Sandalphon Healing Musics & Messages

なぜ素直に謝れないのか

自分はすでに赦されているということを知るには?

そのとき、ペトロがイエスのところに来て言った。

「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」

イエスは言われた。

「あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍までも赦しなさい。」


(新約聖書・マタイによる福音書18章より)

すぐ謝ることができればそんなに大事にはならない

昨今、世の中のニュースを見ていて思うことがあります。それは、何か悪いことをしてしまったら、その場ですぐに謝れば、ここまで大事にはならないのに... ということです。

もちろんすぐに謝ったからと言って、やってしまったことの責任を免れるわけではないかも知れません。

しかし謝らないでいれば、誤解や摩擦は増えるばかりですし、謝らないために様々な理由を並べているうちに、問題がどんどん大きくなっていってしまうことでしょう。

そしておそらくそういうことは、問題を起こしてしまった当の本人もわかっているはずなのです。

でも、なかなか謝れない。

それはどうしてなのでしょうか。

 

謝れないのは赦された経験がないから

子どものときから、何かいたずらや失敗をした時に、叱られることはあっても、赦された経験がないと、謝ることができなくなります。

時々、「悪いことをしたら、謝りなさい」と教えつつ、子どもが謝っても、なおも小言を言い続けている親を見かけることがあります。

謝っても、その後に赦される経験がなければ、その子どもはそのうち謝らなくなってしまうでしょうし、謝っても口だけということになります。

 

また、なにかいたずらしたり失敗した時の、親の怒り方が激しく、子どもの心に傷が残ってしまっている場合も、謝ることができなくなります。

この場合、親から受けた心の傷(トラウマ/インナーチャイルド)があるために、失敗してしまった時に、叱られた時のトラウマが出てきて、パニックを起こしたり、思考停止状態に陥ってしまうのです。

 

どちらにしても、背景にあるのは「失敗が赦されない」という体験と、「叱られた時の心の傷」が原因となっているということなのです。

 

罪 = 事故

この世の中で起きているありとあらゆる不幸な出来事は、高次の視点から見ると、「事故」でしかありません。

人の魂は完全ですが、肉体はある意味で不完全な存在です。

魂には制限がありませんが、肉体には様々な制限があります。

その制限の中で、私たちは生き、生活し、制限のある者同士で出会ったり、交流したり、関係しあったりしているわけです。

私たちの肉体には、それぞれに得手不得手があり、様々な特性を持っています。それを個性とも呼んでいるわけですが、そういった得手不得手を持っている者同士が、出会って交流するわけです。

すると当然、自分が考えているようにはうまくいかないことも出てきます。

自分が得意なことであっても、相手は不得意かも知れません。自分にできても、相手にはできないこともあります。

それと同じく、相手にはできても、自分にはできないこともあります。

そういうわけで、何かしていても失敗するということは多々あります。

 

例えば、私のことを言えば、私は右手の中指と薬指が、うまく動きません。なので、右手で持っているものを落としたりしてしまうことが時々あります。しっかり持っているつもりでも、何かの拍子に意図せず落としてしまうということはあるのです。

お皿を洗っていても、たまに落として割ってしまうことがあります。

それで、先日は子どもの大事にしてたマグカップを床に落として割ってしまいました...。ごめんなさい。とっても怒られるだろうなと思いましたが、ちゃんと謝りましたが...。

気をつけていても、失敗してしまうということはあるのです。

その失敗が、小さなことならば、すぐに赦してもらえることでしょう。

しかし、意図せず大きな失敗をしてしまうこともあるわけです。

 

たとえば自動車事故。

いわゆる犯罪でも、小さな誤解が積み重なっていった結果、起きることもあります。

前回お話した「観念」の影響もあります。誤解や過去のトラウマなどの影響から観念の中身に問題があって、それによる思い込みから、事件を起こしてしまうこともあります。

意図的にしろ、意図的でなかったにしろ、これらはみな、制限のある肉体が原因で起きていることには変わりありません。

私たちが「罪」だと思っていることは、「事故」と変わりがないというのが本当のところです。

ただ、一人で事故を起こすのと、相手がいて事故が起きるのとでは、相手が居る分、感じ方が変わって来ます。

自損事故なら、なんてバカなことしたんだとか、残念だった、仕方がなかったで終わることでも、相手がいたら、その人に感情をぶつけたくなったり、その人に補償を求めたくなったりしてしまうからです。

「罪」というものの本質とはそういうものなのです。

 

七の七十倍赦しなさい

冒頭に引用したように、キリストは「七の七十倍赦しなさい」と教えました。

ユダヤの数秘においては、昔から七というのは「神の完全」を意味し、10倍する毎に、その意味が強調されるという性質があります。

七回赦すというのは、意味としては「完全に赦しなさい」ということになりますので、その10倍といえば、「無限に赦しなさい」といった意味にもとれるということなのです。

キリストがそのように教えたのは、罪の本質が失敗による事故と同じであることを悟っていたからです。

しかし、無限に赦し続けるなんてことが出来るのでしょうか?

 

赦すのではなく、すでに赦されていることを認める

私はここで、キリスト教の宣伝をしようと思っているわけではありません。

もし同じ話をブッダがしていたら、ここにはブッダの語った言葉を書いていることでしょう。

私はたまたまキリスト教の背景のある家に生まれ、大人になってキリスト教会の牧師になったという経験から、聖書に少し詳しいだけだからに過ぎません。

とあるチャネラーさんが、聖母マリアの言葉を語ったり、大天使ミカエルの言葉を語ったりするのと同じ感覚で、キリスト意識から来る言葉をご紹介しているだけです。

 

さて、無限に赦すためにどうしたらよいのかということについて、キリストは一つの答えを示しています。

 

それは「自分がすでに赦されている存在だということを認めることだ」と教えているのです。

 

キリストは、病人を癒したり、死人を蘇らせたりといった奇跡を行ったことが、聖書に記されています。その記述を読んでいく時に、興味深いことに気が付きます。

それは、キリストが奇跡を行う時の理由がはっきりと語られているということです。

病気を癒しても、死人を蘇らせても、それは一時的なもので、いつかはその人たちもまた死んでしまうことを、キリストは知っていました。だからキリストは、お情けで病気を癒したりといったことはしませんでした。もちろん癒しを求めてきた人には、癒しを施しましたが、人々を癒したり、助けたりすることを目的に活動していたわけではなかったということなのです。

キリストの目的は別のところにありました。それは「人々がすでに赦されているという事実を悟ること」だったのです。

だからキリストは、集まった人々に「私を信じるものは救われます」と教えました。そして自分がその教えを述べるだけの資格があるということを明示するために、癒しの奇跡を行ったのです。

 

ただの大工のおじさんが、あなたの罪は赦されていますと叫んでも、だれも見向きもしないことでしょう。

でも死人を復活させられる人が、あなたの罪は赦されていますと言ったら、多くの人は納得するのではないでしょうか。

 

赦すとか赦さないという行為は、単なる自己満足

罪を犯した人を赦す、悪いことをした人を赦す、あるいは赦さないというのは、実は「裁き」の精神の上に立っています。

裁きというのは、裁いている相手より、自分を一段上の立場に置いて、距離を置いたり関わりを持たないようにしていることです。つまりとても自分本位で傲慢なことなんですね。

裁いている本人は気付いていませんが、裁きの裏には罪悪感が隠れています。実は人を裁いている本人が、自分で自分のことを裁いているに過ぎません。

人を赦せない人は、本当は自分を赦せないだけなのですが、それが外部に投影されているに過ぎません。

人を赦すとか赦さないということは、実は単なる自己満足であり、自分本位の行為なのだということなのです。

 

赦しとは高次の意識から与えられるもの

では真の赦しとは何でしょうか。

それは、高次の意識から与えられるものです。

高次の意識とは、例えば、

  • 恒久的な意識(ワンネス)
  • ハイヤーセルフ
  • 内なる神
  • キリスト意識
  • 霊的なガイド
  • 天使
  • 神聖な存在
    etc...

などと呼ばれるもののことです。

そこからくる赦しを、ただ受け取るだけのことです。

 

赦しとは、太陽の光のように、すべての人に均等に与えられているものです。

例えば、地球は私たちを赦しています。よく地震や火山の噴火を、地球の怒りだと述べている人を時々見かけますが、地球は別に怒ったりしていません。

地球も生きている存在ですから、どこか体の具合が悪くなったりしたら、体調を整えるために、エネルギーの調整をしてバランスをとっているだけのことです。その時に、歪が元に戻ったついでに地震が起きたり、溜まったエネルギーが噴出して火山が爆発したりするだけですね。

どうでしょう、私たちの体の内外にも沢山の微生物が共存しているわけですが、私たちはその微生物たちのことを気遣いながら生きているでしょうか?

自分の体の一部である、赤血球や白血球なんていう存在も、体の中で動き回って活動しているわけですが、彼らのことを意識しながら生きていますか?

してないですよね。

例えば、私が楽しく太鼓を叩いて遊んでいる間に、手の部分を流れている赤血球はその衝撃でかなりの数が損傷してしまいます。ランニングしていたら、足の裏の部分を流れる赤血球は、同じように損傷します。中には死んでしまう赤血球もたくさんいます。

それ全部意識していて、赤血球さん可愛そうと思ったら、太鼓叩きもランニングもできませんね。

ある意味で、赤血球さんたちは、私たちが太鼓叩いたり、ランニングすることを赦してくれているのですし、私たちも、そうしても大丈夫だということを知っています。なぜなら、赤血球さんたちが自分の一部であることを知っていて、その生命は自分の中を巡っていることを知っているからですね。

地球も同じです。地球にとって私たちは地球の一部であり、その生命は地球の中を巡っていることを知っているのです。

だから私たちが何をしていても地球は私たちを赦しています。同じく地球も私たちに気兼ねなく、活動しているわけです。

大切なことは、自分はすでに赦されているということを認めること、

そして、自分の周りにいる人も、同じくすでに赦されている存在なのだということを認めることです。

自分が赦せないと思っている相手でも、高次の意識においては、すでに赦されているのです。

自分が赦されているという事実を認め、それを受け入れる時、人はそれを周りの人にも与えることが出来るようになります。

赦しとは、愛と同じなのです。

 

0

ブログのお題を送って下さい!

あなたのお題が世界を救う!?

Sandalphonでは、SandalphonのHP、ブログおよびメルマガでご紹介するためのお題を募集しています。

みなさまの現在抱えている悩み事、質問などを送ってくださると、それに対してざびえるがお答えできる範囲で、ブログでお答えするという企画です!
(簡単な公開セッション的な感じになるでしょうか...)

またそれと同じ内容のものを、HPおよびメルマガでもご紹介させていただきます。

 

悩み事や質問の例:

  • ツインソウル、恋愛に関すること
  • インナーチャイルドに関すること
  • 宇宙や次元に関すること(スピリチュアルの分野で)
  • その他、人生の流れに関することなど...

 

セッションの割引クーポン進呈中!

  • お題を送ってくださった人には、お礼としてセッションの割引クーポンを進呈いたします。
    割引クーポンは、Sandalphonの提供する一部のセッションでお使いいただけます。
詳細・お題の送信はこちらから!

 

 

21日間毎日遠隔ディクシャコースVer.2【5/25〜6/14】

5月25日開始分受付中!

開催期間:5月25日〜6月14日の21日間

募集締め切りは5月25日です!

21日間、毎日遠隔でワンネス・ディクシャを受けていただくことのできるコースです。

ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。21日間コースでは、毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。

また、感情的に落ち着いてきて、不安がなくなり、ものごとを前向きに考えられるようになったり、癒しの効果もあると言われています。

前回ディクシャを受けてくださった方からは、以下のような感想を頂いています(^^)

  • 毎日感情の浄化やデトックスが続いてすごかった
  • 2週間ぐらいでおさまって今はスッキリ軽やかに!
  • たくさんの氣づきがあった
  • 今までになく深い眠りの毎日だった
  • 短時間でもぐっすり眠れて疲れがとれた
  • 以前にも増して、ものごとをありのままに見れるようになった
  • 第1チャクラと第2チャクラのエネルギーが整った
  • 子どもの頃の無邪氣さが戻ってきた
    etc...

ディクシャに加え、浄化と統合のエネルギーを加えたことで、不要なものを溜め込みにくくなり、ぐっすり眠れたり、ありのままな感じが戻ってくるようです。

お申込みはこちらから!

 

 

Sandalphonでは、ガッツリ自分と向き合うためのツールをご用意しています!

0

ブループリントリーディング

本来の自分(ありのままの自分)を知るために

ブループリントとは、今世生まれてくるときに決めてきた人生の設計図(計画)のことです。自分自身の意識の中の70%以上を占める無意識層のうち、魂にもっと近い部分に書き込まれているブループリント(現世での人生の計画)を読み、それと関連しているカルマや計画のうち、不要と思われるものを解除・解放、書き換えるワークになります。

このセッションでは、ブループリントに記された今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果および、ご自分で取り組んでいただかないといけないテーマがあればそれをメールにてお伝えいたします。

1セッション:リーディングのみ  10,000円
       ヒーリングのセット 15,000円

詳細・お申込みはこちら
0

インナーチャイルドリーディング

インナーチャイルドリーディングは、傷ついたインナーチャイルド(内なる子ども)の内容をリーディングし、傷の原因を探るものです。

誕生から成人するまでの期間をリーディングし、どの時期にどんなテーマを通してどんな傷が形成されていったのかを探り、それをお伝えいたします。

セッションを受けることにより、傷(抑圧された感情)が浮上してくるようになります。浮上してきた傷と向かい合うことで、その傷は癒され消えていきます。

また傷が無くなることで、人生の流れを滞らせていたブロックがなくなっていきます。

このセッションでは、浮上してきた傷をそのままにしておくのではなく、日々の生活の中で、それを癒していくことができるよう、遠隔ヒーリングと、オンラインビデオを使った誘導瞑想によるエナジーヒーリングをも行っております。

オンラインビデオは何回も視聴可能なので、感情が浮上してきた時にご利用下さい。抑圧された感情は一つだけではありませんので、何度も浮上してくると思います。その度にヒーリングを行っていただくことにより、楽に手放すことができるようになります。

1セッション:リーディングのみ  16,000円(6月30日まで)
       ヒーリングのセット 24,000円

詳細・お申込みはこちら
0

チャクラクリアリング&魂の甦りワーク

チャクラクリアリング&魂の甦りワークは、全身の主なチャクラをリーディングして、魂の状態、抱えているカルマや問題点、課題、それらの解決方法などを見ていくセッションです。

全身の主なチャクラをリーディングし、そこにブロックがあればそれを解放する遠隔ヒーリングを行います。

また、あなたの魂の本質やハイヤーセルフにアクセスし、そこからのメッセージをお伝えいたします。

更に、このセッションでは、あなたの本来の魂の目的や、魂の表現としての本来の自分らしさを発揮して生活して行くことができるよう、魂の甦りワークを組み合わせました。魂の甦りワークを受けた人からは、人生が変容し、良い方向へと動き出したという感想をいただいております。

チャクラクリアリングのワークと同時に行うことにより、その効果を十分に引き出すことができるのではないかと思います。

【ご注意】場合によっては、深層意識に封じている痛い経験や、見ないようにしてきたことをあぶり出すことになります。その場合、内容的にとても辛いものになることがございます。そういったものを受け取る覚悟のない方には、絶対にお勧めいたしません。
また、リーディングには1回あたり、3日間ほどの時間をかけて見ていきます。そのためお時間がかかりますことをあらかじめご了承ください。

1セッション:60,000円

詳細・お申込みはこちら
0

パートナーシップリーディング

パートナーシップリーディングは、男女を問わず、出会った人が自分の人生にどのような影響をもたらすのかということをリーディングしていくものです。

男女の出会いや、夫婦、友人、あるいはビジネス上の人との出会いなどを見ていくことができます。

主なリーディングの内容は次の通りです。

  • 二人の相性
  • 二人の学びのテーマ
  • 出会った意味
  • 今後の展開について
  • 二人の関係が発展する為に乗り越えなければならない課題

リーディングとヒーリングのセットや、相性診断のみのメニューも用意しております。

また、パートナーとの関係性を通して、自分自身の課題を知ることができるのも特徴です。

1セッション:リーディングのみ  10,000円
       ヒーリングのセット 15,000円

詳細、お申込みはこちら
0

ご案内

ざびえるは、メールによるリーディングセッションもおこなっております(^^)/

メニュー:

ブループリントリーディング

ブループリントに書き込まれた今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果をメールでお知らせし、必要ならば遠隔ヒーリングも行います。


ソウルメイトエンライトメント

パートナーとの関係性をベストな状態へ向かわせることを目的とした、リーディング、および遠隔ヒーリングのセッションです。現在のパートナーとの関係を良くしたいと望んでいる方や、まだパートナーがいないけれど、理想のパートナーやツインソウルに出会いたいと思っておられる方にお勧めです。


ツインレイ統合ワーク

魂の甦りのワークを応用した、ツインレイとの、出会いの加速、出会ってから結ばれるまでの加速、二人の取り組まなければならない課題の解決の加速を後押しするエナジーワークです。

 

21日間毎日遠隔ディクシャコース

ワンネス・ディクシャを遠隔で21日間連続してうけていただくことのできるコースです。ディクシャは、古来よりインドで行われ、目覚め(覚醒)や悟り(啓発)という目的に特化した高次のエネルギーを転送・転写することで、意識を高める変容を起こすものです。ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。


遠隔ヒーリング

今までリーディングのオプションになっていた遠隔ヒーリング。好評のため、それだけリピートしたいというリクエストが増えてきましたので、セッションメニューとして独立させました。根本的な部分をヒーリングしていくSandalphonの遠隔ヒーリングは、単にヒーリングというだけでなく、厄払い的な性質もあるようです。人生の流れを変えたい!と思っている方にはお勧めです。


タイムラインリーディング

現在のあなたの時間軸から、1年先のタイムラインの状態をリーディングいたします。現在のあなたの課題、問題、解決法、近々おきそうなことなどを見ていきます。


ヒーリング・ミュージック

Sandalphonでは、周波数にこだわった音楽作りをしています。これらの音楽は、主に瞑想、ヒーリング、各種セラピーなどにお使いいただけるように作られています。みなさまの日々のスピリチュアルライフにぜひご活用いただければ幸いです。


ライトワーカーセミナー

ライトワーカーセミナーは、漠然とした不安の中で生きているスターシードやワンダラーたちに気づきを与え、魂が本来持ってきた目的を思い出させ、そのもてる愛を最大限に発揮することができるように手助けするためのものです。Webコース開講中。

お断り

このメールマガジンを書いている私、柴田こと、さびえるは、過去にキリスト教会の牧師をしていた経験から、本文中に聖書の引用を行うことがあります。

それは、聖書の持つスピリチュアリティを認めているからです。

さびえる本人は、すでに宗教を卒業しております。本メールマガジンの内容は、いかなる宗教団体とも関係がありません。

バックナンバー
ざびえる(柴田廸) Spiritual Messenger
message@sandalphon.jp
05035752440

Sandalphon Healing Musics & Messages

https://www.sandalphon.jp/

MailerLite