生まれてきます。もちろんその中にはベストパートナーやツインソウルとの出会いも含まれています。しかし、必ずしもそのようにならないのが人生です。人生計画には自由に変更可能な部分も含まれていますので、人生の流れや成り行きによっては、当初の計画通りにはなりません。

そういうわけで、せっかく出会いを計画してきたのに、のがしてしまう可能性もあるのです。

出会いのステップを学び、ベストパートナーやツインソウルを見極められる力を身につけよう

このコースでは、ベストパートナーやツインソウルと出会えた人たちが、無意識の内に行っているプロセスを、出会う前のステップと、出会えた後のステップという形で、順を追って学ぶことができるようになっています。

まず、出会う前のステップを学んで実践すれば、ベストパートナーやツインソウルと思われる候補者たちに出会うことができるようになります。すでにお付き合いしている人がいるけれど、その人がベストパートナーやツインソウルかどうかわからないという人も、ぜひこのステップを学んで下さい。このステップはベストパートナーやツインソウルを見極めるための基礎でもあります。

いよいよ出会うことができたら、出会ってからのステップを実践して下さい。もちろん、すでにお付き合いしている相手がいる人も実践することができます。そうすることによって、その相手がベストパートナーやツインソウルかどうかが、はっきりとわかるようになります。

また、このワークを実践していれば、もし相手がベストパートナーやツインソウルではないとわかった時には、傷ついたり裏切られたりすることなく、平和に別れることができ、お互いに次の出会いに備えることができます。

さらに、このコースでは、学びの最後に、ベストパートナーやツインソウルを引き寄せるためのエクササイズを用意していますので、それを実践することで、出会いまでの時間を加速させることができるようになっています。

求めよ、そうすれば与えられます

「求めよ、そうすれば与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見出すであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見出し、門をたたく者はあけてもらえるからである。」(キリストの言葉)

宇宙は常に、私たちの願いを叶えてくれています。
問題は、自分で自分の本心からの願いを把握していないということです。

どんなにベストパートナーやツインソウルと出会いたいと望んでいても、無意識のうちに拒否していれば、出会うことはできません。

つまり、意識と無意識が分離してしまっている自分がいるという認識こそが重要になってきます。
望んでいるのに叶わないのは、望んでいない自分もいるのだということを認めることが大切なのです。
そこから「なぜ」が始まります。
そしてその理由と向き合えば、問題は消えていきます。

このコースを通して、ベストパートナーやツインソウルと出会い、愛で満ちた人生を引き寄せませんか。

プログラム内容

はじめに
・はじめに

出会う前の2つのステップ
・ステップ1
・ステップ2
・4つの惹かれ合う要素

出会ってからの4つのステップ
・ステップ1
・ステップ2
・ステップ3
・ステップ4
・交際中のセックスについて

エクササイズ
・ベストパートナーを引き寄せるエクササイズ
・ベストパートナーを引き寄せるための瞑想

おわりに
・おわりに

ベストパートナーを引き寄せるワーク

ベストパートナー・ツインソウルと出会い、愛に満ちた人生を引き寄せる

公開キャンペーン中!
受講料:通常価格 14,000円 → 10,000円
(2018年3月末まで)

クレジットによる受講
銀行振込による受講

ご案内

ざびえるは、メールによるリーディングセッションもおこなっております(^^)/

メニュー:

ブループリントリーディング

ブループリントに書き込まれた今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果をメールでお知らせし、必要ならば遠隔ヒーリングも行います。


ソウルメイトエンライトメント

パートナーとの関係性をベストな状態へ向かわせることを目的とした、リーディング、および遠隔ヒーリングのセッションです。現在のパートナーとの関係を良くしたいと望んでいる方や、まだパートナーがいないけれど、理想のパートナーやツインソウルに出会いたいと思っておられる方にお勧めです。


ツインレイ統合ワーク

魂の甦りのワークを応用した、ツインレイとの、出会いの加速、出会ってから結ばれるまでの加速、二人の取り組まなければならない課題の解決の加速を後押しするエナジーワークです。

 

21日間毎日遠隔ディクシャコース

ワンネス・ディクシャを遠隔で21日間連続してうけていただくことのできるコースです。ディクシャは、古来よりインドで行われ、目覚め(覚醒)や悟り(啓発)という目的に特化した高次のエネルギーを転送・転写することで、意識を高める変容を起こすものです。ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。


遠隔ヒーリング

今までリーディングのオプションになっていた遠隔ヒーリング。好評のため、それだけリピートしたいというリクエストが増えてきましたので、セッションメニューとして独立させました。根本的な部分をヒーリングしていくSandalphonの遠隔ヒーリングは、単にヒーリングというだけでなく、厄払い的な性質もあるようです。人生の流れを変えたい!と思っている方にはお勧めです。


タイムラインリーディング

現在のあなたの時間軸から、1年先のタイムラインの状態をリーディングいたします。現在のあなたの課題、問題、解決法、近々おきそうなことなどを見ていきます。


ヒーリング・ミュージック

Sandalphonでは、周波数にこだわった音楽作りをしています。これらの音楽は、主に瞑想、ヒーリング、各種セラピーなどにお使いいただけるように作られています。みなさまの日々のスピリチュアルライフにぜひご活用いただければ幸いです。


ライトワーカーセミナー

ライトワーカーセミナーは、漠然とした不安の中で生きているスターシードやワンダラーたちに気づきを与え、魂が本来持ってきた目的を思い出させ、そのもてる愛を最大限に発揮することができるように手助けするためのものです。Webコース開講中。

お断り

このメールマガジンを書いている私、柴田こと、さびえるは、過去にキリスト教会の牧師をしていた経験から、本文中に聖書の引用を行うことがあります。

それは、聖書の持つスピリチュアリティを認めているからです。

さびえる本人は、すでに宗教を卒業しております。本メールマガジンの内容は、いかなる宗教団体とも関係がありません。

バックナンバー
ざびえる(柴田廸) Spiritual Messenger
message@sandalphon.jp
05035752440

Sandalphon Healing Musics & Messages

https://www.sandalphon.jp/

MailerLite