はじめてのオーラソーマ No.066 2017.05.02

みなさん、こんにちは。

えつこです。 

今日もメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。

今回は第66号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。

前回のテーマ、「過去を手放す」はいかがでしたか?

まだお読みでない方は、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

今回のテーマは、「気持ちを解放」することについてです。

和尚アートユニティでは、日曜までオーラソーマ(R)シンセシスが、そして今日からはレベル1のコースがはじまっています。

うつくしいボトルや気持ちのいい香りやエネルギーの空間に囲まれて、みなさんどんどん本来の自分を思いだしています。

日常では、やることややらなくてはいけないことでマインドがいっぱいですが、コースの間は、こうして毎日連続してじっくり自分と向きあう時間をつくっていきます。

一見すると贅沢な時間のように感じますが、自分の本質につながる時間はとてもたいせつで、現実の世界は、その内側にある本質が外側に表現されたものだからです。

その入口として、オーラソーマは「色」がキーワードになっています。

今日はどんなイクイリブリアムが登場するのでしょうか。

それでは、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」を、どうぞお読みください。

ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー33回目:【気持ちを解放】

ゴールデンウィークに挟まった中日ですね。

ここで有給を取って休日をつなぎ

今年のGWを豪華に過ごそうという方も

いらっしゃるかもしれませんね。

ふだん仕事をしているんですから、

このあたりくらいは羽根を伸ばして・・・

と、お考えになるのも当然だと思います。

そういう心の動きをこのごろは

レジャーとかリクリエーション

リフレッシュとかリラクゼーションなど

カタカナで言うことが多いですよね。

そういうことがもともとの日本にはなかったの?(?_?)

まさか、そんなこともないですよね。(^^;)

日本語で言えば

「気晴らし」とか「憂さ晴らし」などが

「物見遊山」などが当たるのかもしれませんね。

要するに、

ふだんの生活で凝り固まってきた

気持ちを解放することでしょう。

では、ふだんは何をやっているのかと言えば、

これもやっぱり、

何かそうしなければならない気持ちが自分のなかにあって、

その自分の「気持ち」に対応しているのだと思います。

なんか、そうすると、

いつも自分の「気持ち」に応対していることになりますね。

まあ、“自分の気持ち”というのは

自分のことだから「それでいいのだ!」\(^-^)/

とバカボンのパパなら言うかもしれません。(*^_^*)

実際、わたしたち人間はいつも

自分の「気持ち」に突き動かされて

なんやかんや右往左往しているようです。

というのも、“自分の気持ち”というのは

いつも待ったなしだからです。

これをどうにかしなければ、

なんともかんとも落ち着けないわけです。

だから、ときには、

「自分で自分の気持ちをどうしようもなくて・・・」

などという表現まで出てくるハメになります。

昔は、「泣く子と地頭には勝てぬ」

というような言い方がありました。

聞き分けのない子や横暴な地頭とは、

道理で争っても勝ち目がないので、

道理の通じない相手には黙って従うしかない、

と言ったようなニュアンスですよね。

地頭とは、平安・鎌倉時代に荘園を管理して、

税金を取り立てていた役人のことだそうです。

今だって似たようなところはありますが、

人間はいつでも何かと何かを比較して、

自分にとって何が都合がいいのかを考え、

その上で、よりよい状況を願わなくてはなりません。

ということは、少し昔より余裕が出てきて、

「自分の気持ち」の横暴には勝てない

というほうが、少しましなのかもしれませんね。(^_-)

まあ、冗談はともかく、

いずれにせよ、わたしたちは

“自分の気持ち”をほったらかして、

いつまでも“自分の気持ち”に関係ないアサッテの方を向いて

何かをしつづけるということはできません。

だから、いつでも“自分の気持ち”にいちばん忠実な

何か大好きなことをやりつづけるか、

そうでなければ、何か別のことをして

ふだんの生活で凝り固まった

“自分の気持ち”を晴らす、

“自分の気持ち”を解放することが必要になります。

というわけで今回は、

オーラソーマ辞書で、

【気持ち】というキーワードを検索してみました。

このキーワードでヒットするキーフレーズのなかで

今回は主として

【気持ちを解放】するといった意味合いの

周辺のキーフレーズを選んでみました。

いま自分の【気持ち】を持て余して

どうにもできない気分の方がいらっしゃったら、

下のキーフレーズで思い当たる言葉があれば

よろしければ参考になさってみてください。

自己批判の気持ちを軽減する

「B074 勝利」

メインテーマ:困難な感情の状況に明晰さをもたらす

「自己批判の気持ちを軽減する」とは、文字どおり、その方向に向けて、人をサポートするエネルギーということです。

人を非難する気持ちを和らげる

「B039 エジプト人のボトルⅡ/操り人形師」

メインテーマ:はかり知れない深い恐れを癒す

「人を非難する気持ちを和らげる」とは、文字どおり、その方向で人をサポートしようとするエネルギーということです。

男女関係の恨みの気持ちを解放

「B089 エナジーレスキュー」

メインテーマ:ヒーリングエネルギーを獲得する

「男女関係の恨みの気持ちを解放」とは、文字どおり、その方向で人をサポートするエネルギーということです。

愛を極端に求める気持ちを軽減する

「B022 再生者のボトル/目覚め」

メインテーマ: 依存しない愛

「愛を極端に求める気持ちを軽減する」とは、文字どおり、そのような方向に向けて人をサポートしようとするエネルギーということです。

人を操作しようとする気持ちを緩和

「B083 オープンセサミ」

メインテーマ:過去の叡智の心からのコミュニケーション。新しい革袋のなかの古いワイン。

「人を操作しようとする気持ちを緩和」とは、文字どおり、そのような方向に向けて、人をサポートをしようとするエネルギーということです。

愛と世話を極端に求める気持ちを解放

「B025 回復期のボトル/フローレンス・ナイチンゲール」

メインテーマ:失望からの解放

「愛と世話を極端に求める気持ちを解放」とは、文字どおり、その方向に向けて、人をサポートをしようとするエネルギーということです。

この世にいたくない気持ちを克服する

「B016 菫色の衣」

メインテーマ:スピリチュアルな向上

「この世にいたくない気持ちを克服する」とは、文字どおり、その方向に向けて人をサポートをしようとするエネルギーということです。

誤解されているという気持ちを克服する

「B017 吟遊詩人I/希望のボトル」

メインテーマ:ハートを癒す

「誤解されているという気持ちを克服する」とは、文字どおり、そのような方向に向けて、人をサポートをしようとするエネルギーということです。

制限されているという気持ちを解消する

「B042 収穫」

メインテーマ:歓びのともなう自発性

「制限されているという気持ちを解消する」とは、文字どおり、その方向に向けて、人をサポートをしようとするエネルギーということです。

みなさん、いかがでしたか?

今日の冒頭ではオーラソーマのコースについて触れましたが、「1週間でオーラソーマの基礎を学ぶ」という無料コース(メルマガ)の配信があるんですよ。

こちらは7日間にわたって毎日連続でメールが配信されてくるものです。

ちょうど長期の連休の方もいらっしゃると思うので、まだお読みでない方は、ぜひ試しに受け取ってくださいね。

オーラソーマって、こういうものだった! ということが、ステップを踏んでお読みいただけますよ。

そして、すでに「1週間でオーラソーマの基礎を学ぶ」の無料コースを読まれた方には、黒田コマラさんによる半日セミナー「色と心理の不思議な力」に参加してみるのもおすすめです。

こちらは、知識として学ぶのではなく、体験を通して、色や心理を理解していくセミナーです。

意識的に自分を見つめる時間をつくっていけるとよいですね。

解放から、あらたな気づきが生まれるかもしれません。

それでは、よい1日を。

えつこ

☆Facebook「はじめてのオーラソーマ」情報発信中!

はじメルのお知らせやバックナンバーのご紹介など、新しい企画も検討中です!

どうぞ、「いいね!」して、お楽しみくださいね☆

☆自分自身の本質につながるきっかけとの出会い

オーラソーマってどんなものだろう?
ちょっと体験してみたい。
そんな軽い気持ちで参加できるイベントです。

1日で学ぶ「はじめてのオーラソーマ」

日程 2017年5月20日(土)

時間 13:00~18:00
会場 鎌倉 和尚アートユニティ
費用 5,000円(お茶、お菓子、お好きなポマンダーとクイントエッセンスのスプレー、および小冊子「はじめて出会うオーラソーマ」付)
講師 遠藤悦子

※オーラソーマ未修学生にかぎりご参加いただけます。
5月8日(月)までにお申込みいただいた方は、早割りで500円割引となります。

*お申込み・詳細はこちら☆彡

☆読者のみなさまからの声をお待ちしております☆

メルマガ「はじめてのオーラソーマ」は、まだまだ発展途上中。

読者のみなさまとの交流のなかで、あらたな可能性をどんどん模索していけたらと思っております。

ご意見&ご感想&そのほかなんでもシェアしたいことがありましたら、お気軽に、コメントをこちらまでお送りください。

ご質問もこちらで受付けております。

みなさまからのメッセージを、心よりたのしみにしております☆

OSHO Art Unity

info@artunity.com
TEL 0467-23-5683
http://d.aura-soma.co.jp/

SHARE TWEET FORWARD