Sandalphon Healing Musics & Messages

Departure:旅立ち・新たなステージの始まり

Messages from NGC3372 Carina Nebula

今日は「NGC3372 カリーナ星雲」からのメッセージです。

 

今まさに人生の新たなステージが始まろうとしています。
次なるステップへ旅立つ時がやってきました。
あなたの内なる創造性が力強く輝き、エネルギーを放っています。

これから、新しいことが次々に始まるでしょう。
その流れの中で不安を感じることもあるかもしれません。

しかし、恐れないで下さい。私はあなたと共にいます。
そしてあなたの行く先を導き、あなたが行くべき場所に到達することができるように道を備えます。

日々最善をつくして生活することを心がけて下さい。
そうすれば、道は自ずから開けて行くことでしょう。

焦らないで下さい。自らの人生を信頼し、その流れのままに任せて下さい。
恐れないで下さい。私はあなたと共にいます。

 

春分過ぎて最初の新月を迎えて

こんにちは、ざびえるです。
みなさん、お元気ですか?

春分を過ぎてさらに変容のエネルギーが強まり、この新月を迎えて、いよいよなにか新しいことが始まるという感じがしています。

前回のメルマガにも少し書きましたが、今まで世界を牽引してきた、インディゴの時代が終わった! という感じがしています。

そして、クリスタルの人々が主にこれからの世界を引っ張って行くことになるでしょう。

私もインディゴ世代の一人ですが、世の中の価値観がガラガラと変わっていく音を感じています。

 

インディゴ時代の役割とは・独占と対抗

すでにインターネットの世界では、シェア、オープンソース、フリーサービスなど、先進的なアイデアがどんどん導入されてきました。

しかし、現実の分野では、まだまだ、独占的なビジネスモデルが主流です。

それはスピリチュアルな世界でも同じで、「○○ヒーリング」とか、「聖○○からのチャネリングメッセージ」といった感じで、オリジナリティや、差別化、といった独占的なものが主流でした。

 

例えば、ある有名なアセンデッド・マスターからのメッセージを、複数のチャネラーが伝えるようになると、最初にそれを始めた人が怒って、それは私の専売特許だ、他の人はするんじゃない!といったことも起こったりします。

まあ、よく考えてみれば、当のアセンデッド・マスターが誰に話しかけようと、それはマスターの自由なので、特定のチャネラーが、他の人はするなと言っても、それは無意味なことであるのは明白なのですが、なぜかそれがわからなかったりします。

 

これは、インディゴ世代のもつ性質が、「〜に対して」といったことも大きく影響しています。他者との差別化や、対抗、対立といった性質が、硬直していた世界を破壊し、新たな時代がやって来るための準備となっていたからです。

これは、畑を耕す作業に似ています。

作物をしばらく作っていない土地は、カチコチに固まってしまっています。だから、新たに種をまく前には、土を耕して柔らかくしておく必要があるのです。

インディゴ世代の仕事というのは、まさにそれで、カチコチの世界に鍬を振り下ろし、固まった土を壊して、ほぐしていくことなのです。

 

クリスタル時代の役割とは・シェアと共存

すでにインターネットの世界で導入されていた、シェアやオープンなサービスが、現実の分野にも導入され、普及されていくのが、クリスタル時代のビジネスモデルです。

これからは、利益を独占するために存在する、著作権や特許、商標登録などといったものが、あまり意味をなさなくなっていくことでしょう。

今までは、利益は物品そのものを通して得られていました。しかし、シェアの時代になっていくと、利益を得るための手段は、物品のやり取りと直接関係なくなって来るからです。

このようなビジネスモデルは、インディゴ世代の発想にはないものです。

 

クリスタル世代の生き方を畑仕事に例えると、種まきから収穫までの一連の農作業と言えるかもしれません。

種まきから作物がある程度大きくなるまでの一定期間は、芽を出した作物の苗が雑草などに負けないよう、世話をしなければなりませんが、この時期は多くの手が必要です。この時はみんなで協力して農作業に励む必要がありますが、作物がある程度大きくなれば、もう手がかかりません。あとは時々手を入れてやるだけで、収穫を待つばかりです。

これは、持っているものを分かち合いながら、みんなで協力しながら生きていく時代なのです。

所有概念を手放す怖れを手放す

私たちが長い歴史の中で、経済と共に身につけてきたものが、所有という概念です。

この所有という概念の根っこには「私には〜がない」という怖れが存在します。

だから、そういう思いをもっている人は、自分にとって必要だと思うものを「確保」しようとします。

それが独占、権利といったものになっていきます。

「私には〜がない」という怖れを持っている人にとって、所有という概念を手放すことは、とても怖ろしいことです。

それが無くなったら、自分が自分でなくなってしまったり、今まで構築してきたものが全部なくなってしまうのではないかと思ってしまうのです。

 

でも、本当は、自分のうちにはなんでもあるはずですよね。

無限の豊かさがあるはずです。

では、なぜそれがなかなか信頼出来ないのでしょうか?

 

物質ではなく、感情に目を向けること

○○が欲しい...と、新月の時に願う人もいるでしょう。

その時に大切なことは、それを得て何を感じたいのか? ということをしっかりとイメージすることです。

 

欲しいものを得ても、なんか満足しない、心が満たされないということがあると思います。

それは、本当に欲しいものと、実際に得た「もの」の間にズレがあるからなのです。

実は、このズレが大きければ大きいほど、どんなに新月に願っても、引き寄せ法則を実践しても、願いは叶いません。

本心と願っているものがズレているからです。

宇宙は、本心からの願いしか実現してくれません。

 

「それを得て何を感じたいのか?」という問は、そのズレを認識し、修正する鍵になります。

それを自分に問うてみると、必ずしも今願っているものでなくても良いことがわかってきます。

そして、本当に欲しているものが明確になります。

そうなれば、それは100%引き寄せることができるようになります。

 

本当に自分の内に無限の豊かさがあったのだという体験をすることができるようになるのです。

 

自分が豊かであることを悟ればシェアできる

自分が豊かであるということを悟ることができれば、所有の概念を手放すことは怖くなくなります。

その人は無限の豊かさの中から、いくらでも富を引き寄せることができるようになります。

だから、躊躇なくシェアできるようになるのです。

これが、クリスタルの時代の生き方です。

チャクラリーディングがバージョンアップして戻って来ました!(≧▽≦)

チャクラクリアリング&魂の甦りワーク 初回モニターキャンペーン実施中!

あの、チャクラクリアリングセッションに、魂の甦りワークをプラスしたワークです。意識の変容と魂の進化を加速させます。

モニター募集期間:4月末まで

魂の甦りのワークとは?

多くの人は生まれてくる時に、その魂の記憶はもちろん、計画さえも忘れてしまいます。そして本来の目的とは違った人生を歩んでしまうことが多々あるため、人類の進化はとてもゆっくりしたものとなっていました。魂の甦りワークとは、その人の生まれてくる時の魂の計画に従って歩み、また魂の素直な表現としての自分自身を生きることができるよう、エネルギー調整を行うヒーリングの技法です。

詳細、お申込みはこちらから!

21日間毎日遠隔ディクシャコースVer.2 始めています!

パワーアップしたディクシャで、4月25日〜5月15日の21日間受けてくださる人募集中 (≧∀≦)

3月より21日間毎日遠隔ディクシャコースが、バージョン2にアップグレードいたしました!

  • これまでのワンネスディクシャに加え、他の遠隔ヒーリングでも導入をはじめた「浄化と陰陽統合」のエネルギーを加えました。
    他のセッションで遠隔ヒーリングを体験されたことのある方は、その効果を実感していただいていることと思います。

  • 手順としては、まず「浄化と陰陽統合」のエネルギーを流し、その日手放すことのできる不要なエネルギーを浄化し、エネルギー状態のバランスを整えます。
    その後、ワンネスディクシャを流します。

  • このことにより、より早く効果的に、悟りに近づいていく事ができます。

  • ※注:効果には個人差があります。
詳細、お申込みはこちらから!

ご案内

ざびえるは、メールによるリーディングセッションもおこなっております(^^)/

メニュー:

ブループリントリーディング

ブループリントに書き込まれた今世の人生の流れ、目的、そしてそれをブロックしているエネルギーをリーディングさせていただき、その結果をメールでお知らせし、必要ならば遠隔ヒーリングも行います。


ソウルメイトエンライトメント

パートナーとの関係性をベストな状態へ向かわせることを目的とした、リーディング、および遠隔ヒーリングのセッションです。現在のパートナーとの関係を良くしたいと望んでいる方や、まだパートナーがいないけれど、理想のパートナーやツインソウルに出会いたいと思っておられる方にお勧めです。

 

21日間毎日遠隔ディクシャコース

ワンネス・ディクシャを遠隔で21日間連続してうけていただくことのできるコースです。ディクシャは、古来よりインドで行われ、目覚め(覚醒)や悟り(啓発)という目的に特化した高次のエネルギーを転送・転写することで、意識を高める変容を起こすものです。ディクシャは受ければ受けるだけ、悟り(覚醒)に近づいて行くと言われています。毎日遠隔でディクシャを受けていただくことで、より早く、効果的に悟り(覚醒)へと導くことを目標としています。


遠隔ヒーリング

今までリーディングのオプションになっていた遠隔ヒーリング。好評のため、それだけリピートしたいというリクエストが増えてきましたので、セッションメニューとして独立させました。根本的な部分をヒーリングしていくSandalphonの遠隔ヒーリングは、単にヒーリングというだけでなく、厄払い的な性質もあるようです。人生の流れを変えたい!と思っている方にはお勧めです。


タイムラインリーディング

現在のあなたの時間軸から、1年先のタイムラインの状態をリーディングいたします。現在のあなたの課題、問題、解決法、近々おきそうなことなどを見ていきます。


ヒーリング・ミュージック

Sandalphonでは、周波数にこだわった音楽作りをしています。これらの音楽は、主に瞑想、ヒーリング、各種セラピーなどにお使いいただけるように作られています。みなさまの日々のスピリチュアルライフにぜひご活用いただければ幸いです。


ライトワーカーセミナー

ライトワーカーセミナーは、漠然とした不安の中で生きているスターシードやワンダラーたちに気づきを与え、魂が本来持ってきた目的を思い出させ、そのもてる愛を最大限に発揮することができるように手助けするためのものです。不定期に開催中。

お断り

このメールマガジンを書いている私、柴田こと、さびえるは、過去にキリスト教会の牧師をしていた経験から、本文中に聖書の引用を行うことがあります。

それは、聖書の持つスピリチュアリティを認めているからです。

さびえる本人は、すでに宗教を卒業しております。本メールマガジンの内容は、いかなる宗教団体とも関係がありません。

バックナンバー
ざびえる(柴田廸) Spiritual Messenger
message@sandalphon.jp
05035752440

Sandalphon Healing Musics & Messages

https://www.sandalphon.jp/

MailerLite