Sandalphon Healing Musics & Messages

Watch over : 見守る・信頼するということについて

Messages from NGC3370

今日は、「NGC3370 渦巻き銀河」からのメッセージです。

 

私は誠意と敬意とをもってあなたにお伝えいたします。

見守ることを学んで下さい。

見守るとは放任することでも、単に容認することでもありません。

見守るとは、理解と忍耐をもって相手を手助けしようとすることです。

しかしそこには一切の押しつけも、過干渉もありません。あるとすれば、傾聴と対話であり、自分の考えを主張したり、強要することは全くありません。

あくまでも、相手の立場、理解度を尊重し、相手が自らの力で気付き、成長して行くことができるよう援助することです。

相手の為にと思ってすることが、自己満足に陥ってしまわないように留意しましょう。

このメッセージがきたのは、あなたにそれが可能だからです。

まずは相手を理解することに努めましょう。勝手な自己判断や、うわさ話に惑わされないように注意して下さい。人のすべての行為、行動には裏付けがあります。それは対話して初めて明らかになってくることです。

ですから、近づくことをあきらめないでください。それには長い時間がかかることもあるかもしれません。しかし誠意と敬意をもって近づくならば、かならず心を開いてくれる時がおとずれます。

誠意と敬意を忍耐をわすれないで下さい。 

 

信用と信頼の違い

このメッセージに関しては、ブログで書きましたアドラーさんのお話がとてもわかりやすいので、そこから引用しますね。

 

アドラーさんの言うところの「信用と信頼」は次のような感じです。

「信用」とは、条件付き。

つまり「〜だから、あなたのことを信用する」という言い方をします。

これに対して、

「信頼」とは、無条件。

相手の状態に関係なく、相手を信頼していきます。

 

そうやって、世の中を見回してみると、殆どの関係性は、ほぼ「信用」(つまり条件付き)の関係で成り立っているように見えますね。

「○○だから、あなたのことを(信用)します」

といった条件付きの関係性は、ありとあらゆる場所で見ることができます。

これ、親子関係でもよく見ますね。

「勉強頑張ったから、○○していいよ」みたいな。

 

そもそも、「信用」という条件付きの関係は、本来的にはビジネスの概念なのです。

銀行などで貸し借りを行う時は、返してもらうための条件がつきますね。

 

そう見ていくと、「信用」の関係性というのは、自分が損しないための条件が含まれているということなのです。

損しないとは、つまり、傷ついたり、裏切られたり、危害を加えられたりしないということです。

このような関係性は、ある意味で自分本位ですし、自己への執着を元にしています。

これに対して、無条件の信頼とは、他者への貢献をする上で、欠かせない概念です。

人はみな不完全であることを認める

アドラーさんは、すべての悩みの原因は対人関係にあると教えました。

人が最初から一人で生活していれば、生きるための工夫は必要でしょうけれど、悩むことはなくなります。言葉もいらないし、どんな格好をしていたってよいし、何をしていても構いません。孤独という概念すらないでしょう。

しかし、実際には、人は一人で生きていくことができません。

社会という共同体の中で生活する必要があります。

そのような中で、すべての人が自分のことだけ考えて生きて行ったらどうなるでしょうか。

恐らくそこは、弱肉強食の無法地帯となるでしょう。

それに比べたら、「信用」で成り立つ世界のほうがまだマシかも知れません。とりあえずルールはあります。

それに、無条件に人を信頼して、危害を加えられたら困るという恐れもあるでしょう。

 

アドラーさんは、「無条件に安全をゆだねろ」とは言っていません。

誰でも完ぺきな人はいない、人はみな不完全な存在であるという立場に立って、みんなそれでいいのだとするところから、信頼関係が始まるというわけなのです。

もちろん最終的には、傷つけられても、裏切られても、相手を信頼することをやめないことが大切だと教えました。

なぜなら、他者を傷つけたり、裏切ったりするのは相手の課題であって、自分の課題ではないからですね。

心の傷とは

そもそも心の傷というのは、過去の未完了の感情からきています。

傷は他者から与えられるものではなく、相手の振る舞いによって生じた感情に執着することでできるものです。

 

生理的に起きる感情の反応は5分以内に終わると言われています。

ところが、思考がそれをコピーして、思考的にそれを持続させようとします。つまり5分以上続いている感情は、思考がコピーしたニセの感情なのです。

 

どうしてコピーするのでしょうか?

その感情を使って、ある目的を達成しようと思うからです。

その目的は人それぞれですが、目的があって感情を使うわけですね。

 

こうして、いつでもそれが使えるように、痛みの記憶と感情を結びつけて、同様のシチュエーションがおきた時に、スイッチが入るようにするわけです。

これが「傷」の正体です。

 

こうして、その昔に作られた「傷」に誰かが触れた時、スイッチが入って「傷つけられた!」となるわけですが、これは明らかにその人の課題ですね。

(※注:具体的に暴力を振るわれる時は課題云々の前に逃げて下さいね!!!)

それでも相手を信頼する

まず、自分の課題と相手の課題をわけて考え、自分の課題は自分のこととして解決しようとします。 

その上で、相手を信頼していこうとします。

 

信頼していった時に、相手は、あなたが傷つくようなことをいったり、裏切るようなことをするかも知れません。

自分に「傷」があれば、悲しくなったり、怒ったり、裏切られたと思うでしょう。

その時は、ただ悲しめばよいし、怒ればよいのです。

ただ、傷が癒えていれば、悲しくもならないし、ニコニコ笑って見守れるでしょう。

そうしてなお、信頼し続けるのです。

 

そうすると相手はどうなるでしょうか?

傷つくようなことをいったり、裏切るようなことをしても、相手が信頼し続けてきたとしたら...

おそらく、同じことをし続けるのは難しくなってくると思います。

逃げ出すか、心を入れ替えようと思うかもしれません。

それはわかりません。相手の課題ですから。

 

でも、少なくとも、あなたは平和を手にすることができることでしょう。

 

そしてそれは、他者に貢献したということでもあるのです。

信頼された側は、信頼されることによって喜びや幸せを感じます。

そしてもしかしたら、そのことによって、その人が持っている傷が癒やされることのきっかけになるかもしれません。

 

こうして人は、信頼する人へと変わっていくことができます。

 

そしてもう1つは、他者を信頼することによって「自己受容」できるようになっていくということでもあります。

それは、他者を信頼することと、自分を信頼していくことが同時進行だからです。

つまり、他者を信頼することが、自信を高めることになるのです。

 

クリスタルボウルとヒーリングとお話会します!

3月12日・埼玉県日高市

時間:10:00〜15:00

場所:高麗郷古民家
埼玉県日高市大字高麗本郷245番地

 

参加費:

午前のみ 3,000円

午後のみ 3,000円

全日参加 5,000円

 

お子様参加OK

お子様無料

 

ワークショップ後は毛呂駅周辺に移動してオフ会を開催する予定です。
オフ会のみの参加もOKです。

お気軽にお越しくださいね〜( ´ ▽ ` )ノ

詳細、お申込みはこちらから

出張チャクラリーディングセッションのお知らせ

3月11日・東京都町田市

来る3月11日は東京都町田市において、個人セッションを行います。今年初めての東京での個人セッションということで、対面によるチャクラリーディング&ヒーリングを行いたいと思います。

チャクラリーディングは、ざびえるの最も得意とするセッションですが、普段は遠隔で行っておりました。対面セッションはそれなりに時間がかかります為、通常は熊本でしかおこなっておりません。

今回は初の、出張対面セッションによる、チャクラリーディングとなっております。
この機会にぜひご利用下さい。

 

※遠隔チャクラリーディング → 通常50,000円ですが、
 今回は、25,000円となっております。

詳細、お申込みはこちら

ご案内

ざびえるは、メールによるリーディングセッションもおこなっております(^^)/

メニュー:

ブループリントリーディング

ブループリントに書き込まれた今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果をメールでお知らせし、必要ならば遠隔ヒーリングも行います。


ソウルメイトエンライトメント

パートナーとの関係性をベストな状態へ向かわせることを目的とした、リーディング、および遠隔ヒーリングのセッションです。現在のパートナーとの関係を良くしたいと望んでいる方や、まだパートナーがいないけれど、理想のパートナーやツインソウルに出会いたいと思っておられる方にお勧めです。

 

21日間毎日遠隔ディクシャコース

ワンネス・ディクシャを遠隔で21日間連続してうけていただくことのできるコースです。ディクシャは、古来よりインドで行われ、目覚め(覚醒)や悟り(啓発)という目的に特化した高次のエネルギーを転送・転写することで、意識を高める変容を起こすものです。ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。


遠隔ヒーリング

今までリーディングのオプションになっていた遠隔ヒーリング。好評のため、それだけリピートしたいというリクエストが増えてきましたので、セッションメニューとして独立させました。根本的な部分をヒーリングしていくSandalphonの遠隔ヒーリングは、単にヒーリングというだけでなく、厄払い的な性質もあるようです。人生の流れを変えたい!と思っている方にはお勧めです。


タイムラインリーディング

現在のあなたの時間軸から、1年先のタイムラインの状態をリーディングいたします。現在のあなたの課題、問題、解決法、近々おきそうなことなどを見ていきます。


ヒーリング・ミュージック

Sandalphonでは、周波数にこだわった音楽作りをしています。これらの音楽は、主に瞑想、ヒーリング、各種セラピーなどにお使いいただけるように作られています。みなさまの日々のスピリチュアルライフにぜひご活用いただければ幸いです。


ライトワーカーセミナー

ライトワーカーセミナーは、漠然とした不安の中で生きているスターシードやワンダラーたちに気づきを与え、魂が本来持ってきた目的を思い出させ、そのもてる愛を最大限に発揮することができるように手助けするためのものです。不定期に開催中。

お断り

このメールマガジンを書いている私、柴田こと、さびえるは、過去にキリスト教会の牧師をしていた経験から、本文中に聖書の引用を行うことがあります。

それは、聖書の持つスピリチュアリティを認めているからです。

さびえる本人は、すでに宗教を卒業しております。本メールマガジンの内容は、いかなる宗教団体とも関係がありません。

バックナンバー
ざびえる(柴田廸) Spiritual Messenger
message@sandalphon.jp
05035752440

Sandalphon Healing Musics & Messages

https://www.sandalphon.jp/

MailerLite