はじめてのオーラソーマ No.088 2017.10.03

みなさん、こんにちは。

えつこです。 

今日もメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。

今回は第88号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。

前回のテーマ、「フィーリングを表現する」ことについてはいかがでしたか?

まだお読みでない方は、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

今回のテーマは、「生き残り・サバイバル・肉体的生存」についてです。

ぱりさんのお話の冒頭にあった「今は激動の時代という感じがします」という言葉に、誕生したばかりのペールコーラルポマンダーのマイクさんのメッセージが思い浮かびました。

ペールコーラルのポマンダーは日食の日に誕生しましたが、「日食は、長い間、政界秩序に変容をもたらすことで知られてきました」とあります。

ちょうど日本では、衆議院の解散が宣言されて、衆議院が解散となり、衆議院選挙は10月22日に投開票の見通しで進んでいます。

政治が変わると経済も変わっていくので、そうなると当然、生き残り・サバイバルとも大きく関係していきます。

そんななか、自分たちはどう生きていくのか? ・・・が、肉体的生存としての重要な鍵を握っているのかもしれません。

天体の動きは、わたしたちの生活にも密着していますね。

それでは、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」を、どうぞお読みください。

ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー44回目:【生き残り・サバイバル・肉体的生存】

 

こんにちは。

今は激動の時代という感じがします。

それはスピリチュアルな世界では

長く待ち望まれていた時代なのかもしれませんね。

これまで精神世界と言われてきた情報に

少しでも関心を持ったことのある方なら、

きっとどこかで「アセンション(次元上昇)」というような言葉を

耳にされたことがあるのではないでしょうか。

現在、という時代は地球文明にとって

とても大きな境目とも言える時代で、

現在地球は従来とはまったく別の段階に向かって

突き進んでいる、といった類の情報です。

そして、もし地球がアセンションできなければ、

地球生態系は“死の星”に向かうしかない、

といった、そんな情報ですよね。

あなたはそんな話を耳にされたことがありますか?

80年代90年代のころは

そういうのは単なるお話としか聞こえませんでした。

ところが実際に、今となってみれば

それは単なるお話とは言えなくなりました。

現在すでに世界の超富裕層上位62人と、

世界の貧困層下位36億人の資産が同額だそうです。

地球人口の半分が生存基盤としている富と

同等の富を、上位62人が専有しているような時代だというのです。

しかも、その貧富格差はますます拡大する一方であるようです。

これが陰謀論とか想像上の物語というのではなくて

すでに地上世界の現状だというのです。

そのうえ、AI(人工知能)の発達は

その変容をさらに急加速しています。

オックスフォード大学のオズボーン准教授は

アメリカの702の職種すべてについて、

コンピューターでの代替確率を仔細に試算したところ

今後10~20年程度で

アメリカの総雇用者の約47%の仕事が

自動化されるリスクが高いという結論に至ったそうです。

日本の野村総合研究所が、同准教授などとの共同研究で

国内601種類の職業について、

人工知能やロボットなどでの代替確率を試算した結果、

日本では10~20年後に労働人口の約49%の職業が

代替可能と推計されたそうです。

今後10年という超近未来に

現在の就業人口の半分が仕事を失う可能性がある。(@_@) ⌒★?

こんな状況で従来のような人生設計など

考えられると思いますか?

人間はどうしても過去からの延長として

未来を推測しようとします。

なんのビジョンもまったく持たずに

人間は生きてはいけないからです。

しかし、現状の単なる延長上に未来を展望することは

実際に、もう誰にもできなくなりました。

なにやら途方もない大激動が

向こうからこの惑星を急襲しようとしているのです。

社会構造のすべてが不安定化し、

これまでの生き方ではサバイバルすら危ういのです。

「サバイバル」「生き残り」って

なんだかとても低次元のことだと思いますか?

いえいえ、もしかして、

「肉体的生存」とか「生き残り」

あるいは「サバイバル」って、

なにが生き残るのか、なにが自分なのかを

強烈に考えさせてくれるなにかなのかもしれません。

もしかして、

ただ「肉体的生存」を願うだけでも

あるいはただ嫌悪するだけでも

卒業できる問題ではないのかもしれませんね。

私たちは否応なく強制的に変化に対応せざるをえないようです。

 というわけで今回は、

オーラソーマ辞書で、

【サバイバル】【生き残り】といった

【肉体的生存】にまつわるキーワードを

検索してみました。

ヒットするキーフレーズが少なかったので

今回はそのすべてをご紹介できます。

オーラソーマのボトルたちは

私たちの最善を願ってくれています。

気になるキーフレーズがあったら、

参考になさってみてくださいね。

肉体的生存を嫌悪する

「B016 菫色の衣」

メインテーマ:スピリチュアルな向上

「肉体的生存を嫌悪する」とは、その状態をバランシングする方向に、人をサポートしようとするエネルギーということです。

サバイバルに対する恐れ

「B005 サンライズ/サンセットボトル」

メインテーマ:広大なエネルギーに開いていくこと、開放されたエネルギーを知識を使って用いる

「サバイバルに対する恐れ」とは、その状態の克服に向けて人をサポートしようとするエネルギーということです。

サバイバル問題に取り組むのを支援

「B80 アルテミス」

メインテーマ:愛のパワーに目覚める

「サバイバル問題に取り組むのを支援」とは、文字どおり、その方向で人をサポートしようとするエネルギーということです。

物質的生き残りに大きな問題を持つ

「B096 大天使ラファエル」

メインテーマ:ハイヤー セルフと自己とのコミュニケーション

「物質的生き残りに大きな問題を持つ」とは、その状態の克服に向けて人をサポートしようとするエネルギーということです。

みなさん、いかがでしたか?

ヴィッキーさんは、「あまりにヘブンリー(天国のよう)だと、この地球で使いものにならなくなる」というメッセージを残しています。

スピリチュアルなことを探究していると、現実に目を向けなくて、実生活が伴っていかないようなことを言っています。

たとえば、言っていることは理想的ですばらしいけれど、やっていることがまるでダメな感じです。

そのことを今回のイクイリブリアムは、バイオレットレッドでサポートしています。

まわりが騒がしいときほど地に足をつけて、内側も外側も統合していきたいですね。

今日もよい一日を!

えつこ

 

 

ブログ「えつこの部屋」でもさまざまなお話がお読みいただけます。
ぜひ、のぞいてみてくださいね!

☆Facebook「はじめてのオーラソーマ」情報発信中!

はじメルのお知らせやバックナンバーのご紹介など、新しい企画も検討中です!

どうぞ、「いいね!」して、お楽しみくださいね☆

オーラソーマの豆知識を、「かるた」のように文字にあわせて、ひとつずつお伝えしていく新コーナー。

 

 

 

「チャクラ」

 

わたしたちの身体には、
7つのエネルギーの輪があると言われています。

その7つのチャクラには
固有のエネルギーがあって、

テレビやラジオにように、

チャクラとオーラソーマは
周波数を合わせるようなものとして働きます。

チャクラが必要としている波長の色を塗ることで、
身体はバランスを取り戻していくのです。

☆オーラソーマを通して、じっくり自分の天使と触れ合ってみませんか?

 

このコースでは、72の天使とオーラソーマシステムのつながりを探求しながら、私たちの意識がより目覚めていくことをサポートしていきます。

光と音は、神聖なエネルギーを伝達する媒体と言われますが、オーラソーマシステムでは色、つまり光を通して、そしてこのカバラの72の天使のコースのなかでは、音を通して神聖なる意識に目覚めることを助けます。

私たちはみな、「インカネーショナルエンジェル(ガーディアンエンジェル/守護天使)」「ハートエンジェル」「インテレクト(知性)エンジェル」の3天使によって、生誕の瞬間からこの世を離れる瞬間までの人生の旅をサポートされています。

72の天使はオーラソーマのイクイリブリアムボトルに対応しており、あなたの出生日時から知ることができます

コースでは、あなたをサポートする天使の名前をチャンティングしていきます。

オーラソーマの受講生でないかたも、どなたでもご参加いただけます。

--------------------------------------
英国オーラソーマアカデミー講座
オーラソーマとカバラの72天使 パート1

日程 2017年12月22日(金)~25日(月)全4日間

会場 和尚アートユニティ
費用 77,000円 (税込、テキスト、参加費)
※早割/74,000円 (11月21日(火)までにお申込み・お振込み完了の場合)
講師 黒田コマラ
※どなたでもご参加いただけます。

*お申込み・詳細はこちら☆彡

☆読者のみなさまからの声をお待ちしております☆

メルマガ「はじめてのオーラソーマ」は、まだまだ発展途上中。

読者のみなさまとの交流のなかで、あらたな可能性をどんどん模索していけたらと思っております。

ご意見&ご感想&そのほかなんでもシェアしたいことがありましたら、お気軽に、コメントをこちらまでお送りください。

ご質問もこちらで受付けております。

みなさまからのメッセージを、心よりたのしみにしております☆

OSHO Art Unity

info@artunity.com
TEL 0467-23-5683
http://d.aura-soma.co.jp/

SHARE TWEET FORWARD